DREAM.12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
DREAM.12
イベント詳細
シリーズ DREAM
主催 FEG
開催年月日 2009年10月25日
開催地 日本の旗 日本
大阪府大阪市
会場 大阪城ホール
開始時刻 午後3時
試合数 全9試合
放送局 スカイパーフェクTV!
TBS(地上波)
入場者数 10,112人
イベント時系列
DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦 DREAM.12 DREAM.13

DREAM.12(ドリーム・トゥエルブ)は、日本総合格闘技イベントDREAM」の大会の一つ。2009年10月25日大阪府大阪市大阪城ホールで開催された。

大会概要[編集]

DREAMでは初導入となるヘキサゴンケージで全試合が行われ、試合時間も5分3Rとなった。

メインイベントでは、2009年9月26日のK-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16で決勝大会進出を決めたばかりのアリスター・オーフレイムジェームス・トンプソンと対戦し、開始33秒フロントチョークで一本勝ち。

メルヴィン・マヌーフの負傷欠場[1]により、DREAM.11からの連続参戦となった桜庭和志ゼルグ・"弁慶"・ガレシック膝十字固めで一本勝ち。

ユン・ドンシクと対戦予定であったパウロ・フィリオは連絡のないまま来日せず欠場となり[2]、代わりにタレック・サフィジーヌが緊急参戦し、ドンシクと対戦した[3]

大会前の告知では、田村潔司アンドリュース・ナカハラムリーロ・ニンジャの名前も挙がっていたが、参戦は実現しなかった[4]

試合結果[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 宮下トモヤ vs. 日本の旗 藤原敬典 ×
3R終了 判定3-0
第2試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 弘中邦佳 vs. 韓国の旗 パーキー ×
1R終了時 TKO(タオル投入:左目の負傷)
第3試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 前田吉朗 vs. アメリカ合衆国の旗 チェイス・ビービ ×
1R 3:36 裸絞め
第4試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
韓国の旗 ユン・ドンシク vs. ベルギーの旗 タレック・サフィジーヌ ×
3R終了 判定2-1
第5試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 柴田勝頼 vs. 日本の旗 石澤常光 ×
1R 4:52 TKO(レフェリーストップ:左フック→パウンド
第6試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 桜庭和志 vs. クロアチアの旗 ゼルグ・"弁慶"・ガレシック ×
1R 1:40 膝十字固め
第7試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
リトアニアの旗 マリウス・ザロムスキー vs. 韓国の旗 ペ・ミョンホ ×
1R 0:19 KO(左ハイキック)
第8試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エディ・アルバレス vs. 日本の旗 菊野克紀 ×
2R 3:42 肩固め
第9試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
オランダの旗 アリスター・オーフレイム vs. イングランドの旗 ジェームス・トンプソン ×
1R 0:33 フロントチョーク

脚注[編集]