Dead by Daylight

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dead by Daylight
ジャンル 非対称型対戦サバイバルホラーゲーム
対応機種 Microsoft Windows
PlayStation 4
Xbox One
Nintendo Switch
開発元 Behaviour Interactive
発売元 [PC]Behaviour Digital Inc.
[PS4/XBOne]505Games[1]
人数 最大5人(4対1)
メディア ダウンロード
発売日 [PC]2016年6月
[PS4]
アメリカ合衆国の旗2017年6月23日
日本の旗2018年4月4日(DL版専売)
[XBOne]2017年6月23日
[Switch]2019年9月24日
対象年齢 ESRBM(17歳以上)[2]
CEROZ(18才以上のみ対象)[3]
コンテンツ
アイコン
[ESRB]Blood and Gore,Intense Violence,Language[2]
[CERO]暴力[3]
ダウンロード
コンテンツ
あり
エンジン Unreal Engine 4
テンプレートを表示

Dead by Daylight』(デッド バイ デイライト)は、カナダのゲーム会社Behaviour Interactive英語版が開発し、Starbreeze Studios英語版より発売された非対称型対戦サバイバルホラーゲーム[4]。主な略称は、「DBD」。

Windows版は2016年6月に発売され[5][6]PlayStation 4Xbox One版は2017年6月23日に発売された[7][8][9]。日本国内ではPS4版が2018年4月4日にPlayStation Store専売の「スペシャルエディション」として配信された。

システム[編集]

非対称型対戦アクションゲームである本作は、1人のプレイヤーが殺人鬼(キラー)を操作し、残りのプレイヤーたちが生存者(サバイバー)を操作する仕組みとなっている。生存者役となるプレイヤーは4人参加する[10]

殺人鬼役のプレイヤーのゲーム画面は一人称視点で表示され、生存者役のプレイヤーの画面は三人称視点で表示される[10]。また、生存者全員の状況がアイコンとして表示され、例えば殺人鬼に襲われて傷を負っている場合は足を引きずった人間のアイコンが表示され、殺人鬼によってフックに吊るされている場合はフックのアイコンが表示される。

殺人鬼役のプレイヤーは、複数の殺人鬼の中から1人を選択し、同様に生存者役のプレイヤーも複数いる生存者たちの中から1人を選択する。なお、チーム内で複数のプレイヤーが同じ生存者を選ぶことも可能である[10]

生存者の行動[編集]

生存者はフィールド上の発電機のうち5つを修理して電源を回復させ、2つあるゲートのうちのどちらかを開いて脱出することが目的である[10]。生存者の数が減るほど5つの発電機を修理することが難しくなるが、救済措置としてゲートが開いていなくても生存者の人数+1つ分の発電機を回していれば、ゲートとは別にハッチが出現する。生存者が残り一人になった場合ハッチが解放されそこから脱出することができる。ただし、殺人鬼はこれを閉じることもでき、その場合は2分以内に鍵アイテムを所持してハッチへ向かうか、ゲートから脱出できないと強制敗北となる。

発電機を修理することで修理ゲージが上昇し、ゲージが満タンになると修理が完了したとみなされる[10]。ただし、修理中の発電機は音が出ることから殺人鬼に気付かれやすく[11]、ランダムでスキルチェックというQTEが発動し、タイミングに合わせてキーを押すミニゲームが始まる[10]

もし、スキルチェックに失敗した場合は修理ゲージが減る。しかも発電機の爆発によって大きな音が発生する上、殺人鬼側のプレイヤーの画面に爆発を起こした発電機の位置が示されるため、殺人鬼に生存者の居場所が露見する[12]

殺人鬼から攻撃を受けると負傷状態となりうめき声をあげ、さらに血痕を残してしまう。そこで自分で治療するか、誰かに治療してもらうことで万全の状態に戻ることができる。

殺人鬼への対処として、生存者が殺人鬼に対して可能な攻撃は、マップ上にあるパレット(板)を当てたり後述するアイテムの一つである懐中電灯を使ってひるませる程度で殺人鬼を倒すことは不可能である。基本的に殺人鬼よりも移動速度が遅いが、マップ上にある窓枠を乗り越える速度が速いほか、パレットを倒して道をふさいだり直接当ててひるませることができる。ただし窓枠は同じ所を何度も超えると封鎖されて一定時間乗り越え不能になり、パレットは一度倒すと元に戻すことはできない。また殺人鬼は倒れたパレットを破壊できる。

