DROP (SQL)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

DROPステートメントは、関係データベース (RDBMS) からオブジェクトを削除する、SQLにおけるデータ定義言語 (DDL) ステートメントの1つである。 RDBMSにより削除可能なオブジェクトは異なる。しかしほとんどのRDBMSは、テーブル、ユーザ、データベースの各オブジェクトの削除は可能である。PostgreSQL等いくつかのシステムではDROP等のDDLステートメントの実行に伴い、内部的にトランザクションを発生させ、ロールバックが可能である。

DROPステートメントとDELETEステートメントは異なる。例えば、DELETEステートメントはテーブルから選択されたあるいは全てのデータを削除するが、一方DROPステートメントはデータベースからそのテーブル自体を削除する。

構文[編集]

DROP オブジェクトタイプ オブジェクト名1 [,オブジェクト名2・・・];
主なオブジェクトタイプ:
TABLE(表)
VIEW(ビュー
INDEX(索引)
DATABASE(データベース)
USER(ユーザ)

サンプル[編集]

employeesという名前のテーブルを削除する:

 DROP TABLE employees;