Dark Blue

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dark Blue
対応機種 Windows 2000/XP/Vista
発売元 LiLiM DARKNESS
ジャンル AVG
発売日 2009年11月27日
メディア DVD-ROM
テンプレートを表示

Dark Blue』(ダークブルー)は、2009年11月27日にLiLiM DARKNESSから発売されたアダルトゲーム。および、それを原作とする成人向けOVA

2012年4月には、PoROから本作を原作とする成人向けOVAが発売された。

概要[編集]

寝取られを題材としたBlueシリーズ第5作である本作はサスペンス色の強い作品となっている[1]。 猟奇的な場面も存在しており、特に千堂リナとリオが死亡するシーンは「双子合体」として知られている[2]。 シナリオライターの和泉万夜は、このシーンが採用された時の様子について「双子の死に方案を4つ提出した際、絶対選ばれないだろうと思った4番目が選ばれたときは驚いた」と自身のツイッターの中で振り返っている[3]

あらすじ[編集]

友人・伊能玲矢に誘われ、哀沢雪斗は知人たちを集めて旅行に行った。だが、道中、連続殺人犯が滞在予定の洋館に逃げ込んだというニュースがカーラジオから飛び込んできた。不安を覚えた彼らだが、旅行は続行することになった。そして、楽しいはずの避暑旅行は惨劇へと変わった。

登場人物[編集]

※声優はゲームのもの、OVA版は声優非公表。

哀沢 雪斗(あいざわ ゆきと)
本作の主人公。聖桜学園2年生。真面目で勉強は良くできるがだが内気。音羽とは幼馴染で、彼女に対して思いを寄せていた。また、義姉である鈴香に対しては姉以上の感情を抱いていた。
久遠寺 音羽(くおんじ おとは)
声:澄白キヨカ
玲矢の幼馴染。聖桜学園2年生。学園の人気者である文武両道な美少女だが、純粋な性格のあまりだまされやすい一面を持つ。
玲矢とは幼馴染で許嫁同士だが、当人同士は親の決めた婚姻関係に関しては否定的である。
哀沢 鈴香(あいざわ すずか)
声:早乙女綾
雪斗の義姉。
聖桜学園の生徒会長を務めており、その万能ぶりと明るい性格から校内での人気は高い。
雪斗にはべた甘で、気まぐれな性格を見せる。
アニス・レナフォード
声:星野みく
音羽のクラスメートである人気アイドル。実家は資産家で、実母はハリウッドで有名な女優。
雪斗に思いを寄せている。


伊能 玲矢(いのう れいや)
声:原田友貴
雪斗の友人で、本作の舞台となる洋館は、彼の父親である大手銀行の社長のものである。
事件の発端となる山奥の避暑地への旅行を企画した。
音羽の許嫁だが、当人同士は親が決めたその関係に関して否定的である。
吉良 英二(きら えいじ)
声:こんつ
玲矢の幼馴染で、広域暴力団・吉良会の跡取り息子。多くの舎弟を従えるだけの男らしさと強さを持つが、本来は凶暴な人物であり、キレると大変なことになる。
音羽に思いを寄せていた。
真岡 ジュン(まおかじゅん)
声:島田友樹
アニスのマネージャー。かつてはアイドルだったがうまくいかず、ナルシストということもあり現在の地位に不満を抱いており、事務所に対しても逆恨みしている。

その他[編集]

千堂リナ(せんどう りな)
声:渋谷ひめ
琴美の友人。多くのルートで凄惨な末路をたどる。
千堂リオ(せんどう りお)
声:神崎ちひろ
リナの双子の妹。姉とともに、多くのルートで凄惨な末路をたどる。
ほのか
声:広森なずな
洋館に勤めるメイド。玲矢に対してのみ忠実。
哀沢 琴美(あいざわ ことみ)
声:佐倉もも花
雪斗の義妹。おとなしい性格で、いつも兄や姉の後ろについていた。
犬飼 裕明(いぬかい ひろあき)
声:島田友樹
雪斗の友人で、琴美に想いを抱いている。
ナイジェル・ローウェン
声:こんつ
洋館に勤める執事。玲矢に対してのみ忠実。
連続殺人犯
伊能家の洋館に逃げ込んだ殺人鬼。館を訪れた女性たちを狙って凶行に走る。
鷹峰 五郎(みねぎし ごろう)
声:植木亨
雪斗達のクラスの担任教師で、教え子たちの引率と言う名目で同行した。規律に厳しい人物で、自由な校風を目指す鈴香とは対立関係にある。

スタッフ・主題歌[編集]

OVA[編集]

OVA版は、原作のシナリオには沿っているが、殺人シーンは一瞬で終わるものが多く、全体的には猟奇性が減り、寝取られの要素が強い作品となっている[2]

Vol.1〜ミつめる恥ぢらい〜
2012年4月27日発売。[4]
Vol.2〜見せつけられる……ヌくもり〜
2013年3月29日発売。[5]

反響[編集]

これまでの『Blue』シリーズにはなかった猟奇表現が本作に採用された結果、アダルトゲームのファンの間では鬱ゲーであると同時に猟奇ゲーとしても知られるようになり、特に千堂リナとリオが死亡するシーンは「双子合体」と呼ばれた[2]。 「双子合体」という言葉が広がった結果、「『Blue』シリーズに猟奇性は不要である」という意見や、「『双子合体』ときいてプレイしてみたが物足りなかった」といった賛否両論がファンの間で巻き起こった[2]

穴リスト猫はおたぽるによせた記事の中で、「今(2017年)プレイしてみると、『双子合体』のシーンが突出していただけであり、当時騒がれていたほど猟奇的な要素は目立っていなかった」とした一方で、「陰鬱で理不尽な展開と主人公のへたれぶりからして、これぞLiLiM DARKNESSともいうべき鬱ゲーだった」と評価した[2]。 また、穴リスト猫はOVAについて「猟奇性が抜けた分『Blue』シリーズ本来の良さが現れた」と評価している[2]

脚注[編集]

  1. ^ 襲い来る連続殺人犯の魔の手からヒロインたちを守り抜け! 『DARK BLUE』11月27日発売!” (2009年10月30日). 2015年4月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 穴リスト猫 (2017年9月25日). “鬱ゲー『Dark Blue』のエロアニメは、伝説の「双子合体」や猟奇要素完全排除のNTRエロ特化OVA!!”. おたぽる. サイゾー. 2017年9月25日閲覧。
  3. ^ @banya_izumi (2012年11月8日). "『Dark Blue』と言えば、当時一部でちょっと話題になってたらしい仮面ライダーW的なアレですが、双子の死に方案4つの中で、「絶対選ばれないだろう4番目が「じゃあ、これで」と返事もらったときはこっちがびびったのも今では良い思い出。" (ツイート). Twitterより2020年5月10日閲覧
  4. ^ Dark Blue Vol.1~ミつめる恥ぢらい~ 初回限定版”. Getchu.com. 2015年10月23日閲覧。
  5. ^ Dark Blue Vol.2~見せつけられる……ヌくもり~ 初回限定版”. Getchu.com. 2015年10月23日閲覧。