DOTAMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DOTAMA
生誕 (1984-11-19) 1984年11月19日(34歳)[1]
出身地 日本の旗 日本栃木県佐野市
ジャンル ヒップホップ
レーベル 社会人ミュージック(2019年-)
共同作業者 Fragment
RhymeTube
Kuma The Sureshot 等
公式サイト http://dotamatica.com

DOTAMA(どたま、1984年11月19日[1] - )は、日本のヒップホップMC

経歴[編集]

  • 1984年、栃木県佐野市に3人兄弟の長男として生まれ、両親、祖父、曽祖父までみな教員という家庭で育つ[2]。通う高校は進学校で部活も生徒会の会計を務めた。
  • 中学生の頃にDragon Ash「Deep Impact」のMVを観たことがきっかけでラップと出会い[3]、幼馴染であるMC DUFFとの2MCユニット「5W1H」でラップを始める。キャリア当初はこの他に「KITAKANTOSKILLZ(北関東スキルズ)」のメンバーとしても活動[4]
  • 高校卒業後は地元栃木で約10年間ホームセンターの社員として働きながら音楽活動を続ける[5]
  • 2003年頃からMCバトルに出場するようになる[5]。なお、初めて出場したMCバトルは「B-BOY PARK 2003」だった[4]。その後「UMB GRAND CHAMPIONSHIP」2013、2015準優勝、2017優勝、「戦極 MCBATTLE」第7章(2013年)及び第9章(2014年)優勝等数々のMCバトルで好戦績を収める。
  • 2005年
    • 8月、初めてのソロ音源となる「DOTAMATICA EP」を自主制作でリリース[6]
  • 2007年
    • 音楽レーベル・プロダクションである「術ノ穴」に所属。
    • 9月、ジャズベーシストold machineとのコラボレーションアルバム「dotama & old machine」を発売[7]
  • 2010年
    • 4月、1stフルアルバム「音楽ワルキューレ」を発売[8]
  • 2011年
    • 1月、トラックメイカーsuzumeのプロデュースによる企画盤「ホーリーランド」を発売[9]
    • 11月、ULTIMATE MC BATTLE東京予選で優勝。2005年から予選に出ていたが優勝は初だった。
    • 12月、ULTIMATE MC BATTLE本戦に東京代表として出場。1回戦で大阪代表のR-指定、準々決勝で千葉代表の輪入道と当たったが、準決勝で群馬のNAIKA MCに敗れてベスト4となる。
  • 2012年
    • 7月、 8bit Music作曲家であるUSKとのコラボレーションアルバム「リストラクション〜自主解雇のススメ〜」を発売[10]
    • 8月、インターネットレーベルであるMaltine Recordsより、DOTAMA×USKとして「スキナウタ E.P.」を配信リリース[11]
    • 10月、ULTIMATE MC BATTLEにて地元の栃木予選に出場する。しかし準々決勝で敗れて本戦出場は出来なかった。
    • 10月、27歳の時に「『歳も歳だからもっと頑張ってみよう』と、何の確信もないまま」脱サラして上京[5]
  • 2013年
    • 映画監督の園子温井上三太の漫画「TOKYO TRIBE2」を実写映画化するに当たってYoutubeで実施した公開オーディションに参加[12]、2014年8月に公開された同作品へ出演。
    • 9月、ラッパーのハハノシキュウとともに1年の行事と「13月」という架空の月を歌ったコンセプトアルバム「13月」を限定発売。同作のプロデュースはDJ・トラックメイカーのQuviokalが担当した[13]
    • 11月、ULTIMATE MC BATTLE東京予選で優勝。1年振りの本戦出場となった。
    • 12月、ULTIMATE MC BATTLE本戦に東京代表として出場。準決勝では昨年準優勝者の宮崎代表のmol53を下したが決勝で昨年優勝者の大阪代表のR-指定に再延長戦までもつれた末に敗れる。なおDOTAMAは2011年本戦一回戦でR-指定に勝っていたのでR-指定にとってはリベンジマッチとなった。
  • 2014年
    • 1月、アイドル・グループゆるめるモ!とロック・バンド箱庭の室内楽による企画ミニ・アルバム「箱めるモ!」のリード・トラックとなる「木曜アティチュード」で作詞を担当[14]
    • 7月、ULTIMATE MC BATTLE栃木予選に出場し優勝。地元の栃木の予選での優勝は初めてだった。
    • 12月、ULTIMATE MC BATTLEに栃木代表として出場。2回戦で昨年の本戦決勝で対戦した大阪代表のR-指定と当たる。再延長戦までもつれた末に敗れる。
  • 2015年
    • 1月、イギリスのニュースサイト「COMPLEX」において「The Best Of Japanese Hip-Hop: 25 Artists You Need To Know(今注目すべき25組の日本のヒップホップ・アーティスト)」として紹介される[15]
    • 8月、2ndアルバム「ニューアルバム」を発売[16][17]。また、9月には同アルバムの発売を記念して、自身初となるワンマンライブ「ニューワンマン」を渋谷TSUTAYA O-nestにおいて開催[18][19]
    • 10月、ULTIMATE MC BATTLE東京予選に出場し優勝。
    • 12月、ULTIMATE MC BATTLE本戦に東京代表として出場。決勝戦でREVENGE代表のCHICO CARLITOに敗れ準優勝。
  • 2016年
    • 1〜2月にかけて、テレビ朝日で放送されるMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」にチャレンジャーとして出演、コンプラ(放送禁止用語)連発の激しいディスでモンスターT-Pablowサイプレス上野を撃破し、続く隠れモンスターACEとの戦いも接戦の末制したが、最後は因縁のライバルであるR-指定の前に敗れた。その後、同年5月からはチャレンジャーの挑戦を受けるモンスターの1人として同番組にレギュラー出演。地上波放送である同番組への出演により従来のヒップホップやMCバトルファン以外への認知が広まり、その結果、2016年だけで北は北海道から南は沖縄まで100本以上のライブ・イベントに出演する。多数のCMに出演する等と活動の幅を広げる。
      • 6月、全国のTOHOシネマズで映画の幕間に放映されるショートアニメ「TOHOシネマズ×DLE『キャラクターバトルクラブ』」の1つ「MCファミリー」で声優に初挑戦した[20]
      • 7月3日、AbemaTVで配信された「フリースタイルダンジョン特別編 Monsters War」にチームDOTAMAのリーダーとして、自ら指名した掌幻、Dragon Oneとともに出場。決勝で宿敵R-指定率いるチームR-指定を下して優勝、賞金100万円を獲得した[21]。放送直後の7月4日には優勝を記念してチームDOTAMAの3人による楽曲「WINNERS〜Monsters War〜」を配信リリースした[22](後に「DOTAMA BEST」に収録)。
      • 8月より、AbemaTVで放送されるニュース番組「AbemaPrime」に水曜レギュラーとして出演(〜2017年9月まで)[23][24]
      • 9月、自身のバックDJを務めるDJ・トラックメイカーのKuma the Sureshotとのコラボレーションミニアルバム「DIRECTORY」をタワーレコード渋谷店で限定発売[25][26]
      • 10月より、自身初となるラジオのレギュラー番組「WORD FREAK」がJ-WAVEにおいて開始[27]
      • 12月、自身初となるベスト盤「DOTAMA BEST」をリリース[28]。同作には般若を客演に迎えた「本音」等3曲の新曲を含む19曲を収録[29]
      • 12月、予選には出場していなかったがULTIMATE MC BATTLEに人気投票のVOTE枠で出場する。結果は2回戦で2011年本戦準決勝で当たった群馬代表のNAIKA MCに敗れる。
  • 2017年
    • 1月、「DOTAMA BEST」の発売を記念して渋谷WWWで自身2度目となるワンマンライブ「ニューワンマン2」を開催[29]
    • 2月、出身地である栃木県佐野市で開催された「第1回さのまるの日イベント『ご当地グルキャラ大作戦!~さのまるかじり~』」に出演し、自身初となる地元でのライブを行った[30]
    • 3月、BSスカパー!のバラエティー番組BAZOOKA!!!内で放送されている第11回BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権 in 仙台において審査員を務めた。
    • 5月、フランス・ランス市のシャンパーニュ公園で開催された音楽フェス「ラ・マニフィック・ソサエティ」において、日本人アーティストにフォーカスを当てた「Tokyo Space ODD ステージ」に水曜日のカンパネラSeihoらと共に出演し、自身初となる海外でのライブを行った[31]
    • 6月、「フリースタイルダンジョン」に"モンスター"として出演するラッパー7人が「Dungeon Monsters」名義で配信リリースしたコラボ曲「MONSTER VISION」に参加[32]。同曲は、iTunes Storeの総合チャートで1位を獲得する話題曲となり、テレビ朝日系「ミュージックステーション」にも出演した[33]
    • 6月、自身初のシングルとなる「謝罪会見」を発売。また、同シングルの発売を記念して、7月から8月にかけて全国6都市を回る自身初の全国ツアー「ディスり過ぎてごめんなさい。謝罪会見ツアー」を開催[34]
    • 7月から9月にかけて放送される古谷実原作、くりぃむしちゅー有田哲平主演のTBSドラマ「わにとかげぎす」において連ドラ初出演した[35]
    • 漫画家・井上三太の人気コミックが原作で、9月から10月にかけて東京・愛知・大阪の3都市で上演された舞台「TOKYO TRIBE」に書記長役で出演した[36]
    • 10月、TOKYO MX等で放送されるアニメ「俺たちゃ妖怪人間」の主題歌「俺たちゃ妖怪人間!~人間目指して何が悪い~」を配信リリースした。なお、タイアップ曲はこれが自身初となる[37]
    • 10月、自身初の自主企画となる2マンライブ「社交辞令」の第1回目を、渋谷TSUTAYA O-nestにおいて、鎮座DOPENESSをゲストに迎え開催した[38]
    • 10月、ULTIMATE MC BATTLE東京予選に出場し優勝。決勝では昨年の東京代表である黄猿との再延長までもつれ優勝。
    • 12月、自主企画「社交辞令Vol.2」を渋谷TSUTAYA O-nestにておいて、空想委員会をゲストに迎え開催。
    • 12月、ULTIMATE MC BATTLEに東京代表として出場。結果は決勝で大阪代表のふぁんくと再々延長までもつれた末に悲願の初優勝。優勝が決まった瞬間に本人は涙した[39]
    • 12月30日、AbemaTVで配信された「フリースタイルダンジョンMonstersWar 2017〜お前ら時代に忖度してる場合じゃねぇぞ!全員ブッ潰してやるスペシャル〜」にチーム輪入道のメンバーとして輪入道、mu-tonとともに出場。決勝で呂布カルマ、R-指定、晋平太からなるチーム呂布カルマを下して優勝、賞金300万円を獲得した[40]
  • 2018年
    • 2月、自主企画「社交辞令Vol.3」を新代田FEVERにおいて、関取花をゲストに迎え開催。
    • 3月、自身の3rdアルバム「悪役」をリリース。
    • 4月、恵比寿LIQUIDROOMにおいて、3rdアルバム「悪役」の発売を記念し、自身3度目のワンマンライブである「ニューワンマン3」を開催。
    • 5月、さいたまスーパーアリーナで開催された「VIVA LA ROCK 2018」へ出演。
    • 5月、初の自伝本「怒れる頭」を出版。幼少時代、学生時代、サラリーマン時代、そして、今までどこにも語られることのなかった家族の話、2006年の弟の自殺など、自身の半生を赤裸々に綴っている。[41]
    • 6月、自主企画「社交辞令Vol.4」を渋谷TSUTAYA O-nestにおいて、トリプルファイヤーをゲストに迎え開催。
    • 6月、SEKAI NO OWARI主催「club EARTH 12th Anniversary」(新木場Studio Coast)へ出演。
    • 8月、栃木県佐野市公式PV「MY CITY」を公開。
    • 8月、栃木県佐野市PR大使『佐野ブランド大使』に就任。また、同年12月、栃木県PR大使『とちぎ未来大使』に就任。
    • 8月、文具メーカー・マルマンのスケッチブック「図案」の60周年を記念したコラボ楽曲「図案~create the future~」をリリース。

