DIAURA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DIAURA
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
オルタナティヴ・メタル
メタルコア
ハードロック
活動期間 2010年 -
レーベル Ains
公式サイト DIAURA official website
メンバー yo-ka(ヴォーカル
佳衣(ギター
翔也(ベース
達也(ドラムス
旧メンバー 勇(ドラムス)

DIAURA(ディオーラ)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。2010年12月15日に結成された。オフィシャルファンクラブ名は愚民党。

概要[編集]

前身バンドであったヴァルナの解散後、ヴォーカルのyo-kaとギターの佳衣が2人で始動した。ベースやドラムの正式メンバーがいないまま2人で始めた理由として「ヴァルナはメンバー同士の関係性が思うようにいかず失敗した為、同じ方向を向いて音楽をやれる人とだけバンドをやりたかった。」とyo-kaは語っている。

バンド名のDIAURAは「Dictatorial Aura」の略称とした造語[1][2]。元々はyo-kaがバンド名を考えた際に「アルファベットのDから始まる名前が強そう」という理由から響きが良いDIAURAと名付けたが、所属事務所の社長から意味を問われた際に後付けで、Dictatorial Aura(独裁的な雰囲気)の略とした。結果的にこのバンド名に引っ張られる様にしてバンドの方向性を見出していき、独裁的オーラを放つ、ヴィジュアル系シーンを”独裁すること”がバンドコンセプトとなった[1][2]。フロントマンであるyo-kaをバンドマスターとし、ファンは愚民と呼ばれている。 ライブでの定番曲であるMASTERの演奏前には「お前達のマスターは誰だ!」「yo-ka!」という掛け合いがある。9月3日は愚民の日と銘打って毎年様々なイベントが行われている[3][4]

曲づくりは、楽曲ごとにコンセプトが設定されており、メロディについては、メインコンポーザー佳衣のもと、多くが佳衣・yo-kaの共同作業により生み出されている。豊かな音楽性とヴィジュアル系ロックの王道とも言えるメロディアスな歌メロが特徴で、曲の良さと見た目の格好良さが評価されているバンドである[5]

メンバー[編集]

yo-ka(ヨーカ) - ヴォーカル

10月31日生まれ、福島県出身、A型、愚民党「総裁」
ディオーラ活動時の表記は妖華。
DIAURA全ての楽曲の作詞、旋律を担当。佳衣に次いで作曲も多数行なっている。愛称は「マスター」
yo-kaのヴォーカルの特徴としてオリジナリティ溢れる声質を活かした表現力に優れ、ライブではアドリブを多用する。また、しばしば客席へ降りファンを煽る姿が見られる。
佳衣の作曲センスを絶賛しており、ヴァルナ時代は敢えて作曲を行なっていなかったがDIAURA始動にあたり自らも進んで作曲を行うようになる。「ギターソロ好き」を公言しており、yo-kaの作曲した曲の多くに後半ギターソロが組み込まれている(対して佳衣の作る楽曲はギターソロが少ない)。
特に影響を受けたアーティストはPIERROTでありキリトの大ファンである[1][2]。 初めてライブを見たヴィジュアル系バンドはLa'Mule
以前はメガマソのローディーを勤めており、インザーギをとても尊敬している。
筋肉質であるが、特に鍛えている訳ではない。親に貰った身体だからとの理由でピアスは開けておらず、タトゥーも入れていない。
DASAGI、GOTCHAROCKAの樹威と共に東北三兄弟というトリオを組んでいる。

佳衣(ケイ) - ギター

2月7日生まれ、青森県出身、O型、愚民党「幹事長」
ディオーラ活動時の表記は禊-kei-
バンド内で最も多くの作曲を担当しており、佳衣の作った曲にyo-kaが歌メロ(旋律)を乗せていくというのがバンドの基本スタイルである。
また、バンドのSEも彼によるものである。ライブではコーラスを担当。
DIAURAはツインギターではないが、ギターが1人でもツインギターに負けない音作りを目指している。ヴァルナ時代はギターが2人体制であったが、それによって佳衣の独自性が削がれ上手くいかなかったこともあり、1人で自由にやった方が良いという考えに至ったとのことである。
影響を受けたアーティストはLaputa[2][5]ESPミュージカルアカデミー出身[6]

