Deep Impact

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Deep Impact
Dragon Ashシングル
初出アルバム『LILY OF DA VALLEY
B面 Deep Impact (DJ Krush Remix)
Lily Da Kid
休日
リリース
ジャンル ミクスチャー・ロック
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 降谷建志、Q、山田マン
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2000年度年間35位(オリコン)
  • Dragon Ash シングル 年表
    Grateful Days
    I LOVE HIP HOP
    1999年
    Deep Impact
    2000年
    Summer Tribe
    (2000年)
    テンプレートを表示

    Deep Impact」(ディープ・インパクト)は、Dragon Ashの7枚目のシングル2000年3月15日発売。発売元はビクターエンタテインメント

    解説[編集]

    ラッパ我リヤをフィーチャリングして発表された作品。この作品で降谷建志は自らロックの最前衛に位置している事を認識し、自らの天性の才能と努力を自画自賛した。山田マン、Qとの濃厚で攻撃的なラップが繰り広げられている。シングルの累計売上は70万枚以上を記録[1]

    トラックは1988年に発売されたEric B. & RakimのMicrophone Fiendを意識し同じ元ネタを使用している。 元ネタはイギリス出身のファンクソウル/R&Bのバンドアヴェレージ・ホワイト・バンド1975年に発売されたSchool Boy Crush。

    PVにはSBKのHAKUCHOがギター担当で出演している。

    サンプリング曲の権利問題で長らく音楽配信では発売されていなかったが、問題が解消されたことで2012年8月8日から携帯電話でのダウンロード販売が、同年8月22日からiTunes Storeやスマートフォンでのダウンロード販売が開始された[1]

    収録曲[編集]

    1. Deep Impact – 4:32
      (作詞・降谷建志/Q/山田マン・作曲・降谷建志)
    2. Deep Impact (DJ Krush Remix) – 4:25
      (作詞・降谷建志/Q/山田マン・作曲・降谷建志)
    3. Lily Da Kid – 3:31
    4. 休日 (Kyuujitsu) – 4:08

    収録アルバム[編集]

    #1

    脚注[編集]

    1. ^ a b Dragon Ash「Deep Impact」配信解禁&新曲PV限定公開、ナタリー、2012年8月8日 23:17。