殺人鬼の攻撃を2回受けると生存者はその場に這いつくばった状態となり、殺人鬼は倒れた生存者を担ぐことができる。担がれている段階で特定のキーを押し続けてゲージを満たすことで振りほどくことができる[10]。振りほどいた後殺人鬼は一定時間ひるみ、生存者は負傷状態で起き上がることができる。仮に担がれなかったとしても、倒れた状態になると自力では立ち上がれなくなり、他の生存者の治療を受け助け起こしてもらう必要がある。(特定のパークで回復ができる場合がある)

担がれた後にフックに吊るされると生存者の体力が少しずつ減少し、半分を切ると周囲にエンティティと呼ばれる大きな爪の様なものが現れ、対応するキーを連打してもがかなければ、爪に攻撃され死亡(ゲームから退場)してしまう。また体力が底をついてもエンティティが生存者を攻撃し、死亡する。フックに吊るされている時他の生存者にフックから外してもらうことができ[10]、体力が半分を切っていなければ自力でフックを抜け出すこともできる。ただし抜け出せる確率は4%と低く、失敗すると体力が追加で減少する。また倒された状態が長引いたり、フックに3回吊るされる(あるいは体力が半分を切った状態で吊るされると2回)と死亡する。

殺人鬼の行動[編集]

殺人鬼の目的は、最終的にすべての生存者をエンティティに捧げる(皆殺しにする)ことである[10]。死亡させるには攻撃後に這いずり状態で放置、フックに吊るす、特定の条件を満たし殺人鬼の手によって生存者を殺害するといった方法をとる必要がある。

殺人鬼は移動速度が速い一方、障害物を乗り越えたり破壊したりする動作が遅い。生存者が走ると無数の赤い線による痕跡が残り、逃走経路が分かるようになっている。逆に一部の例外を除き、殺人鬼が近づくと生存者に心音が聞こえるため、殺人鬼が姿をさらす前に生存者が逃げたり隠れてしまうこともある。[10]

また生存者を攻撃するだけでなく、生存者が修理する発電機を攻撃して修理の進捗を遅らせ、脱出を妨害することができる。

殺人鬼はそれぞれメイン装備とサブ装備の2種類の武器を持つが、原則生存者に直接とどめを刺すことはできず(特定の条件が揃えば殺害が可能)、上記のように攻撃を続けて生存者を倒し、基本的にはフィールド内にあるフックに吊るしあげて力尽きさせる必要がある[10]。サブ装備は各殺人鬼固有で、必ずしも生存者を直接攻撃するものとは限らず武器というよりは「能力」というべきものもある。

プレイ結果・スキル獲得[編集]

ゲーム内での行動により勝敗に関係なく「ブラッドポイント」が得られる。ブラッドポイントは行動の内容によって得られる量が異なり、生存者として脱出するためにたくさん貢献した場合は殺人鬼に殺されてもブラッドポイントが多く得られる一方、何もせずに逃げのびた場合に得られるブラッドポイントは少ない[11]。また、殺人鬼の場合は生存者に逃げられても、フックに吊るす回数が多いほどブラッドポイントが得られる[11]

ゲーム内で得たブラッドポイントは「ブラッドウェブ」というスキルツリーで下記装備の購入に役立てることができる。また、このポイントは生存者と殺人鬼で共有されている[10]

装備[編集]

プレイ前に、プレイヤーは行動を拡張するために以下の装備を設定することができる。これらはブラッドウェブでブラッドポイントを消費して購入可能。

パーク
キャラクターの性能を強化する。生存者のパークは殺人鬼で使用することができず、逆も同様である。全キャラクター共通のパークとキャラクターに固有のパークがあり、最大4つまで装備可能。またキャラクターに固有のパークは一定の条件を満たすことで他のキャラクターでも使用することができる。
アイテム
生存者専用の補助装備で、1つのみ装備できる。発電機の修理を早めるなどの機能を持つ工具箱、自己治療ができるようになる治療キットなどがある。無限には使用できず、残量がなくなると喪失する他脱出できなかった場合にも喪失する。ブラッドウェブだけでなくマップ上のどこかにあるチェストからも入手可能。
アドオン
アイテムや殺人鬼のサブウェポンを強化する。2つ装備可能。殺人鬼の場合アドオンは消耗品である。アイテムと同じく脱出に失敗すると喪失する。
オファリング
マップの視認性に影響を及ぼす、殺人鬼が生存者を殺害できるようになる等の効果を持つ。1つのみ使用可能。消耗品。