翔也(ショウヤ) - ベース

1月31日生まれ、埼玉県出身、B型、愚民党「書記長」
ディオーラ活動時の表記は処飢夜。
ヴィジュアル系以外の音楽から影響を受けている(パンク系)[2][5]。ESPミュージカルアカデミー出身[6]。DIAURA結成当初はサポートメンバーとして参加していた。yo-kaと佳衣に初めて会ったときの印象は「怖そう」と思ったとの事で、サポートの話も断るつもりであったが、2人の音楽に対する熱を信じ、後に正式メンバーとなる。ライブではコーラスも担当。

達也(タツヤ) - ドラムス

3月28日生まれ、栃木県出身、A型、愚民党「ウグイスボーイ」
ディオーラ活動時の表記は龍耶-tatsuya-
数は少ないが作曲も行なっている。影響を受けたアーティストはLUNA SEA[2][5]。ESPミュージカルアカデミー出身[6]。初代ドラムス担当の勇が療養中にサポートメンバーとして参加。勇が脱退後、正式メンバーとなる。

達也の加入にあたりバンド始動初期の数曲は再録音源が制作され、失翼の聖域やDICTATORに至ってはMVも制作された。 後のINCOPLETE発売にあたり、達也加入以前の主要な曲が再録される。

旧メンバー[編集]

(ユウ) - ドラムス

サポートメンバー→正式加入

2012年10月10日脱退[7]

来歴[編集]

  • 2010年12月、yo-kaと佳衣により結成。
  • 2011年1月19日に444枚限定として「失翼の聖域」のDemo Singleを発表。
  • 2011年3月23日にサポートベースだった翔也が正式メンバーとして加入。
  • 2011年8月にサポートドラムの勇が正式メンバーとして加入となるが、腕の靱帯断裂のため、2012年5月5日の公演を最後に活動を休止、同年10月10日に脱退[7]
  • 2013年4月1日に達也が正式メンバーとなり、「DIAURA再生計画 -Project of Reborn-」が慣行された[2]
  • 2013年12月29日に、バンド初となるホールライブ「完全独裁領域渋谷公会堂」が行われた[8]
  • 2014年9月3日ファンの日とされる「愚民の日」に、東京・新宿アルタ前広場(新宿ステーションスクエア)にてゲリラライブを行い、ファン2000人が集まった[4]
  • 2015年1月31日「Vanishing the Triangle Vision」ツアー最終公演として、中野サンプラザホールにてライブが行われた。
  • 2015年11月30日にDIAURAのカードコレクションゲームアプリがリリースされた。
  • 2016年1月22日「Route of Infection」ツアー最終公演として、Zepp DiverCity東京にてライブが行われた。
  • 2017年2月18日「Dictatorial Garden Nakano-beyond the resistance」と題して、2度目の中野サンプラザホールでのライブが行われた。この日、2017年9月3日(愚民の日)にDIAURA史上最大キャパシティとなる豊洲PITでライブを行う事が発表された。
  • 2017年9月3日 愚民の日に「Dictatorial Garden Toyosu -unbreakable decision-」と題して、豊洲PITでのライブが行われた。
  • 2018年4月 当バンドのメンバーによるコンセプトバンドとして「ディオーラ」始動。2018年7月11日に1st singleのリリースが決定。同年の11月1日に行われる新宿BLAZEでのワンマンライブを持って活動休止となる。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2011年1月19日 失翼の聖域 GAR-1005
2011年2月23日 Beautiful Creature GAR-1007
GAR-1007B
500枚限定。完売
オリコンインディーズチャート17位
2011年8月30日 メビウスリング GAR-1009 会場限定Single
2011年11月2日 Imperial "CORE" GAR-1010 1000枚限定
2011年11月30日 MASTER GARDV-002 1st PV Single
2012年6月9日 Reason for Treason AINS-D001 会場限定Single
2012年7月7日 to ENEMY AINS-D002 会場限定Single
2012年10月24日 Evils AINS-004
2013年2月20日 Whiteness AINS-8
2013年7月10日 SIRIUS/Lily AINS-12 両A面Single
2013年8月28日 失翼の聖域 AINS-14 再録version
2014年3月1日 メナス/境界線 AINS-D005 会場限定Single
2014年7月9日 Silent Majority AINS-15
2014年7月9日 ホライゾン AINS-16
2014年9月3日 blind message AINS-17
2015年5月20日 RUIN AINS-21・AINS-22・AINS-23
2015年12月16日 INFECTION AINS-D008 会場限定Single
2016年3月30日 ENIGMA AINS-26・AINS-27
2016年3月30日 月光 AINS-28・AINS-29
2017年6月28日 Noah/シャングリラ AINS-32・AINS-33
2018年10月24日 MALICE AINS-37・AINS-38

