DIVA (中森明菜のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DIVA
中森明菜スタジオ・アルバム
リリース
録音 ウエストサイド、WARNER MUSIC RECORDING、STUDIO AT THE PALMS[1]
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルシグマ
プロデュース BNA PRODUCTIONS FOR CAPED CRUSADER MANAGEMENT (M-1,2,4,6)
RODNEY ALEJANDRO FOR SWEETSPOT ENTERTAINMENT. MATT TISHLER FOR LAUDROMAT MUSIC AND JENNIFER KARR (M-7)[1]
チャート最高順位
中森明菜 年表
フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌
(2009年)
DIVA
(2009年)
オールタイム・ベスト -オリジナル-

オールタイム・ベスト -歌姫(カヴァー)-
(2014年)
『DIVA』収録のシングル
  1. DIVA
    リリース: 2009年9月23日
テンプレートを表示

DIVA』(ディーバ)は、日本歌手中森明菜の23枚目のスタジオ・アルバム。このアルバムは2009年8月26日にユニバーサルシグマよりリリースされた (CD: UMCK-1331, 2CD: UMCK-9298/9)。

背景[編集]

『DIVA』は、前作『DESTINATION』からおよそ3年ぶりとなるスタジオ・アルバムで、2009年3か月連続アルバム・リリースの第三弾である[2][1][5]。このアルバムは、2009年8月26日に、通常盤 (CD: UMCK-1331)、初回限定盤(2枚組CD: UMCK-9298/9)の2形態でリリースされた[6][7]。2009年9月2日には、通常盤のデジタル・ダウンロードも開始された[8][9]。本作では、アップナンバーやバラード楽曲を収録しており、R&Bの特性を取り込んだアップナンバーでは海外クリエーターチームを起用した[6][7]。海外クリエーターチームが参加した楽曲のプロデュースには、BNA PRODUCTIONS、ロドニー・アレハンドロ、マシュー・ティシュラー、ジェニファー・カーが担当した[1]。アルバムのレコーディングは、ウエストサイド、WARNER MUSIC RECORDING、STUDIO AT THE PALMSで行われた[1]。中森がMiran:Miran名義で、前作『DESTINATION』に続き作詞した[1][10][11]。初回限定盤のDISC 2には、ボーナス・トラックとして本作タイトルチューンである「DIVA」と、「Heartache」のリミックス・バージョンを収録した[6]。また、本作収録曲の「HEARTBREAK」は、初回限定盤DISC 2収録曲「Heartache -michitomo remix-」と異名同曲異歌詞曲である[1][12][13]。この「HEARTBREAK」は、1988年のスタジオ・アルバム『Femme Fatale』収録曲「Heartbreak」とは同名異曲である[14][15][1][16]

シングル[編集]

タイトルチューンの「DIVA」が、本作発売後の2009年9月23日にシングルカットされた (CD: UMCK-5257)[17]。シングルとしては、前作「花よ踊れ」から3年ぶりのリリースとなった[17]。「DIVA」は、シングル盤では「DIVA Single Version」としてシングル・バージョンで収録された[17][18]。また、シングル「DIVA Single Version」の2曲目には、本作初回盤"DISC 2"収録の「Heartache -michitomo remix-」がオリジナル・バージョンで「Heartache」として収録された[1][18][17]

批評[編集]

『ミュージック・マガジン』の保母大三郎は、本作について「猥雑かつ崇高。クール極まった傑作。」であり、「86年の『不思議』に比肩する音楽的質の高い傑作」と批評した[19]。『CDジャーナル』は「カヴァーのみならず、自らのために書かれた楽曲もいっそう輝くのが中森明菜。本作は特にそう断言できる。」と批評した[5]

チャート成績[編集]

本作は、2009年9月7日付のオリコン週間アルバムチャートで初登場し、最高順位29位を記録した[20][4]。同チャートには、計3週に渡ってランクインしている[4]

収録曲[編集]

