DON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DON
本名 渡辺 信一
ニックネーム ドン
生年月日 (1958-06-13) 1958年6月13日(60歳)
出身地 北海道札幌市
言語 日本語
最終学歴 日本大学卒業
コンビ名 チョーさんとドン
相方 プリティ長嶋
芸風 ものまね
活動時期 1981年 -
過去の代表番組 笑っていいとも!

DON(ドン、1958年6月13日 - )は、日本タレント。本名、渡辺 信一(わたなべ しんいち)。

北海道札幌市出身。札幌開成高等学校卒業。日本大学卒業。

かつて「ドン川上」という芸名で、「打撃の神様」の異名を持つ川上哲治(元読売ジャイアンツ選手・監督)のものまねタレントとして活動していた。

来歴・人物[編集]

大学在学中の1980年に『クイズ・ドレミファドン!』に出演し、最終問題で優勝を逃す。しかし番組関係者の目に止まり「君は面白いから出てみないか」と誘われ、1981年3月に大学の卒業記念として『お笑いスター誕生!!』にロボタンの芸名で出演。3週を勝ち抜き注目されるが、就職を期に4週目を辞退し一旦芸能界から身を引く。

1982年に放送を開始したフジテレビの『笑っていいとも!』に旅行代理店社員の立場でレギュラー出演[1]し、芸能界に復帰。川上哲治の扮装をして物真似し、同様に長嶋茂雄(元巨人選手、監督)の物真似で活動していたチョー長嶋(現・プリティ長嶋)とコンビを組む(プリティのブログ[2]によると、番組の企画段階でプリティの『いいとも!』出演は内定していたがタモリの司会は決定しておらず、プリティとドンと明石家さんまの三人でコーナーをやりたいと希望していたらしい)。"来たかチョーさん、待ってたドン"と題されたレギュラーコーナーは、『笑っていいとも!』開始当初の人気コーナーのひとつとなり番組の人気獲得に貢献したが、レギュラーコーナー終了と共に表舞台から姿を消した。

その後、故郷の北海道へ活動の拠点を移し、「DON」「ドン川上」もしくは本名の「渡辺信一」の名で、北海道(主に北海道放送)のテレビラジオに出演し、ローカルタレントとして活動している。過去にはHBCラジオ番組『カーナビラジオ午後一番』にも出演していた。

元々かなりの薄毛であったが、カーナビラジオの企画において、番組スポンサーであるかつらメーカースヴェンソンのかつらを装着した所、非常に気にいったため、現在も愛着している。現在もスヴェンソンはカーナビラジオのスポンサーであり、1分弱の生コマーシャル枠があり、その中でパーソナリティーのYASUが「DONさんも愛用しているスヴェンソン」とアピールする事がある。

現在の出演番組[編集]

(2013年8月現在)

過去の出演番組[編集]

テレビ(過去)[編集]

ラジオ(過去)[編集]

ディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 氏名クレジットは本名の「渡辺信一」。同様にプリティ長嶋も「片岡馨」と表記。
  2. ^ 25年の時の流れ プリティ長嶋の日誌-ウェブリブログ (2006.10)