DTDP-L-ラムノース-4-エピメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
dTDP-L-ラムノース-4-エピメラーゼ
識別子
EC番号 5.1.3.25
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

dTDP-L-ラムノース-4-エピメラーゼ(dTDP-L-rhamnose 4-epimerase、EC 5.1.3.25)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

dTDP-6デオキシ-β-L-タロース\rightleftharpoonsdTDP-6デオキシ-β-L-マンノース

系統名は、dTDP-6デオキシ-β-L-タロース エピメラーゼ(dTDP-6-deoxy-beta-L-talose 4-epimerase)である[1]

平衡は、右側に大きく偏っている。

出典[編集]

  1. ^ Yoo, H.G., Kwon, S.Y., Karki, S. and Kwon, H.J. (2011). “A new route to dTDP-6-deoxy-L-talose and dTDP-L-rhamnose: dTDP-L-rhamnose 4-epimerase in Burkholderia thailandensis”. Bioorg. Med. Chem. Lett. 21: 3914–3917. PMID 21640586.