DJ Okawari

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DJ Okawari
別名 DJ Okawari
生誕 静岡県
職業 DJ、音楽プロデューサー、作曲家
共同作業者 ブリタニー・キャンベル, 金原千恵子, エミ・マイヤー
公式サイト http://www.djokawari.com/
著名使用楽器
ピアノ,サックスフォン,トランペット,弦楽器

DJ Okawariとは静岡を拠点に活動する日本のDJ音楽プロデューサー作曲家[1][2]。彼の音楽スタイルはヒップホップニュージャズ、ジャパニーズジャズを組み合わせたものとなっている。ピアノは彼の音楽の主旋律となっている[3]。これまでにリリースした作品は2008年のDiorama、2009年のMirror、2011年のKaleidoscope、2017年のCompassがある。

来歴[編集]

DJ Okawariは美しく穏やかな音色のピアノジャズとヒップホップを組み合わせた独創的な手法の音楽で知られる。MirrorのアルバムのLuv Letter(月野そらによるピアノ作曲、楽曲提供作品)[4]2010年世界フィギュアスケート選手権高橋大輔のプログラムにて使用された[5]。彼の音楽はしばしばYouTubeで流れており、動画の再生数は1000万を超えた。DJ Okawariのアルバムの絵は日本のグラフィックデザイナーのマルミヤンによって描かれている[6]

ディスコグラフィ[編集]

Diorama (2008)[7]

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Evening Comes」  
2.「Chocolate」(featuring Agehah)  
3.「Bluebird Story」(featuring Jumelles)  
4.「Ring」  
5.「Colors of Life」  
6.「Synchronize」  
7.「One for U」  
8.「Aurora」(featuring Eri Kamiya)  
9.「Coffee Break」  
10.「Crescent Moon」  
11.「Tayutau」  
12.「Silent Night」  
13.「Animal Forest」  
14.「Times Fusion」  
合計時間:

Mirror (2009)

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Sound of Silence」(featuring Kaori)  
2.「Luv Letter」(月野そら[8])  
3.「You Gotta Be」(featuring Amadori) (Des'ree cover)  
4.「Pack Light」(featuring Eriko)  
5.「Afterschool」  
6.「Following the Dream」  
7.「Free Bird」(featuring Sierra)  
8.「Sweet Light」  
9.「All I Have」(featuring Amanda Diva)  
10.「Minamo」  
11.「Evening Comes 2」  
合計時間:

Kaleidoscope (2011)

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Encounter」  
2.「Brown Eyes」(featuring Brittany Campbell)  
3.「Represent」(featuring Chieko Kinbara)  
4.「Kaleidoscope」(featuring Tekitha)  
5.「Flower Dance」  
6.「U」(featuring Stacy Epps)  
7.「Another Sky」  
8.「A Cup of Coffee」  
9.「Brighter Side」(featuring Amanda Diva)  
10.「Temperature of Tears」  
11.「The Bonds」(featuring NANASE)  
12.「Change the World」(featuring WoongSan)  
13.「Peacock」  
合計時間:

Compass (2017)

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Bounce」(featuring Talib Kweli)  
2.「Starry Sky」  
3.「Midnight Train」(featuring Emi Meyer)  
4.「Yours」  
5.「Keep Falling」(featuring GIOVANCA)  
6.「Last Note」  
7.「Eventually」(featuring Emily Styler)  
8.「Mirage」  
9.「Be There」(featuring Brittany Campbell)  
10.「Sadame」  
11.「Four Water」  
合計時間:

脚注[編集]

  1. ^ Profile | DJ OKAWARI OFFICIAI SITE”. www.djokawari.com. 2016年1月14日閲覧。
  2. ^ ARTIST”. www.libyus.com. 2016年1月24日閲覧。
  3. ^ 音乐营销"妙不可言" 好音乐能促进客人下单?-浙商网-浙江在线”. biz.zjol.com.cn. 2016年1月24日閲覧。
  4. ^ JASRAC作品コード 159-9399-0 LUV LETTER”. 2018年5月23日閲覧。
  5. ^ 2010 worlds ex practice Daisuke Takahashi.avi, (2010-03-28), https://www.youtube.com/watch?v=34UkEBuoLGw 2016年1月14日閲覧。 
  6. ^ MIRUMAgraph”. marumiyan.com. 2016年1月14日閲覧。
  7. ^ DJ OKAWARI on iTunes”. iTunes. 2016年1月24日閲覧。
  8. ^ JASRAC作品コード 159-9399-0 LUV LETTER”. 2018年5月23日閲覧。