DR MOVIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
株式会社DR MOVIE
주식회사 디알무비
DR MOVIE Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 DR
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
152-050
ソウル市九老区九老洞3街212-26
Digital Valley I 9F
設立 1990年11月
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 Jeong-Gyun JeongCEO
Young-Mok, JungCFO
Ha Man Joo監査役
主要株主 マッドハウス
主要子会社 日本の旗 DR TOKYO
外部リンク http://www.drmovie.biz/
テンプレートを表示

株式会社DR MOVIE(ディーアールムービー、: 주식회사 디알무비: DR MOVIE Co.,Ltd.)は、韓国アニメ制作会社である。社団法人韓国アニメーション制作者協会会員[1]

概要・沿革[編集]

現CEC(最高経営責任者)であるチョン・ジョンギュン(정정균Jeong-Gyun Jeong)がかつて勤めていたアニメスタジオから独立し、1990年に設立したのがDR MOVIE(以降DR)である。

日本のアニメでは、主に「D.R.MOVIE」「DRムービー」などとクレジットされている。

当時まだまだ無名であったDRに仕事を任せたのが日本のアニメ制作会社・マッドハウスである。1991年に仕上げ作業の下請けを引き受けたのがきっかけとなり、現在に至るまでDRとマッドハウスは良好な関係を保ち続け、2001年にはマッドハウスが資本出資を行い、一部を子会社化した。現在では日本・アメリカなどのアニメ制作会社からも動画仕上げなどを中心に仕事を引き受けている。社員数も設立当時は20人ほどだったが現在は400名前後のスタッフが所属し、韓国のアニメ制作会社でも大手に位置づけられている。また自社に作画・仕上・美術・CG・撮影・編集部門を完備しているため、一貫作業が出来る環境となっている[2]

作品履歴[編集]

元請制作[編集]

制作協力[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

原画・動画・仕上げなど[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 協会のホームページ会員社リストの8番目に登録されている。英語版リストでも確認できる。
  2. ^ 「ゲド戦記の作り方」2006年04月13日 番外編 「韓国・アニメーションスタジオ訪問記」-後編-
  3. ^ サルト, ダン (2018年11月14日). “Marge Dean Brings Anime and Inclusion Together at Crunchyroll Studios”. Animation World Network. 2019年12月4日閲覧。
  4. ^ ⭐️Raye Rodriguez🌙 [@dinoraye] (23 May 2019). "Guh, we got some reeeeeally cool animation back from Korea today, I wish I could share itttttt" (ツイート). Twitterより2019年12月4日閲覧
  5. ^ High Guardian Spice - Tumblr: The CalArt Anime”. Kiwi Farms (2019年5月25日). 2019年12月4日閲覧。
  6. ^ High Guardian Spice 9/1/18 Panel”. Pastebin (2018年9月2日). 2020年4月26日閲覧。
  7. ^ YAWARA! それゆけ腰ぬけキッズ!! マッドハウス、2019年1月14日閲覧。

関連項目[編集]