人物・エピソード[編集]

  • 物静かそうな外見に黒縁メガネにネクタイ、スーツ姿といういわゆるラッパーのイメージからはほど遠い風貌ながら、ひとたびマイクを握れば力強く高い声、激しいステージ、練られた歌詞で、独自のラップ・ミュージックを表現する。また、MCバトルにおいては辛辣ながらユーモアのあるバトルを演出し、高いインパクトを残す。
  • 次男にあたる弟が2006年に亡くなっている。[42]
  • 「DOTAMA」というMCネームは、最初にラップをしたクルーの名前「怒頭」を由来としている。
  • 出演していた「フリースタイルダンジョン」では、前述のバトルスタイルを踏まえ「ディスの極みメガネ」とのキャッチコピーをつけられた。
  • 「フリースタイルダンジョン」では、初代モンスターの中で参謀役として、チャレンジャーの弱点を踏まえた戦略を他のモンスターに伝えていた。
  • UMB2011、2013(決勝)、2014で3度激突し「フリースタイルダンジョン」でも3度対戦していずれも名勝負を繰り広げたR-指定とは因縁のライバルとされている。
  • UMB2015東京予選の優勝者インタビューの際、1番影響を受けたラッパーはTHA BLUE HERBであると語った。ただし、それを聞いたインタビュアーの晋平太は「(DOTAMAは)人からの影響をストレートに下さない人なんだね」とコメントしている[43]
  • UMB2008東京予選1回戦において6年ぶりのMCバトル復帰となる般若と対戦し、敗れはしたものの、後に同大会に優勝した般若に「(東京予選)1回戦の相手がDOTAMAってヤツだったでしょ?アイツのディスが効いたのかもしれないね、正直。(中略)『「根こそぎ」以降良いアルバムは出してねぇ』とか『SEEDAにそっくりだ』みたいなこと言われて(笑)。(中略)スッゲェムカついてたから『俺、負けた』って思ったんだけど、勝っちゃった。その後は完全に感覚を取り戻してった感があるな」と賛辞を送られた[44]。なお、般若はアルバム「グランドスラム」リリース時のインタビューで「DOTAMAの『FINAL FRASH』聴いた?あれ、ひょっとしたら2016のナンバー3には入るよ。(中略)DOTAMAは前からすごいと思っていたけど、表現の部分で改めてこいつすごいなと思った。こういうラッパーがいるからこそ自分もやっていておもしろいなと思えるし。」と語る[45]など音源の面でもDOTAMAを評価する発言をしている。
  • 2016年頃までは、ライブは自ら曲間に機材を操作し音を出すスタイルであったが、2017年初頭から専属のバックDJ(DJ YU-TA)がライブに帯同するようになった。
  • 自身の出身地である、栃木県佐野市のPR大使『佐野ブランド大使』に就任した後、栃木県PR大使『とちぎ未来大使』へ就任した。
  • 2019年、Jリーグ史上初である、サッカーチーム「サガン鳥栖」のCHIEF RAP OFFICERへ就任した。1年間「サガン鳥栖」の試合や活動をラップで応援する。
  • 同郷であるDJ MOTOHIRO・SAMと共同主催したフェス「とちぎ未来音楽祭」(宇都宮Stella)を2019年4月開催した。(前売りチケットはソールドアウトした)

ディスコグラフィ[編集]

ベストアルバム[編集]

