DEEP CAGE IMPACT 2009

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DEEP CAGE IMPACT 2009
イベント詳細
シリーズ DEEP
主催 DEEP事務局
開催年月日 2009年12月19日
開催地 日本の旗 日本
東京都江東区
会場 ディファ有明
開始時刻 午後4時15分
試合数 全18試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 1,764人[1]
イベント時系列
clubDEEP 京都 DEEP CAGE IMPACT 2009 DEEP KICK 2

DEEP CAGE IMPACT 2009(ディープ・ケージ・インパクト2009)は、日本総合格闘技団体「DEEP」の大会の一つ。2009年12月19日東京都江東区ディファ有明で開催された。

大会概要[編集]

DEEP初のケージ(DEEPオリジナルのオクタゴンケージ)を使用した大会となり[2]、2部制の全18試合が行われた。会場には満員札止めとなる1,764人が入場した[1]

第1部のメインイベントでは今成正和がジャスティン・"ザ・ショッカー"・クルーズにオモプラッタフェイスロックの複合技で一本勝ちを収めた

第2部のメインイベントでは帯谷信弘がISEに打撃戦の末にTKO勝ちを収め、試合後のリング上で「判定?ダメだよ、KOじゃなきゃ」と五味隆典の発言をオマージュしたマイクアピールを行った[3]

プロ格闘技デビューとなった芸人KICK☆が大会唯一のキックルールで原田ヨシキと対戦し、TKO負けを喫した。

TAISHOが2006年9月以来となる総合格闘技復帰戦を行う予定であったが、2010年1月のDEEP 45 IMPACTへスライドされた[4][5]

試合結果[編集]

第1部[編集]

オープニングファイト 65.8kg以下契約 肘なし 5分2R
日本の旗 雄 vs. 日本の旗 樫倉康史 ×
1R 1:05 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第1試合 65.8kg以下契約 5分2R
日本の旗 本村康博 vs. 大韓民国の旗 キル・ヨンボック ×
2R 1:01 失格(グラウンドの膝蹴り)
第2試合 70.3kg以下契約 5分2R
日本の旗 近藤定男 vs. 日本の旗 坪井淳浩 ×
2R終了 判定3-0
第3試合 77.1kg以下契約 5分2R
日本の旗 高木健太 vs. 日本の旗 久保輝彦 ×
1R 3:57 TKO(ドクターストップ:出血)
第4試合 65.8kg以下契約 5分2R
日本の旗 松本晃市郎 vs. 日本の旗 杉内勇 ×
2R終了 判定3-0
第5試合 77.1kg以下契約 5分2R
日本の旗 石川英司 vs. 日本の旗 渡辺良知 ×
2R終了 判定2-0
第6試合 63kg以下契約 5分3R
日本の旗 山本篤 vs. 日本の旗 宮下トモヤ ×
3R終了 判定3-0
第7試合 無差別級契約 5分3R
日本の旗 川口雄介 vs. グアムの旗 ロキュー・マルチネス ×
3R終了 判定3-0
第8試合 62kg以下契約 5分3R
日本の旗 今成正和 vs. グアムの旗 ジャスティン・"ザ・ショッカー"・クルーズ ×
1R 2:39 フェイスロック

第2部[編集]

オープニングファイト 65.8kg以下契約 肘なし 5分2R
日本の旗 川崎泰裕 vs. 日本の旗 山口マイク満 ×
1R 3:03 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第1試合 62kg以下契約 5分2R
日本の旗 岡元飛竜 vs. 日本の旗 平野カイジ ×
2R終了 判定3-0
第2試合 無差別級契約 5分2R
日本の旗 藤沼弘秀 vs. 日本の旗 命 ×
1R 2:50 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第3試合 70.3kg以下契約 5分2R
日本の旗 伊藤有起 vs. 日本の旗 松下直揮 ×
1R 3:05 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第4試合 キックルール 62kg以下契約 3分3R
日本の旗 原田ヨシキ vs. 日本の旗 KICK☆ ×
1R 2:18 TKO(レフェリーストップ:左フック)
第5試合 93kg以下契約 5分2R
コートジボワールの旗 ベルナール・アッカ vs. 日本の旗 小阪俊二 ×
1R 0:34 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第6試合 83.9kg以下契約 5分2R
日本の旗 桜井隆多 vs. 日本の旗 飛鷺輝 ×
1R 2:13 KO(右フック)
第7試合 65.8kg以下契約 5分3R
日本の旗 山崎剛 vs. 日本の旗 北田俊亮
3R終了 判定1-1
第8試合 70.3kg以下契約 5分3R
日本の旗 帯谷信弘 vs. 日本の旗 ISE ×
2R 1:49 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)

脚注[編集]