世界観[編集]

ゲーム内の世界は「エンティティ」と呼ばれる存在が創造したものである。エンティティは古代から存在する邪悪な力であり[13]、登場人物はエンティティによってゲーム内の世界に捕えられている[14]。登場人物は生存者と殺人鬼に分かれており、生存者は命を懸けた終わりのないゲームをエンティティによって行わせられる[13]。また、ゲームで死んだとしても復活させられて新たなゲームに挑戦させられる[13]。ゲーム内での殺人鬼の目的は生存者をエンティティの生贄に捧げることで、生存者がフックに吊るされるとエンティティは大きな爪の様な実態を現す。殺人鬼にも殺戮を積極的に行うものとそうでないものがおり、後者に対してエンティティは人間性を失うまで拷問にかけ、最終的には人間性を失って生存者に襲い掛かるようになる[13]

他作品の要素について[編集]

Dead by Daylightには独自の要素だけでなく、他作品(映画・ゲーム)からの登場人物や関連するフィールドが存在する。

映画
ゲーム

広報[編集]

2017年1月下旬、台北世貿一館で開かれたTaipei Game Showにて、本作は実況向けのゲームとして、Twitchのブースの一つとして出展され、中文繁体字のサポートが発表された[16]

反響[編集]

本作は発売から1週間で27万本を売り上げ、2016年8月、本作の発売元であるStarbreezeは第二四半期財務報告にて本作の売り上げ本数が100万本を突破したことを明らかにした[28]

4Gamer.netの奥谷海人は大ヒットの理由について、「戦略性や緊張感の高さから、ホラー映画のように楽しむことができるからではないか」と推測している[29]

AUTOMATONのMinoru Umiseは、「Starbreezeがコミュニティの意見を取り入れて改善していく姿勢を見せた結果、100万本を突破したのではないか」と推測している[28]

評価[編集]

評価
集計結果
媒体結果
GameRankings(PC) 68.50%[30]
Metacritic(PC) 72/100[31]

GameSpotでは10点満点中6.0点がつけられ、「"Dead by Daylight"は、対戦型ホラーゲームのコンセプトを実現して見せたけど、ある程度までしか実現できていない」という評価が下された[32]

4Gamer.netの板東篤は本作について低予算のホラー映画の中に放り込まれたような気分を味わえる作品だと述べ、殺人鬼側でのプレイについて「殺人鬼が一方的に蹂躙するゲームだと想像していたが、実際は生存者を探し出すのに苦労するものの見つけて殺した時の達成感が高い」と評した[10]。その一方で、板東は「1人用のモードがない」「マッチングロビーですぐに抜ける人が多く、対戦がなかなか始まらない」といった点を指摘した[10]

出典[編集]