項番 発売日 タイトル 形式 規格品番 収録曲 備考
1 2016年12月21日 DOTAMA BEST CD/Download sube-051
  1. 楽曲のテーマは「テーマ」(Produced by Quviokal)
  2. HEAD(Produced by Quviokal)
  3. 音楽ワルキューレ2(Produced by Fragment)
  4. イオンモール feat.カクマクシャカ (Produced by クロダセイイチ)
  5. WINNERS~Monsters War~ feat. 掌幻,Dragon One(Produced by Quviokal)
  6. 通勤ソングに栄光を(Produced by USK)
  7. 好きな歌が街にあふれて(Produced by USK)
  8. リストラクション(Produced by USK)
  9. 本音 feat. 般若(Produced by MASAYOSHI IIMORI
  10. 北関東BLUES feat.NAIKA MC(Produced by Kuma the Sureshot)
  11. 神さまになった少年(Produced by suzume)
  12. dreamday(Produced by suzume)
  13. strike back(Produced by OLDMACHINE)
  14. a letter from my heart(Produced by OLDMACHINE)
  15. 音楽ワルキューレ(Produced by Fragment)
  16. じいさんばあさんのうた(Prduced by 生中)
  17. a song for a cup of tea(Produced by Fragment)
  18. 2012年にクリスマスが終わる feat. ハハノシキュウ(Produced by Quviokal)
  19. ベストソング(Produced by DJ WATARAI
トラック1,9,19: 新曲
トラック2,3,4:「ニューアルバム」
トラック6,7,8: 「リストラクション〜自主解雇のススメ〜」
トラック10:「DIRECTORY」
トラック11,12:「ホーリーランド」
トラック13,14「dotama & old machine」
トラック15,16,17:「音楽ワルキューレ」
トラック18:「13月」

アルバム[編集]

項番 発売日 タイトル 形式 規格品番 収録曲
1 2010年4月7日 音楽ワルキューレ CD/Download SUBE-008
  1. reason(Produced by Eemu)
  2. ウルトラMC(Produced by RIOW ARAI
  3. chessmusic feat.haiiro de rossi(Produced by Eemu)
  4. 何言ってんの?(Produced by Fragment)
  5. 彼女はアンドロイド(Produced by Joga)
  6. スイッチ(Produced by Fragment)
  7. stop the weather report(Produced by Eemu)
  8. PARADISE BIRD(Produced by Fragment)
  9. スマイルデイズ(Produced by DJ OKAWARI)
  10. 音楽ワルキューレ(Produced by Fragment)
  11. じいさんばあさんのうた(Produced by 生中)
  12. レストランで昼食を(Produced by bugfics)
  13. a song for a cup of tea(Produced by Fragment)
2 2015年8月12日 ニューアルバム CD/Download SUBE-043
  1. HEAD (pro. Quviokal)
  2. 音楽ワルキューレ2 (pro. Fragment)
  3. 名曲の作り方 (pro. Kuma the Sureshot)
  4. イオンモール feat.カクマクシャカ (pro. クロダセイイチ)
  5. カリカチュア (pro. SUNNOVA)
  6. 誰も知らない (pro. 食品まつり)
  7. 自宅ユニバース (pro. the mornings)
  8. 要求 (pro. munnrai)
  9. リクルート (pro. DOTAMA)
  10. 栃木のラッパー (pro. Fragment)
  11. こんなぶっ壊れた国で (pro. Jr.TEA from エンヤサン)
3 2018年3月21日 悪役 CD/Download SUBE-063
  1. ディスっていいとも pro. Quviokal
  2. 悪役 pro. DOTAMA
  3. 栃木のラッパー2 pro. クロダセイイチ(Genius P.J's)
  4. SUBWAY pro. Masayoshi Iimori
  5. スーパーノヴァ pro. imai(group_inou)
  6. 謝罪会見 pro. Quviokal
  7. 敬語でRAP pro. 食品まつり a.k.a foodman
  8. 雑言 pro. ANIMAL HACK
  9. TECHNICS feat.SAM,MAKA,NAIKA MC pro. Quviokal
  10. 音楽ワルキューレ3 pro. RhymeTube
  11. ハピネス pro. RhymeTube
  12. 俺たちゃ妖怪人間!~人間目指して何が悪い~  (TVアニメ「俺たちゃ妖怪人間」主題歌)BONUS TRAC
MINI 2018年12月5日 MAJESTIC CD/Download

/Streaming

SUBE-065
  1. 働き方改革 track by DOTAMA/scratch by QUVIOKAL
  2. MY CITY~栃木県佐野市公式PRソング~ track by RhymeTube
  3. 音楽ワルキューレ3(music video version) track by RhymeTube
  4. READY feat.SAM,DJ YU-TA track by RhymeTube/scratch by DJ YU-TA
  5. フリースタイル全部 feat.ゆるめるモ!(Tomggg remix) remix by Tomggg
  6. 冷血 track by DOTAMA/scratch by DJ YU-TA
  7. インターステラー feat.関取花 track by RhymeTube

シングル[編集]

項番 発売日 タイトル 形式 規格品番 収録曲 備考
1 2017年6月21日 謝罪会見 CD+DVD/Download sube-056 /
XQND-1003

【DISC.1】(CD)

  1. 謝罪会見 pro.Quviokal
  2. 東北道 pro.DJ OKAWARI
  3. Y☆KAI WATCH pro.imai(group_inou
  4. 謝罪会見 (inst)
  5. 東北道 (inst)
  6. Y☆KAI WATCH (inst)

【DISC.2】(DVD)
「ニューワンマン2」LIVEダイジェスト映像

全曲解説
2 2017年10月4日 俺たちゃ妖怪人間!~人間目指して何が悪い~ Download アニメ「俺たちゃ妖怪人間」主題歌

コラボレーション[編集]

項番 発売日 アーティスト名 タイトル 形式 規格品番 収録曲 備考
1 2007年9月4日 DOTAMA & OLD MACHINE DOTAMA & OLD MACHINE CD/Download SUBE-004
2 2011年2月2日 今日のワルキューレ(DOTAMA+VOLO+KMC) 今日のワルキューレ CDR sacdr-003
3 2012年7月13日 DOTAMA×USK リストラクション〜自主解雇のススメ〜 CD/Download sube-025
4 2012年8月10日 DOTAMA×USK スキナウタ E.P. Download MARUL-007 Maltine RecordsのWebサイトからフリーDL可
5 2013年9月13日 DOTAMA×ハハノシキュウ 13月 CD/Download sube-031 CDは枚数限定発売(販売終了)
6 2016年7月4日 DOTAMA×掌幻×Dragon One WINNERS〜Monsters War〜 Download
  1. WINNERS〜Monsters War〜(オリジナル)
  2. WINNERS〜Monsters War〜(インスト)
  3. WINNERS〜Monsters War〜(アカペラ)
「フリースタイルダンジョン特別編 Monsters War」でチームDOTAMAが優勝したことを記念して制作
7 2016年9月1日 DOTAMA×Kuma The Sureshot DIRECTORY CD/Download sube-050 2016年9月1日〜12月31日 タワーレコード渋谷店限定発売
2016年10月5日〜 術ノ穴公式サイト、タワーレコードオンライン、ライブ物販、iTunesで販売

その他[編集]

項番 発売日 タイトル 形式 規格品番 収録曲 備考
1 2005年8月5日 DOTAMATICA EP CDR
2 2011年1月19日 ホーリーランド CD/Downlord sube-013 セルフライナーノーツ
3 2012年3月24日 a tempest of march e.p. CDR sacdr-008
  1. 3月のテンペスト
  2. 3月のテンペスト(60日後編)
  3. 3月のテンペスト(365日後編)
4 2014年8月25日 コウエンジJACKS Downlord
  1. コウエンジJACKS
映画「TOKYO TRIBE」公開記念楽曲。
術ノ穴オフィシャルサイトかYouTubeの動画ページに掲載されているリンクからフリーDL可。

参加作品(5W1H)[編集]

発売年 タイトル 形式 収録曲
2003年 THE … CDR
2003年 STILL LOOKING 4 GENNJITZ CDR
2005年 THE HYPOXIA CDR+DVDR
2006年 滅びの目撃者 12"

A1. 滅びの目撃者(PRODUCED BY DOTAMA)
A2. Please...(PRODUCED BY NEL HATA)
A3. 滅びの目撃者(inst.)(PRODUCED BY DOTAMA)
B1. forbidden reverse(PRODUCED BY DUFF)
B2. VOODOO feat.KRUN, ASRA(PRODUCED BY DUFF)
B3. VOODOO(inst.)(PRODUCED BY DUFF)

参加作品(客演・Remix・コンピレーション収録等)[編集]

