デハビランド・カナダ DHC-7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

偵察機として使用されるアメリカ陸軍のダッシュ 7 (RC-7)
イギリス南極調査局が運用しているダッシュ 7

デハビランド・カナダ DHC-7 (de Havilland Canada DHC-7) とはカナダデハビランド・カナダ社が開発した旅客機。通称はDash 7(ダッシュ・セブン)である。短い滑走路でも離発着が可能なSTOL性を追求したため、同規模の旅客機では異例のターボプロップエンジンを4発搭載した機体であった。1975年から1988年まで生産され、総生産機113機である。

概要

デハビランド・カナダ社(現在のボンバルディア・エアロスペース)は、DHC-6 ツインオッターというローカル路線に投入されるコミューター機で成功を収めていた。

1970年代になると、環境問題への関心が高まり新たに厳しい騒音規制がかけられるようになった。そこで従来のターボプロップ機よりも低騒音かつ短い滑走路から離着陸できる50席級の大型の機体を開発した。こうして開発されたのがDHC-7であった。DHC-6のバージョンアップであるともいえるが、様々な技術的改良が施されている。

DHC-7はツインオッターのエンジンを双発から4発にしたうえでプロペラブレードを改良し、客室を与圧化し、ドーサルフィンのついた大型のT字尾翼を採用するなどの改良を施した。主翼は高翼配置の直線翼である。エンジン排気口は主翼上面にあり、騒音軽減に注意が払われている。

開発は1972年に始まり、1975年3月27日に初飛行された。1978年2月3日アメリカ合衆国のロッキーマウンテンエアウェイズによって路線就航した。1984年までに100機が生産された。また1984年から1988年までに13機が生産された。更なる性能アップ型であるDHC-7-200シリーズの開発も検討されていたが、1988年にDHC社がアメリカのボーイングに買収された際に今後の生産は行わないとして終了した。

これは、次世代のコミューター機が出現し、4発機が整備コストが嵩むという欠点があったためであるが、なお現在も多くの機体が運行中である。事故で喪失した4機と廃棄処分になった1機を除き1988年当時には就航していたが、2006年8月現在も71機が世界各国の航空会社や軍隊で活躍中である。また、後継機種として現在ボンバルディアが生産しているデハビランド・カナダ DHC-8がある。

要目

  • 全長:24.58m
  • 全幅:28.35m
  • 全高:7.98m
  • 空虚重量:12,540Kg
  • 最大離陸重量:20,000Kg
  • 翼面積 80.0 m²
  • エンジン:P&W PT6A-50 ターボプロップエンジン 1,120馬力 4基
  • 航続距離:1,400km
  • 最大速度:436km/h
  • 離陸距離:549m
  • 操縦乗員:2名
  • 乗客:54名(最大)

今日は何の日(9月16日

もっと見る

「DHC-7」のQ&A