通常盤CD、初回限定盤 (CD: DISC 1)、デジタル・ダウンロード
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「GIVE TAKE」 Ryohei Matsufuji Philippe-Marc Anquetil, Chris Lee-Joe, Jasmine Denham  
2. 「DIVA」 Ryohei Matsufuji Philippe-Marc Anquetil, Chris Lee-Joe. Emma Rohan  
3. 「thinking of you」 新屋豊 新屋豊 新屋豊
4. 「REVERSE」 Ryohei Matsufuji Philip Hochstrate, Tom Howe, Denise Saneinia  
5. 「逢えなくて」 Ryohei Matsufuji 新屋豊 新屋豊
6. 「X lady」 Ryohei Matsufuji Roxanne Smith, Rick Smith, Anna-Maria La Spina  
7. 「HEARTBREAK」 Ryohei Matsufuji, Miran:Miran Matthew Tishler, Deanna Dellacioppa, Rodney Alejandro, Jenny Karr  
8. 「with」 新屋豊 新屋豊 新屋豊
9. 「茜色の風」 新屋豊 新屋豊 新屋豊
10. 「Going home」 ADYA 新屋豊 新屋豊
合計時間:
初回限定盤 (CD: DISC 2)
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「DIVA -michitomo remix-」      
2. Heartache -michitomo remix- エガワヒロシ, Miran:Miran Matthew Tishler, Deanna Dellacioppa, Rodney Alejandro, Jenny Karr  
合計時間:

クレジット[編集]

『DIVA』のライナー・ノーツより[1]

参加ミュージシャン[編集]

  • 「GIVE TAKE」、「DIVA」、「REVERSE」、「HEARTBREAK」
  • 「thinking of you」
    • コーラス: Chisako
  • 「逢えなくて」
    • ギター: 遠山哲朗
    • コーラス: Chisako
  • 「with」
    • ギター: 遠山哲朗
    • コーラス: Chisako、松藤量平
  • 「茜色の風」
    • ギター: 遠山哲朗
    • ストリングス: クラッシャー木村ストリングス
    • コーラス: Chisako、松藤量平
  • 「Going home」

スタッフ[編集]

  • (M-1,2,4,6) PRODUCED BY BNA PRODUCTIONS FOR CAPED CRUSADER MANAGEMENT
  • (M-7) PRODUCED BY RODNEY ALEJANDRO FOR SWEETSPOT ENTERTAINMENT. MATT TISHLER FOR LAUDROMAT MUSIC AND JENNIFER KARR
  • (M-1,2,4,6,7) PRODUCTION CORDINATION BY YUKO YASUMOTO FOR DOWNTOWN MUSIC
  • レコーディング & ミキシング・エンジニア: RICK ANDERSON
  • アシスタント・エンジニア: 石光孝 (MIXER'S LAB)、中野健太郎 (MIXER'S LAB)、波房渉 (MIXER'S LAB)、MARK GRAY (STUDIO AT THE PALMS)
  • ミキシング・スタジオ: prime sound studio form
  • レコーディング・スタジオ: ウエストサイド、WARNER MUSIC RECORDING、STUDIO AT THE PALMS
  • マスタリング・エンジニア: MOTOHIRO TSUJI (from THE MASTER)
  • マスタリング・スタジオ: from THE MASTER
  • ミュージシャン・コーディネーション: NORIKO SEKIYA (FACE MUSIC)
  • レコーディング・コーディネーション: KAZ OGISO
  • アート・ディレクション: KITETSU TAKAMIYA (67531GRAPHICS)
  • デザイン: CHIKAKO NAKAYAMA (67531GRAPHICS)
  • 撮影: MICHAEL FREEMAN
  • スタイリング: MIKA TANIGUCHI
  • クリエィティヴ・マネージャー: YOKO TANAKA (67531GRAPHICS)
  • アートワーク・コーディネーション: 宮本仁美 (UNIVERSAL MUSIC LLC)
  • FAITHWAY: YUMIKO KAWABATA
  • A&R: MAX SEAMAN
  • HEAD OF MARKETING & PRODUCT MANAGEMENT DIVISION: 大原浩(ユニバーサルシグマ
  • セールス・プロモーション: NAOKO IWASAKI(ユニバーサルシグマ)
  • HEADS OF MEDIA PROMOTION: DAISUKE FUJIKAWA and CHIE ITOH(ユニバーサルシグマ)
  • LABEL HEAD: 森淳一(ユニバーサルシグマ)
  • エグゼクティヴ・プロデューサーズ: 寺林晁 (UNIVERSAL MUSIC LLC)、藤倉尚(ユニバーサルシグマ)
  • エグゼクティヴ・プロデューサー&ディレクター: DON FLAMINGO
  • スペシャル・サンクス: Zoe Thrall (STUDIO AT THE PALMS)