発売(発表)日 タイトル 収録曲 レーベル
2005年
2005年10月5日 Fragment「walking in the soul」 「developed love song feat.DOTAMA」 術ノ穴
2006年
2006年11月3日 キリコ「僕は評価されない音楽家」 「笑う無名MC達 feat.DOTAMA&KAIGEN」 AZUKI RECORDS
2007年
2007年12月15日 キリコ「ありがとう。名無しの2チャンネラー諸君。」 「身嗜みの乱れたMC達 feat.北関東スキルズ」 AZUKI RECORDS
2008年
2008年8月22日 V.A.「ILL STREET TOCHIGI 」 DOTAMA「僕はNo.1 MC」 G CREW PRODUCTION
2008年10月9日 時雨 WITH 東ヨットスクール「NO HIPHOP NO LIFE」 「NO HIPHOP,NO LIFE(Feat.TARO SOUL(LOCK STOCK),坂THE 上(WORD SPLINKLER),エムラウタ(ROMANCREW/LOCK STOCK),STC(UC84’s ALL STARS),はなび(Da.Me.Records),サイプレス上野(LOCK STOCK),ドタマ(術ノ穴Records),KEN-1-RAW(DOSMOCCOS),ILL DA ASSULT(FUNK MOTOR),ポチョムキン(餓鬼レンジャー/DOSMOCCOS),SHIGA-SHIT(ORIGINAL SOUL CREW),将絢(ROMANCREW/LOCK STOCK),tkzmgcl(BUZZERBEATER),祥(ORIGINAL SOUL CREW),KEN THE 390(Da.Me.Records),ALI-KICK(ROMANCREW/LOCK STOCK),KOTOBUKI(DARKNESS FLOW),GOCCI(LUNCH TIME SPEAX))」 G CREW PRODUCTION
2008年10月17日 VOLO/JZA「BLOODY TIDELAND」 「シンドローム(feat.DOTAMA)」 SAWZZZ
2009年
2009年8月19日 Geskia!「PRESIDENT IDM」 「Mystery feat. DOTAMA」 術ノ穴
2010年
2010年5月25日 V.A.「術ノ穴presents 『HELLO!!! vol.2』」 Fragment feat.DOTAMA,KMC,腐悪akaハハノシキュウ,biz?「1.000.000 DEAD ROCK KILL」
bugfics+DOTAMA「a letter from my heart(remix) 」
術ノ穴
2010年8月22日 V.A.「術ノ穴 free sampler vol.1」 bugfics feat.DOTAMA「バチスタ」
DOTAMA「ファントム」
術ノ穴
2010年11月17日 Fragment「vital signs」 「優しいおとな feat.キリコ、DOTAMA」 術ノ穴
2011年
2011年6月1日 V.A.「術ノ穴presents 『HELLO!!! vol.3』」 k-over feat.空也MC、DOTAMA「ネガポジション」 術ノ穴
2011年3月16日 Quviokal「Two」 「エデン feat. DOTAMA」 術ノ穴
2011年4月1日 V.A.「Play for Japan Vol.8」 DOTAMA 「3月のテンペスト」 OTOTOY
2011年5月18日 COASARUI「別人格コアサル」 「ENEMY feat. DOTAMA」 術ノ穴
2011年8月13日 DJ TECHNORCH「少女IN 〜VIRGIN IN〜」 「音楽ワルキューレ DJ TECHNORCH's RAP DANCE REMIX(DOTAMA)」 999 Recordings
2012年
2012年1月25日 V.A.「術ノ穴presents 『HELLO!!! vol.4』」 DOTAMA×ハハノシキュウ「2012年にクリスマスが終わる」 術ノ穴
2012年9月14日 V.A.「術ノ穴presents 『HELLO!!! vol.5』」 DOTAMA×ハハノシキュウ「ゲリラレディオ」 術ノ穴
2012年11月27日 DOTAMA, SUKUN, hiero, NAIKA MC, DJ RIND「Devil's Tongue remix 」
2012年12月24日 DOTAMA×ハハノシキュウ「2013年のクリスマスビヨンド」 術ノ穴
2013年
2013年1月16日 Jinmenusagi 「ME2!」 「Silence Of The Goatz feat.DOTAMA」 LOW HIGH WHO? PRODUCTION
2013年2月6日 1980円「EDEN」 「SUN FOR INDUSTRIAL.feat DOTAMA&ラテュ鳴」
2014年
2014年8月27日 O.S.T「TOKYO TRIBE」 ギラギラガールズ(片山瞳/MARYJUNE)、巌(大東駿介)、MEGA-G、MC漢、MCSHOW(染谷将太)、MCクローバー(DOTAMA)、Y’S、YOUNG HASTLE、KOHH、LOOTA、EGO、海(YOUNG DAIS)、エリカ(清野菜名)「FIGHT FOR TOKYO」 WM Japan
2015年
2015年1月10日 V.A.「MBA3 & UMB2013CHAMPION MIX」 DOTAMA, NAIKA-MC、晋平太、サイプレス上野&DJ 威蔵「OHH OHH OHH OLDSCHOOL」 UMB Records
2015年11月4日 V.A.「We are DISCO!!!~tribute to the telephones~」 Fragment × DOTAMA「Say DISCO」 Virgin Records
2016年
2016年6月8日 アンジキジョイ × SAKA the GAMI「0g」 「DAYDREAMER'S(feat.東力士、DOTAMA)」 EBINOMA BRAND
2016年8月24日 MAGiC BOYZ「Do The D-D-T!!」(DO盤) MCマヒロ×DOTAMA「イラっとするコト」 スターダストレコーズ
2016年9月1日 DOTAMA×Kuma the Sureshot「DIRECTORY」タワーレコード渋谷店限定特典 「液体、固体、気体」 術ノ穴
2016年10月5日 WHITE JAM 「WHITE JAM BEST」 「Die in TOKYO feat.DOTAMA」 UNIVERSAL SIGMA
2016年12月14日 Jinmenusagi「2K11-2K15 JINMENUSAGI ANTHOLOGY」 「Silence of the Goatz feat. DOTAMA」 インディペンデント業放つ
2017年
2017年3月15日 RINNE HIP「裏原ンウェイ.ep」 「Ready make some noise feat. DOTAMA」 DREAMUSIC / COCONE RECORDS
2017年3月 Awesome City Club「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」 「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる(DOTAMA remix)」
2017年5月17日 KEN THE 390「五月雨の君に」 「Call Of Justice feat. DOTAMA, RUDE-α, Rei(c)hi, じょう, ACE, MC☆ニガリ a.k.a 赤い稲妻, Lick-G, KOPERU (Prod. DJ WATARAI)」 DREAM BOY
2017年6月7日 MONSTER VISION MONSTER VISION
2017年6月14日 キケチャレ!「LIFE」 キケチャレ!feat.DOTAMA「い・い・ね」 Victor Entertainment
2017年7月12日 THE 夏の魔物「シン・マモノボンバイエ EP」 「RNRッッッ!!!」 VAP
2017年8月30日 MAGiC BOYZ「第一次成長期~Baby to Boy~(コラボしてたの!?盤)」 MCマヒロ×DOTAMA「イラっとするコト」 スターダストレコーズ
2018年2月13日 KEN THE 390「リフレイン」 「調子悪い feat.サイプレス上野,DOTAMA」
2018年3月30日 輪入道×DOTAMA×mu-ton「TAG SHIT」 「TAG SHIT」 GARAGE MUSIC JAPAN

ミュージックビデオ[編集]

