DOWAホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DOWAホールディングス株式会社
DOWA Holdings Co., Ltd.
DOWA.svg
本社の入居する秋葉原UDX
本社の入居する秋葉原UDX
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5714
1949年8月5日上場
大証1部(廃止) 5714
1949年10月5日上場
略称 DHD
本社所在地 日本の旗 日本
101-8617
東京都千代田区外神田四丁目14番1号
秋葉原UDXビル22階
設立 1937年昭和12年)3月11日
(株式会社藤田組)
業種 非鉄金属
法人番号 1010001008750
事業内容 持株会社
代表者 山田政雄代表取締役会長
関口明(代表取締役社長
資本金 364億37百万円
発行済株式総数 309,946,031株
売上高 連結:4,547億54百万円
(2018年3月期)
営業利益 連結:309億48百万円
(2018年3月31日現在)
経常利益 連結:363億55百万円
(2018年3月31日現在)
純資産 連結:2,388億16百万円
(2018年3月31日現在)
総資産 連結:4,578億41百万円
(2018年3月31日現在)
従業員数 連結:6,777人 単独:71人
(2017年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 10.22%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 11.22%
藤田観光(株) 4.79%
(2018年3月31日現在)
主要子会社 DOWAメタルマイン(株) 100%
DOWAエコシステム(株) 100%
関係する人物 藤田伝三郎(創業者)、吉川廣和(元 会長)
外部リンク http://www.dowa.co.jp/
テンプレートを表示

DOWAホールディングス株式会社(どうわホールディングス、社名:DOWA Holdings Co., Ltd.)は、非鉄金属製錬加工環境リサイクルを主たる業務とする[1]DOWAグループ持株会社[2]。旧社名同和鉱業。かつては「藤田組(ふじたぐみ)」と呼ばれて藤田財閥の中核企業であった。なお、かつて同じく「藤田組」と称していた準大手ゼネコンフジタとは資本関係はない。

沿革[編集]

  • 1869年明治2年) - 藤田伝三郎が兄2人とともに大阪で藤田伝三郎商社を設立。当初は軍需の調達を行っていた。
  • 1879年(明治12年) - 藤田組贋札事件で藤田伝三郎が逮捕されるが、冤罪と判明して釈放される。
  • 1880年(明治13年) - 愛媛県市ノ川鉱山の経営に関与して鉱業に進出。
  • 1881年(明治14年) - 藤田組に社名変更。
  • 1884年(明治17年)9月 - 政府から小坂鉱山の払い下げを受ける。
  • 1887年(明治20年) - 大倉組大倉喜八郎と組んで土木事業進出。
  • 1893年(明治26年)12月 - 合名会社に改組。同時に軍需・土木事業を大倉組に譲渡(土木事業は現在の大成建設のルーツとなる)。
  • 1899年(明治32年)5月 - 本山彦一の元で児島湾干拓事業を開始(6年後に完成)、また同じ頃、久原房之助(創業に関与した伝三郎の次兄の息子)が鉱山事業の立て直しに成功する。
  • 1905年(明治38年) - 共同経営者として名を連ねていた伝三郎の長兄の息子達が独立(次兄の子である久原房之助はその2年前に独立)したため、伝三郎の単独経営となる。
  • 1911年(明治44年) - 大阪亜鉛鉱業を設立。
  • 1915年大正4年)4月 - 花岡鉱山を買収。
  • 1916年(大正5年)9月 - 柵原鉱山を買収。
  • 1917年(大正6年) - 藤田銀行を設立。鉱山部門を藤田鉱業株式会社として分離。
  • 1928年昭和3年) - 金融恐慌により藤田銀行破産。
  • 1937年(昭和12年)3月 - 合名会社藤田組と藤田鉱業株式会社が合併し、株式会社藤田組を設立する。
  • 1945年(昭和20年)12月 - 同和鉱業株式会社に社名変更。藤田鉱業株式会社を分離。
  • 1955年(昭和30年) - 藤田興業株式会社(元、藤田鉱業株式会社)から藤田観光株式会社を分離。
  • 1957年(昭和32年)9月 - 藤田興業株式会社を合併。
  • 1990年平成2年)1月 - 同和興産株式会社を合併。
  • 1991年(平成3年)4月 - 東京熱処理工業株式会社を合併、サーモテック事業本部を設置。
  • 2000年(平成12年)4月 - 社内カンパニー制を導入。
  • 2006年(平成18年)10月 - DOWAホールディングス株式会社に社名変更、持株会社制に移行。事業会社DOWAメタルマインDOWAエコシステム、DOWAエレクトロニクス、DOWAメタルテック、DOWAサーモテックを設立。

なお、藤田興業㈱から観光部門が分離・独立して設立された会社が藤田観光㈱であることから、DOWAは現在でも藤田観光の株式のうち31.8%を保有している。

DOWAグループ[編集]

事業会社[編集]

事業サポート会社[編集]

  • DOWAマネジメントサービス
  • DOWAテクノロジー株式会社

主な事業子会社[編集]

DOWAメタルマイン関連会社
  • 秋田製錬株式会社
  • 秋田ジンクソリューションズ株式会社
  • 秋田ジンクリサイクリング株式会社
  • 秋田リサイクル・アンド・ファインパック株式会社
  • 秋田レアメタル株式会社
  • 株式会社アシッズ
  • 小坂製錬株式会社
  • ジンクエクセル株式会社
  • 株式会社日本ピージーエム
DOWAエコシステム関連会社
DOWAエレクトロニクス関連会社
DOWAメタルテック関連会社
  • DOWAパワーデバイス株式会社
  • 新日本ブラス株式会社
  • DOWAメタル株式会社
  • DOWAメタニクス株式会社 - 旧:ヤマハメタニクス株式会社
  • DOWAオーリンメタル株式会社 - 旧:ヤマハ・オーリンメタル株式会社
  • 豊栄商事株式会社
  • DOWAハイテック株式会社
DOWAサーモテック関連会社
  • DOWAサーモエンジニアリング株式会社
  • 東熱興産株式会社
  • 株式会社セム
その他関連会社
  • 藤田観光株式会社
  • 卯根倉鉱業株式会社
  • DOWAテクノリサーチ株式会社
  • 秋田工営株式会社
  • 昭和開発工業株式会社
  • DOWAテクノエンジ株式会社
  • 陽和工営株式会社
  • 同和興産株式会社

出典[編集]

  1. ^ DOWAホールディングス株式会社公式サイト「DOWAグループの事業」
  2. ^ DOWAホールディングス株式会社公式サイト「DOWAホールディングス会社概要」

関連項目[編集]