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j (2009年8月26日) 中森明菜『DIVA』のアルバム・ノーツ [2×12cmCD]. ユニバーサルシグマ (UMCK9298/9).
  2. ^ a b JBOOK:DIVA:中森明菜:CD”. 文教堂. 2011年3月13日閲覧。
  3. ^ a b 楽天ブックス: DIVA(初回限定2CD) - 中森明菜 : CD”. 楽天. 2011年3月13日閲覧。
  4. ^ a b c 中森明菜-リリース-ORICON STYLE ミュージック”. オリコン. 2012年4月1日閲覧。
  5. ^ a b 中森明菜 / ディーバ [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2011年2月22日閲覧。
  6. ^ a b c 中森明菜 - DIVA[初回限定盤][+DVD] - UNIVERSAL MUSIC JAPAN”. ユニバーサルミュージック合同会社. 2012年7月4日閲覧。
  7. ^ a b 中森明菜 - DIVA - UNIVERSAL MUSIC JAPAN”. ユニバーサルミュージック合同会社. 2012年7月4日閲覧。
  8. ^ iTunes - ミュージック - 中森明菜「DIVA」”. アップル. 2012年4月1日閲覧。
  9. ^ mora[モーラ] : 中森明菜「DIVA」を試聴・ダウンロード”. レーベルゲート. 2012年4月1日閲覧。
  10. ^ (2006年6月21日) 中森明菜『DESTINATION』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ユニバーサルシグマ (UMCK-1209).
  11. ^ ブログ情報 - エガワヒロシのブログ”. エガワヒロシ. 2012年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月1日閲覧。
  12. ^ 中森明菜 (2009年8月26日). DIVA (2×12cmCD). UMCK9298/9. 
  13. ^ 鷺沼晶良「今月の注目盤」、『CDジャーナル』第53巻第11号、音楽出版社、2009年11月1日、 90頁、 EAN 4910042551193。
  14. ^ HEARTBREAK - 中森明菜 - 歌詞 : 歌ネット”. ページワン. 2012年4月1日閲覧。
  15. ^ Heartbreak - 中森明菜 - 歌詞 : 歌ネット”. ページワン. 2012年4月1日閲覧。
  16. ^ (1988年8月3日) 中森明菜『Femme Fatale』のアルバム・ノーツ [LP]. ワーナー・パイオニア (L-12653).
  17. ^ a b c d 中森明菜 / ディーバ シングルヴァージョン [CD] [シングル] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2012年4月1日閲覧。
  18. ^ a b (12cmCD) (リリース・ノート). 「DIVA Single Version」. 中森明菜. ユニバーサルシグマ. (2009年9月23日). UMCK-5257. 
  19. ^ 保母大三郎「アルバム・レビュー 歌謡曲/J-POP」、『ミュージック・マガジン 2009年10月号』第41巻第13号、ミュージック・マガジン、2009年9月19日、 162頁、 4910084791090。
  20. ^ CDアルバム 週間ランキング-ORICON STYLE ランキング”. オリコン. 2012年4月1日閲覧。

関連項目[編集]