公開日 監督 アーティスト名 曲名
2010年
2010年3月29日 若月優(Bishop) DOTAMA 「音楽ワルキューレ」
2011年
2011年1月7日 Paranel(LHW?) DOTAMA 「神さまになった少年〜ホーリーランド」
2011年1月20日 大月壮 今日のワルキューレ(DOTAMA+VOLO+KMC) 「今日のワルキューレ」
2012年
2012年7月3日 m7kenji DOTAMA×USK 「通勤ソングに栄光を」
2013年
2013年9月13日 藤田将平 DOTAMA×ハハノシキュウ 「2012年にクリスマスが終わる」
2015年
2015年8月10日 山地康太(EPOCH) DOTAMA 「音楽ワルキューレ2」
2016年
2016年10月20日 野村武 DOTAMA&Kuma The Sureshot 「北関東BLUES feat.NAIKA MC」
2016年12月21日 野村武 DOTAMA 「WINNERS〜Monsters War〜feat.掌幻,Dragon One」
2017年
2017年1月11日 及川佑介 DOTAMA 「本音 feat.般若」
2017年1月17日 山口 健人 (BABEL LABEL) DOTAMA 「ベストソング」
2017年2月27日 DOTAMA 「メイキング映像『ベストソング』」
2017年6月22日 藤代雄一朗 DOTAMA 「謝罪会見」Pro by.Quviokal
2017年7月4日 常橋岳志 (EPOCH) Dungeon Monsters 「【DOTAMAVer.】MONSTER VISION」
2017年7月20日 野村武 DOTAMA 「東北道」
2018年
2018年3月9日 BLAT WORKS DOTAMA feat.MAKA,SAM,NAIKA MC TECHNICS
2018年5月8日 山口健人(BABEL LABEL) DOTAMA 「音楽ワルキューレ3(music video version)」
2018年7月11日 野村武 DOTAMA 「悪役」
2018年7月31日 BLAT WORKS DOTAMA 「MY CITY」【栃木県佐野市公式PV】
2018年11月29日 トトト DOTAMA feat.関取花 「インターステラー」
2019年4月30日 野村武 DOTAMA 「平成」

作詞提供[編集]

  • ゆるめるモ!×箱庭の室内楽「木曜アティチュード」[14](2014年)
  • トレンディスタイル「YA・BA・I・DE・A・I」[46](2016年)
  • ゆるめるモ!×DOTAMA「フリースタイル全部」(2018年)

主なMCバトル[編集]

開催日 大会名 会場名 結果 備考
2009年
2009年1月31日 NIGHT GARDEN vol.6 第二回 招待制MC BATTLE 水戸CLUB VOICE 準優勝
2009年11月22日 UMB2009 REVENGE 渋谷NUTS 準優勝
2010年
2010年2月12日 PUNCHLINE FETI vo.1 MC BATTLE 群馬CLUB JAM 優勝
2010年3月14日 戦慄MC BATTLE Vol.12 浦和CLUB BASE 優勝
2010年4月23日 ZERO MC BATTLE 池袋BED 優勝
2010年4月24日 UMB2010 宇都宮予選 宇都宮PLANET 準優勝
2010年11月24日 FruitPonchi番外編 女性口説きMCBATTLE in DOMMUNE DOMMUNE 優勝
2011年
2011年11月13日 UMB2011 東京予選 新宿LOFT 優勝
2013年
2013年7月21日 戦極MCBATTLE 第七章 vs THE罵倒2013特別編@ClubAsia杯 渋谷club asia 優勝
2013年11月10日 UMB2013 東京予選 新宿LOFT 優勝
2013年12月30日 UMB GRAND CHAMPIONSHIP2013 恵比寿LIQUIDROOM 準優勝 東京代表として出場
2014年
2014年4月13日 戦極MCBATTLE 第九章本戦 渋谷GAME 優勝
2014年7月4日 UMB2014 栃木予選 宇都宮SOUND A BASE NEST 優勝
2015年
2015年10月18日 UMB2015 東京予選 恵比寿LIQUIDROOM 優勝
2015年12月20日 ディスペクト ~芸人VSラッパー~ ヨシモト∞ホール 優勝
2015年12月30日 UMB GRAND CHAMPIONSHIP2015 新木場STUDIO COAST 準優勝 東京代表として出場
2015年12月30日 AsONE -RAP TAG MATCH- 渋谷club asia 優勝 NAIKA MCとのコンビ「今日の2MC」として出場
2016年
2016年5月13日 ディスペクトVol.2 ~芸人VSラッパー~ 原宿クエストホール 準優勝
2016年5月29日 戦極MCBATTLE 第14章×AsONE 恵比寿LIQUIDROOM 準優勝 NAIKA MCとのコンビ「今日の2MC」として出場
2016年12月2日 ディスペクトVol.3 ~芸人VSラッパー~ 豊洲PIT 準優勝
2016年12月30日 AsONE -RAP TAG MATCH- 渋谷club asia 準優勝 NAIKA MCとのコンビ「今日の2MC」として出場
2017年
2017年3月19日 渋谷サイファー presents サイファー祭り J-WAVE WORD FREAK CUP 代々木公園ケヤキ並木 準優勝 ACEと共に司会としても出演
2017年10月15日 UMB2017 東京予選 恵比寿LIQUIDROOM 優勝
2017年12月30日 UMB GRAND CHAMPIONSHIP2017 新木場STUDIO COAST 優勝 東京代表として出場

フリースタイルダンジョン[編集]

クリティカルでの勝利は太字

Rec 対戦相手 結果 備考
first season
4-3 T-Pablow 勝利 チャレンジャーとして参戦
4-4 サイプレス上野 勝利
ACE 勝利
4-5 R-指定 敗北
second season
1-4 崇勲 敗北 モンスターとして参戦
2-2 田中光 勝利
3-2 龍道 敗北
3-3 スナフキン 敗北
3-5 GASHIMA from WHITE JAM 勝利
4-2 掌幻 敗北
3rd season
1-2 TEAM 411(DARTHREIDER、hiero、J平) 敗北 漢a.k.a.GAMI、T-Pablowとの3on3
2-2 NAIKA MC(TEAM 戦極北関東選抜) 勝利
2-3 TEAM ニガマムシ(じょう、Rude-α) 敗北 漢a.k.a.GAMIとの2on2
2-7 TEAM 忌まわしロコズ(JAG-ME、TAIC) 勝利 輪入道との2on2
3-1 TEAM 梅田サイファー(peko、Kenny Does) 勝利 CHICO CARLITOとの2on2
3-3 TEAM ICE BAHN(FORK、玉露、KIT) 勝利 CHICO CARLITO、ACEとの3on3
3-4 CIMA(TEAM 関西ローカル) 敗北
4-2 TEAM 北海道選抜(言xTHEANSWER、Ry-lax) 勝利 T-Pablowとの2on2
5-2 TEAM パンチラインフェチズ(NAIKA MC、崇勲、TKda黒ぶち) 敗北 T-Pablow、CHICO CARLITOとの3on3
5-4 TEAM CINDERELLA MC's(あっこゴリラ、椿、FUZIKO) 勝利 R-指定、サイプレス上野との3on3
5-6 呂布カルマ 敗北
6-2 TEAM 92(SHIN、aoringo) 勝利 T-Pablowとの2on2
6-3 TEAM スーサイダーズ(MEGA-G、Lick-G、スナフキン) 勝利 T-Pablow、CHICO CARLITOとの3on3
7-3 TEAM アマチュアクルー(peko、ふぁんく、K-razy) 勝利 T-Pablow、サイプレス上野との3on3
TEAM 根深い人(KMC、たまちゃん) 勝利 R-指定との2on2
5th season
3-3 崇勲 勝利 初代モンスターvs2代目モンスター
ACE 敗北
8-4 CIMA 勝利 BATTLE OF BLACK MONSTER
8-5 ID 敗北
9-1 SAM&ID 敗北 BATTLE OF BLACK MONSTER 団体戦 崇勲とのチーム
9-2 晋平太&peko 敗北
9-3 BASE&CIMA&ミステリオ 敗北
9-4 じょう&9for&Novel Core 敗北
6th season
2-2 Tkda黒ぶち&ELIONE 勝利 BATTLE OF モンスター維新軍 団体戦 R-指定とのチーム
2-3 ふぁんく&T-TANGG&Doragon One 敗北
2-4 MCニガリa.k.a.赤い稲妻&HARDY 勝利
2-5 NAIKA MC&歩歩 勝利
Monsters War
TEAM T-Pablow(T-Pablow、TKda黒ぶち、USU a.k.a.SQUEZ) 勝利 掌幻、Dragon OneとTEAM DOTAMAとして参戦
TEAM 漢a.k.a.GAMI(漢a.k.a.GAMI、CIMA、SALVADOR) 勝利
TEAM R-指定(R-指定、KOPERU、HIDADDY) 勝利
東西口迫歌合戦
R-指定 敗北 東軍として参戦
Monsters War 2017
TEAM 崇勲(崇勲、NAIKA MC、CHICO CARLITO) 勝利 TEAM 輪入道として輪入道、MU-TONと参戦
TEAM FORK(FORK、サイプレス上野、SIMON JAP) 勝利
TEAM 呂布カルマ(呂布カルマ、R-指定、晋平太) 勝利
有名人が監督プロラッパーチームを作ろう!悶絶のガチバトルSP
輪入道(TEAM 渡部) 敗北 TEAM 品川としてFORK、崇勲と参戦
裂固(TEAM JESSE) 敗北
漢a.k.a.GAMI(TEAM ANARCHY) 勝利
ACE(TEAM ANARCHY) 勝利
呂布カルマ(TEAM ANARCHY) 敗北
R-指定(TEAM 渡部) 勝利


