DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DSサスペンスシリーズ > DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」
「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」
ジャンル 推理アドベンチャー
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 テクモ
メディア DSカード
発売日 2007年10月11日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
売上本数 22万本[1]
その他 バックアップ機能付き
テンプレートを表示

DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」』(ディーエスにしむらきょうたろうサスペンス あらたたんていシリーズ きょうと・あたみ・ぜっかいのことう さついのわな)は、テクモから発売されたニンテンドーDS用ソフト。携帯電話端末向けに移植されており2008年に開設された「西村京太郎&山村美紗サスペンス」にて配信[2]

解説[編集]

多くの作品がテレビの2時間ドラマ化されることで知名度が高い推理作家西村京太郎が監修するテキストアドベンチャーゲーム。演出は2時間サスペンスドラマを意識しており、タイトルの時には「提供:TECMO」のクレジットが登場。場面転換の際には「DS西村京太郎サスペンス」のロゴが効果音に合わせて輝くアイキャッチが挿入される。また、BGMもその手のドラマをイメージさせる「それっぽい」音楽となっている。

プレイは、タッチスクリーンを使ったシンプルな操作方法を採用しているので、子供から大人まで誰でも気軽に「本格サスペンス」が堪能出来る。また、ゲーム本編の長編ストーリーとは別に“West Village”というホームページにあるという設定の短編推理クイズが50問用意されており、本編と並行してプレイすることが可能[3]

タイトルには「新探偵シリーズ」と記載されており「新しい」探偵のシリーズ物と思われがちだが、「新」は「しん」ではなく「あらた」であり、主人公の新(あらた)探偵のことを指している。

登場人物[編集]

新 一新(あらた いっしん)
主人公で35歳。元は普通のサラリーマンだったが、父・賢新を殺害されたショックで海外を3年間放浪。父と同じ探偵となる決意をし帰国する。
新 賢新(あらた けんしん)
一新の父で元刑事の凄腕探偵。3年前に不可解な死を遂げる。享年52。
京 明日香(きょう あすか)
一新の幼馴染の28歳。賢新の助手を務めていたが、一新が日本を離れていた間に探偵を辞め、京都老舗旅館の仲居となっていた。本作では激怒する姿が非常に多く描かれている。
県 誠之助(あがた せいのすけ)
あだ名はガタさん。賢新とは学生時代からの親友の刑事だったが、とある事情で現在は退職している。一新や明日香にアドバイスを送る。
京太郎くん(きょうたろう)
原作者・西村の分身的キャラ。物語の一区切りごとに現れてはプレイヤーに良きアドバイスを送る。

ストーリー[編集]

第一章「四畳半の迷宮」
探偵だった父を3年前に亡くし、悲嘆の海外放浪の末に、自らも探偵となって遺志を継ぐことを決意した新 一新。かつて父の助手を勤めていた幼馴染・京 明日香を連れ戻すために、京都の老舗旅館に向かう一新だったが、旅館の従業員として働く明日香にその気は無かった。
失意に言葉を失う一新の前に、血まみれの仲居が駆け込んでくる。「女将さんが亡くなっています!」一新と明日香は殺人事件の渦中へと巻き込まれて行く。
第二章「愛憎の箱庭」
京都の事件を解決し、新幹線で東京に戻る一新と明日香。しかし、乗っていた新幹線は爆弾を仕掛けたとの予告により熱海駅で緊急停車する。車中で偶然見かけた男の様子を不審に思った一新達は熱海で下車して男の行方を捜すも、そのせいで警察に爆弾事件の犯人と疑われてしまう。
父の親友で元刑事の県 誠之助のおかげで無事釈放された一新は、車内で見かけた男の住む都内のマンションへ向かうも、その室内で女性の死体を発見する。果たしてこの女性は何者なのか。そして爆弾事件との関連は?
第三章「壊れた相似形」
営業再開前の一新達の事務所を奇妙な依頼人が訪れる。脅迫されるような形で明日香と共に絶海の孤島へと連れて来られた一新は、島にそびえるビルを見て絶句する。それは3年前に父の新 賢新が殺されたビルをそっくりそのまま再現したものだったのだ。
新たちと同様に島に連れてこられた県とビル内で再会後、賢新を殺した犯人として裁判中の男の無実を翌日の裁判までに証明してほしいとの依頼を不本意ながら引き受ける一新。しかし、ビルの中では3年前とほぼ同様の状況で新たな殺人が発生する。これは3年前の事件といかなる繋がりが[4]?

スタッフ[編集]

  • 原案・監修 - 西村京太郎
  • プロデューサー - 設楽昌宏

注釈[編集]

  1. ^ 決算概況と今期の事業計画(2008年2月21日開催) (PDF)” (日本語). コーエーテクモホールディングス株式会社 (2008年2月21日). 2011年10月27日閲覧。
  2. ^ 西村&山村サスペンス作品が楽しめるiモード用サイトがオープン”. 電撃オンライン (2008年8月19日). 2017年5月12日閲覧。
  3. ^ 問題開始時には「矢島喜八郎」なる人物の言葉が表示されるが、これは西村京太郎の本名である。
  4. ^ 西村京太郎の十津川警部シリーズの中に本章の原案となったと思われる『七人の証人』という作品が存在する。

関連項目[編集]