DINER ダイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイナー
ジャンル サスペンス、アクション、
スリラー、スプラッター
小説:ダイナー
著者 平山夢明
出版社 ポプラ社
発売日 2009年10月22日(単行本)
2012年10月2日(文庫)
ラジオドラマ:DINER(ダイナー)
原作 平山夢明
制作 NHK大阪
脚本 ますもとたくや
演出 小島史敬
放送局 NHK FM
番組 青春アドベンチャー
発表期間 2013年2月25日 - 2013年3月8日
話数 10
漫画:DINER ダイナー
原作・原案など 平山夢明
作画 河合孝典
出版社 集英社
掲載誌 週刊ヤングジャンプ
となりのヤングジャンプ
レーベル ヤングジャンプコミックス
発表期間 週刊ヤングジャンプ
2017年36・37合併号 - 2019年2号
となりのヤングジャンプ
2019年1月19日 -
巻数 既刊7巻(2019年8月現在)
テンプレート - ノート
ポータル 文学


ダイナー』は、平山夢明による日本小説。第28回日本冒険小説協会大賞、第13回大藪春彦賞受賞作。

NHK FMの「青春アドベンチャー」で『DINER(ダイナー)』のタイトルでラジオドラマ化され、2013年2月25日から3月8日まで放送された。

河合孝典により『DINER ダイナー』のタイトルで漫画化され、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2017年36・37合併号から2019年2号まで連載された後、同社のWEBコミックサイト『となりのヤングジャンプ』に移籍して連載中。

2018年5月15日から「WEB asta*」にて、続編となる『ダイナーII』の連載が開始された[1]

2019年7月5日には『Diner ダイナー』のタイトルで実写映画が公開された。監督は蜷川実花、主演は藤原竜也

あらすじ[編集]

金に困ったごく普通の女性「オオバカナコ」は、ある裏社会の仕事に関わってしまったがために監禁され、殺し屋たちが通い詰める会員制ダイナー「キャンティーン」のウエイトレスをさせられることになる。

カナコはそこでダイナーのシェフの「ボンベロ」や、殺し屋たちの人間模様に触れていくことになる。

登場人物[編集]

キャンティーン[編集]

ボンベロ
「キャンティーン」のシェフ。本人も元は腕利きの殺し屋であり、店の常連客である殺し屋達の多くと顔見知りである。カナコには威圧的に振る舞う一方で料理の腕は一流であり、ハンバーガーからイタリアン、デザートまで一人でこなせてしまう。
オオバカナコ
「キャンティーン」の現ウエイトレス。真面目に就職せず、携帯裏サイトにあった裏社会の仕事の募集で気軽に仕事を引き受けてしまったものの、犯罪組織を怒らせて監禁され、命と引き換えに次々と死んで入れ替わる「キャンティーン」ウエイトレスの仕事をさせられる。客の殺し屋に対しても一般人の視点で接し、人間らしさを感じた相手には温情めいた態度も見せる。
菊千代(きくちよ)
ボンベロが飼っているブルドッグ。

殺し屋たち[編集]