主なメディア出演[編集]

テレビ[編集]

  • おもろゲ動画SHOW 投稿!1000000000ビュー(TBS、2010年10月27日)[47]
  • 初めて○○やってみた(テレビ朝日、2014年7月2日)[48]
  • Eテレ・ジャッジ「THE PUNCH LINE〜素人が1週間でラッパーになる話〜」(NHK、2016年1月26日)[49]
  • フリースタイルダンジョン(テレビ朝日、2016年1〜2月、2016年5月〜2017年7月)
    • First Season Rec4-3〜5においてチャレンジャーとして登場。
    • Second Seasonからはモンスターとして登場(3rd Seasonまで)。登場曲は「音楽ワルキューレ2」(Second Season Rec1-3〜)→「楽曲のテーマは「テーマ」」(3rd Season Rec5-6〜)
    • Second Season Rec4-1(2016年8月9日放送)のライブコーナーにて「HEAD」を披露。
    • 3rd Season Rec5-3(2017年3月21日放送)のライブコーナーにて「ベストソング」を披露。
  • ヒルナンデス!日本テレビ、2016年8月24日)
  • せいこうユースケトーク!(TOKYOMX、2016年12月21日、28日)
  • 関ジャム 完全燃SHOW(テレビ朝日、2017年3月5日)
    • 「トークJAMスペシャル企画『音楽業界のプロが選ぶ!!今絶対に知っておくべき10代アーティスト!!』特集」のコーナーに出演。
  • 流派-R SINCE2001(テレビ東京、2017年4月21日、9月22日、29日、2018年2月9日、3月23日、2019年1月18日)
  • アメトーーク!(テレビ朝日、2017年4月27日)
  • ミュージックステーション(テレビ朝日、2017年6月16日)
    • "Dungeon Monsters"として"MONSTERS VISION"を披露
  • ビットワールド(NHK Eテレ、2017年11月17日)
  • TVアニメ「妖怪人間ベム」内「俺たちゃ妖怪人間」23話の、”ベロ、スターになるっ‼”前編に、本人役として声優出演
  • 音流~ONRYU~(テレビ東京、2018年4月6日、12月21日)
  • BAZOOKA!!!♯227(BSスカパー!、2018年4月16日)
  • 熱波(テレビ埼玉、2018年6月7日)
  • フリースタイルダンジョン(テレビ朝日、2018年6月12日~8月14日)
    • 5th Season Rec3-1 初代モンスターVS二代目モンスターに、初代モンスターとして登場。
  • ZIP!(日本テレビ、2019年2月26日)

テレビ(ドラマ)[編集]

舞台[編集]

  • 「TOKYO TRIBE」 書記長役(渋谷O-EAST 他、2017年9月〜10月)

インターネットテレビ、ネットストリーミング[編集]

  • 4%1der@WOMB開催記念 「4%1der SPECIAL PROGRAM 」(DOMMUNE、2010年9月22日)
    • Fragmentのライブに出演
  • 術ノ穴×REPUBLIC/ササクレフェスティバル3開催直前SP(DOMMUNE、2012年11月5日)
  • 術ノ穴10周年BEST「Hello!!! vol.0」発売記念「ササクレフェス新年会」(DOMMUNE、2015年1月22日)
    • Fragment×DOTAMAとしてライブ出演
  • KEN THE 390「超・STREAM on タワレボ」(Ustream、2015年8月26日)
  • THE GRAND MASTER SHOW(Ustream、2016年3月8日)
  • フリースタイルダンジョン特別編 Monsters War(AbemaTV、2016年7月3日)
  • THE GRAND MASTER SHOW(AbemaTV、2016年7月31日)
    • 「韻大喜利」のコーナーに出演
  • WHITE JAM LINE LIVE(LINE LIVE、2016年8月3日)
  • AbemaPrime(AbemaTV、2016年8月8日[50]、8月17日〜2017年9月20日 毎週水曜レギュラー[23][24]、2017年12月27日)
    • 水曜日レギュラーとして「MCファミリー×DOTAMAのラップdeニュース」のコーナーに出演。また、コメンテーターとしても出演。
  • オトナに!(AbemaTV、2016年12月25日)
  • フリースタイルダンジョン東西!口迫歌合戦完全攻略法スペシャル(AbemaTV、2016年12月28日)
  • フリースタイルダンジョン東西!口迫歌合戦(AbemaTV、2016年12月31日)
  • AbemaTV新春記念特別番組 BPM~BEST PEOPLE’s MUSIC~(AbemaTV、2017年1月1日)
  • 漢たちとおさんぽ#23~品川でカラオケ編~(FRESH!、2017年1月10日)
  • ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT(AbemaTV、2017年2月22日)
  • 第18回わにゅう道場(FRESH!、2017年7月26日)
  • 文春砲Live #20(週刊文春デジタル、2017年11月4日)
  • フリースタイルダンジョンMonstersWar 2017〜お前ら時代に忖度してる場合じゃねぇぞ!全員ブッ潰してやるスペシャル〜(AbemaTV、2017年12月30日)

ラジオ[編集]

  • ソラトニワFM「GOLDEN STEP」(ゲスト出演、2014年11月14日)
  • J-WAVEHELLO WORLD」(ゲスト出演、2016年2月17日)
  • InterFM「Young Blood」(ゲスト出演、2016年4月9日)
  • TOKYO FM鷹の爪団の世界征服ラヂヲ」(ゲスト出演、2016年6月30日[51]
  • InterFM 「TOKYO SCENE」(ゲスト出演、2016年7月1日)
  • J-WAVE「WORD FREAK」(ナビゲーター、2016年10月7日[27] - )
  • TS ONE「HITS ONE」(ゲスト出演、2016年12月23日)
  • NHKラジオ第一「すっぴん!」(ゲスト出演、2017年1月17日)
  • TOKYO FM「鈴木おさむのよんぱち」(ゲスト出演、2017年1月27日[52]
  • J-WAVE「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」(ゲスト出演、2017年2月18日)
  • TOKYO FM 「シン鷹の爪団の世界征服ラヂヲ」(ゲスト出演、2017年2月23日)
  • J-WAVE「MIZUHO Presents TOKYO NEW LIFE」(コメントゲスト出演、2017年3月20日)
  • J-WAVE「HIP HOP & FREE STYLE WORD STOMP」(ナビゲーター、2017年3月20日)
  • RADIO BERRY FM栃木ギュウゾウと里咲りさのアイドル☆パンチ!」(ゲスト出演、2017年7月20日)
  • J-WAVE「AVALON "VIBES & JIVE"」(ゲスト出演、2017年9月25日)
  • レインボータウンFM「ミュージックデリバリー」(ゲスト出演、2017年12月5日)
  • J-WAVE「STEP ONE」(ゲスト出演、2017年12月12日)
    • 「MUSIC +1」のコーナーにゲスト出演し「STEP ONE MUSIC AWARD 2017」で2017年HIPHOP部門を総括
  • TBSラジオ「THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ 好奇心家族」(ゲスト出演、2017年12月20日)
    • 「居候さんのコーナー」にゲスト出演
  • RADIO BERRY(FM栃木)「B・E・A・T」内「ラッパー・DOTAMAの栃木県をぶっ飛ばせ!」(2018年12月)
    • 2018年12月より、「B・E・A・T」内「ラッパー・DOTAMAの栃木県をぶっ飛ばせ!」という冠コーナーへレギュラー出演。
  • RADIO BERRY(FM栃木)「30分の冠番組」(レギュラー出演、2019年4月~)

CM[編集]