  1. ^ Alex Co (2017年6月23日). “Dead by Daylight Special Edition for Retail Now Out on Consoles”. Playstation LifeStyle. 2017年7月3日閲覧。
  2. ^ a b Dead by daylight”. 505 Games. 2018年8月30日閲覧。
  3. ^ a b Dead by Daylight: スペシャルエディション”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2018年8月30日閲覧。
  4. ^ Herrera, Kayla (2016年2月10日). “Dead By Daylight Is Just Another Upcoming Slasher Horror Game—Or Is It?”. CinemaBlend. 2016年6月6日閲覧。
  5. ^ Dead by Daylight”. Steam. 2016年6月6日閲覧。
  6. ^ Dead by Daylight [Publishing]” (英語). Starbreeze. 2016年6月6日閲覧。
  7. ^ Tach, Dave (2016年4月26日). “Dead by Daylight is a horror movie where you're the victim (or the killer)” (英語). Polygon. 2016年6月6日閲覧。
  8. ^ Sykes, Tom (2016年2月6日). “Dead by Daylight is an asymmetrical slasher horror”. pcgamer. 2016年6月6日閲覧。
  9. ^ O'Connor, Alice (2016年4月22日). “Dead By Daylight Bringing 4v1 Slasher Horror To June”. Rock Paper Shotgun. 2016年6月6日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n 板東篤 (2016年7月2日). “ヒット中の「Dead by Daylight」をプレイ。いろんなタイプの殺人鬼と狂気の鬼ごっこを楽しもう”. 4Gamer.net. 2017年7月3日閲覧。
  11. ^ a b c 篠原修司 (2016年6月24日). “大ヒット中!逃げるサバイバーか追う殺人鬼か?『Dead by Daylight』:Steam”. アスキー. 2017年7月3日閲覧。
  12. ^ BRZRK (2016年7月7日). “E37M1: 廃墟で殺人鬼と鬼ごっこ。4対1のマルチプレイ対戦アクション『Dead by Daylight』”. ファミ通.com. 2017年7月3日閲覧。
  13. ^ a b c d Game Lore”. deadbydaylight.com. 2018年10月23日閲覧。
  14. ^ The Best Horror Video Games to Try This October”. realgear. 2018年10月23日閲覧。
  15. ^ The Halloween Chapter”. deadbydaylight.com. 2018年10月17日閲覧。
  16. ^ a b 石井聡 (2017年1月23日). “恐怖の鬼ごっこゲーム「Dead by Daylight」を体験”. GAME Watch. 2017年7月2日閲覧。
  17. ^ Leatherface”. deadbydaylight.com. 2018年10月17日閲覧。
  18. ^ 鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』、「悪魔のいけにえ」のレザーフェイスがキラーとして追加。無料プレイも開放中”. AUTOMATON. 2018年10月17日閲覧。
  19. ^ A Nightmare on Elm Street”. deadbydaylight.com. 2018年10月17日閲覧。
  20. ^ 鬼ごっこホラー『Dead By Daylight』に「エルム街の悪夢」のフレディ・クルーガーが参戦、現地時間10月26日に配信へ”. AUTOMATON. 2018年10月17日閲覧。
  21. ^ Freddy Krueger comes to Dead by Daylight” (英語). Eurogamer.net (2017年10月26日). 2017年10月27日閲覧。
  22. ^ The SAW® Chapter”. deadbydaylight.com. 2018年10月17日閲覧。
  23. ^ 『Dead by Daylight』「ジグソウ」の参戦が正式発表。生存者とマップを新たに追加した新DLCが現地時間23日配信へ”. AUTOMATON. 2018年10月17日閲覧。
  24. ^ 「「Dead by Daylight」に「死霊のはらわた」のアッシュが参戦。コラボDLC「Ash vs Evil Dead」配信開始」、『4gamers.net』 (Aetas)、2019年4月3日。 オリジナルの2019年4月5日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190405030146/https://www.4gamer.net/games/333/G033338/20190403042/2019年6月1日閲覧 
  25. ^ 『『Dead by Daylight』最新キラー“Ghost Face”のキャラクター背景や特殊能力“闇の抱擁)”や3つの固有パークも公開』、2019年6月5日。 オリジナルの2019年6月5日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190605071437/https://www.famitsu.com/news/201906/05177369.html 
  26. ^ Left Behind”. deadbydaylight.com. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月17日閲覧。
  27. ^ 奥谷海人 (2017年3月10日). “非対称型ホラー対戦ゲーム「Dead by Daylight」が「Left 4 Dead」とクロスオーバー。ゾンビに食べられたはずの老兵“ビル”が降臨”. 4Gamer.net. 2017年7月3日閲覧。
  28. ^ a b Minoru Umise (2016年8月26日). “鬼ごっこ型対戦ホラー『Dead by Daylight』 の売上が100万本突破。精力的なアップデートが実を結ぶ”. AUTOMATON. 2017年7月3日閲覧。
  29. ^ 奥谷海人 (2016年6月22日). “4人のプレイヤーが1人の殺人鬼に追われる非対称型対戦アクション,「Dead by Daylight」が初週27万本のスマッシュヒットに”. 4Gamer.net. 2017年7月3日閲覧。
  30. ^ Dead by Daylight for PC”. Game Rankings. 2017年2月15日閲覧。
  31. ^ Dead by Daylight for PC”. Metacritic. 2017年2月15日閲覧。
  32. ^ Gilroy, Joab (2016年7月3日). “Dead by Daylight Review”. GameSpot. 2016年9月28日閲覧。

関連項目[編集]