スキン
全身傷だらけの殺し屋。コートに爆弾を仕込んでいる。スフレが好きでよく注文するが、ボンベロがある理由で意図的に食べられない状態にしている。それは、母の作るスフレに異常なまでのトラウマがあった為。それにより、完璧なスフレを食べてしまうと、彼は狂人になってしまう。ボンベロはそれを知っている為にあえて不純物(吸い殻、剃刀、チェスの城、10円玉など)を入れていたが、それの正体を知らなかったカナコが取り除いてしまいスキンは狂い、犬のボイルとファキールを撃ち殺す。その後、落ち着いたかと思いきや自爆しようとした為にボンベロに射殺された。
キッド
少年の姿をしているが、実際は中年相当の年齢で、殺し屋の中で最も凄惨な女、子供を標的とする仕事を引き受けている。母と祖母は淫売をしており、母は子どもができては堕ろし、できては堕ろしをくり返していた。キッドができたときも堕ろそうとしたが、医者に「この子を堕ろすと2度と子どもはできない」と言われ、産むことにした。売春宿を経営していた祖母と母に、赤ん坊の頃より身体を売らされていたために精神は歪み、殺し屋が避けたがる、女・子どもの殺害を好んで行うようになった。
ある日、彼は仕事に失敗し自棄になり助手の教授を殺害、カナコも殺害しようとするが菊千代に止められ頭を噛み砕かれる直前にボンベロが止めた為に一命をとりとめるが、その後に無礼図に捕まっていたことが発覚、手榴弾を咥えさせられ爆死した。
炎眉
ボンベロの弟子であった女性の殺し屋。ボンベロと肉体関係を持っており、子供が出来たが下ろした。その後ミコトの毒を食らい死亡した。無礼図の姪。
ブロウ
チカーノ3人組の殺し屋のリーダー格。
ボイル
ボンベロの顔見知りの殺し屋。自分と同じ名前のドーベルマンを飼っている。
無礼図(ぶれいず)
ボンベロとは因縁のある殺し屋で、現在は組織の長老のひとり。炎眉の叔父。
九十九九
キャンティーンに連れてこられたアル中の鋸糞(大鋸屑)。
オヅ
白髪と白い口ひげの年配の男。ボンベロの命の恩人で、菊千代の元の飼い主。
ソーハ
元産婦人科医で堕胎が趣味。ミコトに毒を使われ死亡する。名前の由来は掻爬。
ミコト
ソーハに連れてこられた次のウェイトレス候補。正体は毒を使う殺し屋。ボンベロやカナコやソーハ、そして炎眉に毒を使うが結局殺害できたのはソーハと炎眉だった。その後殺害される。
ジェロ
レスラーのように巨大な大男。外ではまともに仕事をするが、キャンティーンに来ると赤ん坊帰りする。
夏油
痩せぎすのスーツを着た黒縁眼鏡の髪の薄い男。カナコに気付かれないうちに腿を何カ所切れるか、後から来る仲間と賭けていた。
尻焼、道珍坊
夏油そっくりの男二人。同じ服、同じ体系、同じ眼鏡、同じ靴。


その他

ポロン、リリイ、毒使いなどなど

それ以外の登場人物[編集]

コフィ
「キャンティーン」のオーナーであり、組織の長老のひとり。ボンベロの雇い主である。デルモニコの甥。
デルモニコを暗殺した張本人。そのことが無礼図にばれ、ディーヴァ・ウォッカを飲まされながらショットガンで顔面を射殺された。
デルモニコ
組織の先代長老。登場時はすでに死亡。
ファキール
コフィの側近。スキンの流れ弾に当たり死亡する。
マテバ
ボイルの雇い主で、組織の長老のひとり。登場時すでに死亡。
カウボーイ
ディー・ディー
カナコと一緒に裏社会の仕事を受けたカップル。だが仕事に失敗、カウボーイは拷問され惨殺され、ディー・ディーは
ゴリラ
カナコ、カウボーイとディー・ディーを捕らえたとある組織の頭目。

書誌情報[編集]

小説[編集]

  • 平山夢明 『ダイナー』ポプラ社
    • 2009年10月22日 ISBN 978-4-591-11201-4[2]
    • 2012年10月2日 ISBN 978-4-591-13117-6[3] (ぽぷら文庫)

漫画[編集]

  • 河合孝典 『DINER ダイナー』集英社〈ヤングジャンプコミックス〉 原作:平山夢明 既刊7巻(2019年7月4日現在)
    1. 2018年1月19日発売[4]、ISBN 978-4-08-890841-0
    2. 2018年1月19日発売[5]、ISBN 978-4-08-890842-7
    3. 2018年4月19日発売[6]、ISBN 978-4-08-890897-7
    4. 2018年8月17日発売[7]、ISBN 978-4-08-891073-4
    5. 2018年12月19日発売[8]、ISBN 978-4-08-891118-2
    6. 2019年4月19日発売[9]、ISBN 978-4-08-891257-8
    7. 2019年7月4日発売[10]、ISBN 978-4-08-891348-3

ラジオドラマ[編集]

NHK FMの「青春アドベンチャー」でラジオドラマ化され、2013年2月25日から3月8日まで22:45 - 23:00に放送された。全10回。主演は原田夏希[11]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 平山夢明『ダイナー』
  • 脚色 - ますもとたくや
  • 音楽 - 内山修作
  • 演出 - 小島史敬
  • 技術 - 惣田睦弘、西原毅
  • 音響効果 - 原大輔、井上直美

映画[編集]

2019年7月5日全国公開。一部の登場人物の名称や設定が変更されている。

脚注[編集]