  • G PROJECT 「インスパイラルW」PV(FragmentとともにCM曲作成、2015年)[54]
  • クロレッツキャンペーン「スッキリコミュニケーション学」(出演、2015年)[55]
  • KLabGames「パズルワンダーランド」CM(FragmentとともにCM曲作成、2015年)
  • SQUARE ENIX スマートフォン用アプリ「解離性ミリオンアーサー」TVCM(ラップ、2016年[56]
  • キリン 氷結「氷結専用ICEBOXが当たる! 」キャンペーン(CM曲作詞・ラップ指導、2016年)[46]
  • 「ラップバトルアプリ Free Style Cloud」オリジナル動画(出演、2016年)[57][58]
  • 日清食品「日清のどん兵衛 東西食べ比べ 東西ラップ対立」キャンペーン オリジナル動画(出演、2016年)[59]
  • 電子チラシサービスShufoo!「主婦の夏休み応援キャンペーン」スペシャルムービー(ラップ、2016年)[60]
  • UHA味覚糖 × 鷹の爪「プロジェクトぷっちょ第2編#3」(作詞・出演、2016年)
  • からだのための歯科定期健診推進委員会 「『行こう!シカケン』PROJECT」CM (出演・CM曲提供、2016年)
  • 東芝Dynabook「人間 vs PC RapBattle」(出演、2016年)[61]
  • JAF(日本自動車連盟)「【防犯カメラ映像】ラップでアフレコしてみた」(声の出演、2016年)[62]
  • 映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」コラボ映像「【DOTAMA with 001(イワン・ウイスキー)】-CALL OF JUSTICE-」(出演、2016年)[63]
  • SQUARE ENIX スマートフォン向けRPG「サムライライジング」PR企画「Disられザムライ」Track6(出演、2017年)
  • DOTAMA VS 恭一郎 愛車自慢ラップバトル【映画ワイルド・スピード ✕ ダイキャストカー】(出演、2017年)
  • MCファミリー×日本ダービー コラボアニメ(声の出演、2017年)[64]
  • G PROJECT 「GPROコンドーム0.03」「GPROコンドームラージ」PV(RhymeTubeとともにCM曲作成、2017年)[65]
  • lute/ルーテ Concept Movie(出演、2017年)[66]
  • ティファニー×ゼクシィ「ティファニー・ブルー」(出演、2017年)
  • ポケモン公式YouTubeチャンネル「ピカチュウ vs ミミッキュ フリースタイルバトル」(ラップ・トラック監修・リリック制作・ラップ監修、2017年)[67]
  • ニトリ「君が旅立つ世界は素晴らしい。」(ラップ、出演、2018年)
  • マルマン『図案』60周年記念「図案~create the future~」(ハシダカズマと共にCM曲作成、出演、2018年)
  • 自動貯金アプリ『finbee』ブランドムービー「ふたりの違いはなんでしょう?」(RhymeTubeとともにCM曲作成、出演)2018年
  • 『リクナビNEXT』WEBCM(2018年)
  • 「DOTAMA×栃木トヨタ」コラボCM(2019年)
  • 英会話『ロゼッタストーン・ラーニングセンター』WEBCM(2019年)
  • DOTAMA×ニトリ「君も誰かのインフルエンサー」(ラップ、出演、2019年)
  • DOTAMA×栃木トヨタ」コラボCM第二弾(2019年)
  • 違法大麻撲滅キャンペーン「I'm Clean」(2019年)

映画[編集]

  • TOKYO TRIBE」 MCクローバー役(園子温監督、2014年)
  • 「イカれてイル?」(竹内道宏監督、2016年)[68]
  • 「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」 自衛官役(FROGMAN監督、2017年)[69]

著書[編集]

発行年月日 発行元 著書名
2018年5月24日 DLEパブリッシング 怒れる頭

幼少時代、学生時代、サラリーマン時代、そして、今までどこにも語られることのなかった家族の話、2006年の弟の自殺。「今の自分、今のスタイルを築きあげたものは何か」について赤裸々に綴っている。

その他[編集]

主なライブ・出演イベント[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

2018年[編集]

  • DOTAMA 2マンLIVE「社交辞令 vol.3」

インストアライブ・イベント[編集]

主なライブ・出演イベント[編集]

2018年[編集]