ディオーラ[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2018年7月11日 運命開化 AINS-36

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2012年3月21日 GENESIS GAR1011
AINS-D007:2nd press
2nd 2013年12月4日 FOCUS IKCB-9532~3:初回盤
IKCB-9536:通常盤
3rd 2014年11月26日 Triangle AINS-18:A-TYPE
AINS-19:B-TYPE
AINS-20:通常盤
4th 2017年11月29日 VERSUS AINS-34:初回限定版
AINS-35:通常盤

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2011年8月10日 DICTATOR DQC-747:Aタイプ
GAR-1008A:Bタイプ
AINS-D006:2nd press
2nd 2013年3月13日 REBORN AINS-9:A TYPE
AINS-10:B TYPE
AINS-11:C TYPE
3rd 2016年11月16日 MY RESISTANCE AINS-30:A TYPE
AINS-31:B TYPE

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2015年12月15日 INCOMPLETE AINS-24:初回豪華盤
AINS-25:通常盤

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2011年8月30日 独-DICTATOR-裁 GARDV-001
2012年11月14日 Judgment Day AINSD-001
2013年7月31日 Dictatorial Garden Akasaka AINSD-002
2014年3月1日 完全独裁領域渋谷公会堂 AINSD-004
2015年7月1日 Vanishing the Triangle Vision AINSD-005
2016年5月1日 Route of Infection AINSD-006

その他[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2011年9月9日 an Insanity GAR-1009 完全限定生産99本
2013年2月3日 melt AINS-12 300枚限定配布CD。
DIAURA表紙のGab.vol.61に限定数封入。
2015年2月7日 DIAURA Sound Effect Collection vol.1 AINS-D007
2016年5月29日 Silent Play #1 GUMINTOU-004

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2012年5月23日 Counteraction -V-Rock covered Visual Anime songs Compilation- VICB-60088 6.endless loop
2014年3月26日 V-ANIME collaboration -homme- TKCA-74051 4.Shangri-La(yo-kaのみ参加)
2014年3月26日 SADS RESPECT ALBUM 『M』 GEI-001 Nightmare
2014年5月14日 V-ANIME collaboration -femme- TKCA-74059 2.オレンジ(yo-kaのみ参加)

ラジオ[編集]

  • FM-FUJI 『DIAURAのDictatorial Radio』[9](2013年8月 - 2014年3月)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Vol.1:yo-ka(DIAURA)”. Vif. 2015年3月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 【V系】コンセプトは"独裁"! DIAURA・新メンバー加入後初ロングインタビュー”. ウレぴあ総研 (2013年4月15日). 2015年3月28日閲覧。
  3. ^ DIAURA、愚民が暴れアルタ前ライブ強制終了”. 音楽ナタリー (2014年9月4日). 2015年3月28日閲覧。
  4. ^ a b DIAURA 2000人の愚民と共に新宿アルタ前を独裁!!”. JROCK.tokyo (2014年9月5日). 2015年8月16日閲覧。
  5. ^ a b c d 【インタビュー】DIAURA、2ndフルアルバム『FOCUS』完成「“常識を疑え”っていうコンセプト自体がこのバンドを表している」”. BARKS (2013年12月2日). 2015年3月28日閲覧。
  6. ^ a b c 出身アーティスト”. ESPミュージカルアカデミー. 2015年3月28日閲覧。
  7. ^ a b DIAURA yo-kaオフィシャルブログ「DIAURAから大事なお知らせ」より(2015年3月28日閲覧)
  8. ^ 【ライブレポート】DIAURA、渋公ワンマン<完全独裁領域渋谷公会堂>で「罵られて、否定されても俺らの信じた景色がある」”. BARKS (2013年12月30日). 2015年3月28日閲覧。
  9. ^ DIAURA、FM FUJIでレギュラー番組がスタート”. visu-port.com. 2015年8月14日閲覧。