DREAM.3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND
イベント詳細
シリーズ DREAM
主催 FEG
TBS
開催年月日 2008年5月11日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全8試合
放送局 スカイパーフェクTV!
HDNetPPV
TBS(地上波)
入場者数 21,789人[1]
イベント時系列
DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦 DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND

HEIWA DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND(へいわ ドリーム・スリー ライトきゅうグランプリにせんはち セカンドラウンド)は、日本総合格闘技イベント「DREAM」の大会の一つ。2008年5月11日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。

本大会では、ライト級(70kg以下)グランプリのトーナメント2回戦、およびミドル級(84kg以下)グランプリのトーナメント1回戦の一部が行われた。

大会概要[編集]

ライト級グランプリ[編集]

ライト級グランプリ2回戦のうち3試合が行われ、川尻達也エディ・アルバレス宇野薫が準決勝進出を決めた。第5試合終了後のインターバルでは、次大会でライト級グランプリ2回戦の残り1試合を戦う青木真也永田克彦がリング上で挨拶した。

ミドル級グランプリ[編集]

DREAM.2で行われなかったミドル級グランプリの1回戦の残り1試合が行われ、ジェイソン・"メイヘム"・ミラーが2回戦進出を決めた。また、リザーブマッチではメルヴィン・マヌーフキム・デウォンを降しリザーバーの権利を獲得した。

その他[編集]

HDNetが「HDNet Fights: DREAM.3」としてPPV中継を行った。

試合結果[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ(67kg契約) 1R10分、2R5分
日本の旗 山崎剛 vs. 日本の旗 昇侍 ×
2R終了 判定3-0
第2試合 ミドル級グランプリ 1回戦 1R10分、2R5分
アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・"メイヘム"・ミラー vs. 日本の旗 柴田勝頼 ×
1R 6:57 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
※ミラーがグランプリ2回戦進出。
第3試合 ミドル級グランプリ リザーブマッチ 1R10分、2R5分
オランダの旗 メルヴィン・マヌーフ vs. 大韓民国の旗 キム・デウォン ×
1R 4:08 TKO(レフェリーストップ:パウンド
※マヌーフがリザーブ権獲得に成功。
第4試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 中村大介 vs. 大韓民国の旗 チョン・ブギョン ×
2R 1:05 TKO(レフェリーストップ:右ストレート)
第5試合 DREAMウェルター級チャンピオンシップ代表者決定戦(77kg契約) 1R10分、2R5分
アメリカ合衆国の旗 ニック・ディアス vs. 日本の旗 井上克也 ×
1R 6:45 TKO(タオル投入:スタンドパンチ連打)
※ディアスが王座挑戦権獲得に成功。
第6試合 ライト級グランプリ 2回戦 1R10分、2R5分
日本の旗 川尻達也 vs. ブラジルの旗 ルイス・ブスカペ ×
2R終了 判定3-0
※川尻がグランプリ準決勝進出。
第7試合 ライト級グランプリ 2回戦 1R10分、2R5分
アメリカ合衆国の旗 エディ・アルバレス vs. ノルウェーの旗 ヨアキム・ハンセン ×
2R終了 判定3-0
※アルバレスがグランプリ準決勝進出。
第8試合 ライト級グランプリ 2回戦 1R10分、2R5分
日本の旗 宇野薫 vs. 日本の旗 石田光洋 ×
2R 1:39 チョークスリーパー
※宇野がグランプリ準決勝進出。

脚注[編集]