  • 1月6日 - 歌舞伎町爆音祭「新年からラウドにいこうぜ!」(新宿LOFT)
  • 1月23日 - KIND OF MAGIC VOL.3(渋谷La.mama)
  • 1月28日 - #NERIMA DANCE BBB NAKAMA FES(練馬文化センター大ホール)
  • 2月24日 - ササクレHIP HOP 2018(渋谷WOMB)
  • 5月3日〜5日(いずれか1日) - VIVA LA ROCK 2018(さいたまスーパーアリーナ)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「戦極最高会議 #1-4『DOTAMAに聞く20のコト』(動画)」(2014年9月4日)
  2. ^ フリースタイルダンジョン「DOTAMA THE ANSWER 100」(テレビ朝日、2016年8月23日放送)
  3. ^ 名刺を捨てた男◆第20回ラッパー・DOTAMAは生涯サラリーマン。“マインドサラリーマンラッパー”を謳う理由”. FOR M. 2017年11月8日閲覧。
  4. ^ a b dotamaインタビュー”. COMPASS. 2007年9月4日閲覧。
  5. ^ a b c 栃木の会社員だった異色ラッパー・DOTAMA「MCバトルは作品の一部」”. 日刊SPA!. 2016年3月20日閲覧。
  6. ^ DOTAMA「DOTAMATICA」”. DOTAMATICA.com. 2005年8月5日閲覧。
  7. ^ DOTAMA & OLD MACHINE「DOTAMA & OLD MACHINE」”. DOTAMATICA.com. 2010年4月7日閲覧。
  8. ^ DOTAMA「音楽ワルキューレ」”. DOTAMATICA.com. 2010年4月7日閲覧。
  9. ^ DOTAMA「ホーリーランド」”. DOTAMATICA.com. 2011年1月19日閲覧。
  10. ^ DOTAMA×USK「リストラクション~自主解雇のススメ~」”. DOTAMATICA.com. 2012年7月13日閲覧。
  11. ^ 〈マルチネ・レコーズ〉からドタマ×USKのニューEPが配信リリース!”. ele-king. 2012年8月16日閲覧。
  12. ^ 園子温監督『TOKYO TRIBE』オーディションに参戦中の笑うバトルMC、DOTAMAに注目。”. Qetic. 2013年5月22日閲覧。
  13. ^ DOTAMA×ハハノシキュウ「13月」”. DOTAMATICA.com. 2013年9月13日閲覧。
  14. ^ a b ゆるめるモ!×箱庭の室内楽の企画盤『箱めるモ!』がT-Paletteより登場!”. TOWER RECORDS ONLINE. 2013年12月17日閲覧。
  15. ^ The Best Of Japanese Hip-Hop: 25 Artists You Need To Know”. COMPLEX. 2015年1月27日閲覧。
  16. ^ DOTAMA「ニューアルバム」”. DOTAMATICA.com. 2015年8月12日閲覧。
  17. ^ DOTAMAニューアルバム、タイトルも「ニューアルバム」”. 音楽ナタリー. 2015年6月22日閲覧。
  18. ^ DOTAMA 『ニューアルバム』発売記念ワンマンライブ決定。ゲストにthe telephonesの松本&長島、ハハノシキュウ”. uroras.net. 2015年9月6日閲覧。
  19. ^ 『ワンマンご来場有り難うございました。』”. DOTAMA BLOG. 2015年9月18日閲覧。
  20. ^ DOTAMAがアニメ声優デビュー”. 音楽ナタリー. 2016年6月11日閲覧。
  21. ^ 決勝はDOTAMA対R-指定、因縁の対決 ヒップホップ史に残るエンディング【フリースタイルダンジョンモンスターウォー・決勝戦】”. AbemaTIMES. 2016年7月4日閲覧。
  22. ^ 「フリースタイルダンジョン特別編」優勝チームDOTAMAが新曲配信”. 音楽ナタリー. 2016年7月4日閲覧。
  23. ^ a b DOTAMA、オトナの事情をスルーして世間のニュースにラップで斬り込む”. 音楽ナタリー. 2016年8月17日閲覧。
  24. ^ a b 2016年8月17日放送”. Abema Prime. 2016年8月17日閲覧。
  25. ^ DOTAMA × Kuma the Sureshot「DIRECTORY」”. DOTAMATICA.com. 2016年9月1日閲覧。
  26. ^ DOTAMA×Kuma The Sureshot、コラボミニアルバムを限定販売”. 音楽ナタリー. 2016年8月1日閲覧。
  27. ^ a b J-WAVE 秋の番組改編 新番組・新ナビゲーターが続々登場 J-WAVE 81.3 FM RADIO”. J-WAVE. 2016年10月1日閲覧。
  28. ^ DOTAMA「DOTAMABEST」”. DOTAMATICA.com. 2016年12月21日閲覧。
  29. ^ a b DOTAMA初のベスト盤「DOTAMA BEST」に般若参加”. 音楽ナタリー. 2016年11月19日閲覧。
  30. ^ 佐野市が25、26日に「さのまるの日」イベント 全国33キャラ、ラッパーDOTAMAさんら市出身の音楽家出演”. 下野新聞. 2017年2月10日閲覧。
  31. ^ フランス開催のフェスに水カン、SEIHO、デデマウスら日本人アーティスト7組が出演!”. AndMore!. 2017年3月30日閲覧。
  32. ^ 「フリースタイルダンジョン」モンスター全員集合の“前代未聞”コラボ曲誕生”. 音楽ナタリー. 2017年6月5日閲覧。
  33. ^ 「「フリースタイルダンジョン」モンスター勢が「ミュージックステーション」に襲撃”. 音楽ナタリー. 2017年6月14日閲覧。
  34. ^ DOTAMAの謝罪会見行脚に岡崎体育、スカート、クリトリック・リスら出席”. 音楽ナタリー. 2017年5月15日閲覧。
  35. ^ 古谷実原作ドラマ「わにとかげぎす」で、DOTAMAとACEが取り立て屋に”. コミックナタリー. 2017年5月27日閲覧。
  36. ^ DOTAMAが髭を剃り、ダンスを踊る!? 舞台『TOKYO TRIBE』伊藤今人(梅棒)×植木豪×DOTAMAインタビュー”. SPICE. 2017年9月21日閲覧。
  37. ^ 『妖怪人間ベム』&新アニメ『俺たちゃ妖怪人間』の放送日時と主題歌が決定! 主題歌を歌うのは、自身初のタイアップ曲となるDOTAMAさん!”. animate Times. 2017年9月1日閲覧。
  38. ^ DOTAMAと鎮座DOPENESS、O-nestで社交辞令対バン”. 音楽ナタリー. 2017年8月23日閲覧。
  39. ^ DOTAMAが初めてUMBグランドチャンピオンに”. 音楽ナタリー. 2017年12月31日閲覧。
  40. ^ 「フリースタイルダンジョン」2017SP「呂布+R+晋平太」ドリームチームに興奮、優勝するのか”. T-SITEニュース. 2017年12月31日閲覧。
  41. ^ DOTAMA自伝「怒れる頭」 発売特設サイト” (日本語). DOTAMA. 2019年3月5日閲覧。
  42. ^ 自伝『怒張した頭』発売決定” (日本語). DOTAMA. 2019年3月5日閲覧。
  43. ^ UMB 2015 東京予選チャンピオン ”DOTAMA” Free Style(動画)”. UMB. 2015年11月25日閲覧。
  44. ^ 般若が語るUMB、MCバトル論(前編)”. Amebreak. 2009年3月28日閲覧。
  45. ^ EXCLUSIVE INTERVIEW”. 般若オフィシャルサイト. 2016年7月10日閲覧。
  46. ^ a b トレエン斎藤&ノンスタ井上新ユニットに☆Taku、DOTAMAが楽曲提供”. 音楽ナタリー. 2016年6月29日閲覧。
  47. ^ DOTAMAテレビ出演!!”. 術ノ穴blog. 2010年10月27日閲覧。
  48. ^ 初めて○○やってみた 7月2日(水)【週替わりMC】堀内健(ネプチューン)”. テレビ朝日. 2014年7月2日閲覧。
  49. ^ サ上、DOTAMAが素人にラップ教える特訓ドキュメンタリー VS JxJx合唱団物語”. 音楽ナタリー. 2016年1月8日閲覧。
  50. ^ 2016年8月8日放送”. Abema Prime. 2016年8月8日閲覧。
  51. ^ ラヂオルポ204回目っ!”. 鷹の爪.jp. 2016年7月7日閲覧。
  52. ^ DOTAMAが明かす「フリースタイルダンジョン」の楽屋裏”. Ameba News. 2017年1月28日閲覧。
  53. ^ テイ・トウワ&DOTAMA、ATCQを語り尽くす!”. J-WAVE NEWS. 2017年2月19日閲覧。
  54. ^ コンドームのPVがクセになる! Fragment×DOTAMAが放つクールな音楽”. KAI-YOU.net. 2015年5月25日閲覧。
  55. ^ 【Clorets スッキリ総研】DOTAMAのラップでスッキリ!カタレス(カタカナストレス)解消!職場コミュニケーションの新手法を提案”. PRTimes. 2015年6月15日閲覧。
  56. ^ 【乖離性MA】最新TVCMが公開!ラップ調で“エヴァ“と“ゴジラ”のコラボ情報を紹介”. ファミ通App. 2016年5月25日閲覧。
  57. ^ DOTAMA - FreeStyleCloud - ラップバトルアプリ(動画)”. freestylecloud info. 2016年7月8日閲覧。
  58. ^ DOTAMA DJBAKU ファナ江 による熱いトークとバトル!! ラップバトルアプリFSC!! (動画)”. freestylecloud info. 2016年7月24日閲覧。
  59. ^ どん兵衛めぐる東西ラップバトルにKEN THE 390、DOTAMA、ERONE、KOPERU”. 音楽ナタリー. 2016年7月12日閲覧。
  60. ^ 主婦 feat. DOTAMA、生活に役立つ裏ワザをラップで紹介”. 音楽ナタリー. 2016年7月29日閲覧。
  61. ^ クオリティー高い!ラッパーDOTAMAとPCがラップバトル!? dynabookのCMが超かっこいい”. ASCII.jp. 2016年10月17日閲覧。
  62. ^ よくある会計シーンをラップにのせたフリースタイル防犯カメラ映像 動画「【防犯カメラ映像】ラップでアフレコしてみた」3篇を公開”. JAFニュース. 2016年10月26日閲覧。
  63. ^ DOTAMAが『サイボーグ009』でラップ!「始める頭脳戦 マイク持てば優等生」”. KAI-YOU.net. 2016年11月7日閲覧。
  64. ^ DOTAMA出演アニメ「MCファミリー」が日本ダービーとコラボ、新作公開”. 音楽ナタリー. 2017年5月12日閲覧。
  65. ^ DOTAMA、コンドームの特性をラップで表現”. 音楽ナタリー. 2017年7月5日閲覧。
  66. ^ luteが日本初のInstagramストーリーメディアに『NEWTOWN』に代表登壇”. CINRA.NET. 2017年8月17日閲覧。
  67. ^ ピカチュウ vs ミミッキュのラップバトルをDOTAMAが監修”. 音楽ナタリー. 2017年12月11日閲覧。
  68. ^ MAGiC BOYZ映画、主題歌「ありのままでマジボ」リリース&MACKA-CHINら出演”. 音楽ナタリー. 2015年12月20日閲覧。
  69. ^ 山田孝之や知英がDOTAMAのラップを堪能。映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見【動画あり】”. 日刊SPA!. 2017年9月21日閲覧。
  70. ^ DOTAMAがアニメ声優デビュー”. 音楽ナタリー. 2016年6月11日閲覧。
  71. ^ Crazy Girl Exhibition&BAR”. パルコアート.com. 2016年9月12日閲覧。
  72. ^ DLE、有名ラッパーと共演できるDJアプリ『コエビイト』をリリース…DOTAMA・鎮座DOPENESS・吉田凜音らの録りおろしボイスも収録”. Social Game Info. 2017年12月7日閲覧。