Direct Autonomous Authentication

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

直接自律認証システム(DAA)は、 サンフランシスコ[1] を拠点とするテクノロジー企業のAveronにより開発されたサイバーセキュリティ・プラットフォーム。[2][3]

直接自律認証システム(DAA)は、モバイルユーザーのプライバシーを保護しながら、同時に安全な認証システムを可能にするプラットフォームである。[4][5]

この技術は、2015年末より内密に開発され、2018年にAveronより初めて公の場で発表された。2018年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーでは、年々増加し続けるサイバー犯罪や消費者のアカウントハックなどの脅威に立ち向かう画期的な新しいテクノロジーとして特に注目を浴びた。[6]


概要[編集]

サイバーセキュリティにおけるレガシーシステムとは対照的に、DAAプラットフォームはエンドユーザー・アクションを回避するものである。また、DAAはユーザーのデバイス認証に重きを置かず、代わりにユーザーの携帯電話番号の自律認証を提供する。これは、例え携帯電話を紛失、破損、アップグレードした場合でも、携帯電話番号とユーザーの関連性は持続するためである。 [7]

DAAシステムはAveronの開発した特許技術を組み合わせたものであり、すべてのスマートフォン上に既に組み込まれている暗号化技術と共に安全なモバイルネットワーク・データパイプラインで機能するようになっている。これらの自律認証システムの組み合わせは、従来のシステムよりも迅速、安全、且つ強化されたサイバーセキュリティシステムであると複数のリサーチアナリストが述べている。[8]

ブロックチェーンとプライバシーの権利[編集]

DAAプラットフォームにブロックチェーン技術が組み込まれることで、エンドユーザーのプライバシー保護が可能となる。プラットフォーム上に個人情報が保持されることはないため、個人の実名を含む情報の公開(ソーシャルメディアにおける検証制のコミュニケーションなどを目的とするもの)はユーザーが自主的に決定することができる。DAAシステムは、オンライン上のすべてのコミュニケーションにおける個人情報公開に関連する決定権をエンドユーザーに委ねている。このため、自身に関する情報を完全に匿名に設定、または公開に設定することも、エンドユーザーの自由意志で決定することができる。 [9] 例えばエンドユーザーが告発者や政治活動家であるためにその人物の安全を考慮して匿名性が必要となる場合には、DAAプラットフォームのブロックチェーン技術は、完全な匿名性、及び、必要となりがちな特定の情報の自主検証(例えば、匿名ユーザーの大まかな位置情報の検証確認など)というオプションの両方を提供する。このように、認証の必要性におけるユーザーのプライバシー保護という、これまでの難題にDAAシステムは解決の一歩をもたらした。[10]

使用例[編集]

DAA技術プラットフォームは、モバイルユーザー認証を必要とするあらゆる業界と使用例において、スムーズな実用化を可能にするよう構築されている。[11][12]

評価[編集]

2018年の市場公開以降、DAAプラットフォームのイノベーションは多くの業界から評価されており、2018年度エジソン賞、サイバーセキュリティ・エクセレンス・アワード、BIGイノベーション2018アワードでゴールド賞を受賞している。[13][14][15][16]

関連情報[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bloomberg Research” (英語). Bloomberg.com (2017年11月29日). 2018年10月16日閲覧。
  2. ^ Marinova, Polina (2017年10月30日). “Term Sheet Monday” (英語). Fortune.com. 2018年10月16日閲覧。
  3. ^ Butcher, Mike (2017年10月28日). “TechCrunch: The Key to ID Online” (英語). techcrunch.com. 2018年10月16日閲覧。
  4. ^ Bekker, Garrett (2018年1月30日). “451 Research Analyst Report” (英語). 451 Research. 2018年10月16日閲覧。
  5. ^ Kellet, Andrew (2018年3月21日). “Ovum Report: On The Radar” (英語). ovum.com. 2018年10月16日閲覧。
  6. ^ Alspach, Kyle (2018年1月11日). “10 Coolest Products at CES 2018” (英語). CRN. 2018年10月16日閲覧。
  7. ^ Williams, Sean (2017年11月2日). “UX Now Crucial Element in Cybersecurity” (英語). redherring.com. 2018年10月16日閲覧。
  8. ^ Bekker, Garrett (2018年1月28日). “Averon offers frictionless mobile authentication” (英語). 451 Research. 2018年3月16日閲覧。
  9. ^ Salesforce CEO Marc Benioff Invests in Mobile Identity Startup Averon” (英語). martechseries.com (2018年3月22日). 2018年10月16日閲覧。
  10. ^ Bekker, Garrett (2018年1月28日). “Averon offers frictionless mobile authentication” (英語). 451 Research. 2018年3月16日閲覧。
  11. ^ Elitzer, Dan (2017年4月11日). “Digital Identity Is Broken, But We Can Fix It” (英語). Medium. 2018年3月16日閲覧。
  12. ^ Bekker, Garrett (2018年1月28日). “Averon offers frictionless mobile authentication” (英語). 451 Research. 2018年3月16日閲覧。
  13. ^ Edison Awards 2018 Winners” (英語). tmcnet.com (2018年4月17日). 2018年10月16日閲覧。
  14. ^ Gold Edison Award 2018” (英語). tmcnet.com (2018年4月17日). 2018年10月16日閲覧。
  15. ^ BIG Innovation Winners 2018” (英語). bintelligence.com (2018年2月7日). 2018年10月16日閲覧。
  16. ^ Cybersecurity Excellence Awards” (英語). oneworldidentity.com (2018年5月3日). 2018年10月16日閲覧。