Document Composition Facility

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
Document Composition Facility (DCF)
開発元 IBM
最新版 V1 R4.0
対応OS OS/390, z/OS, VSE, VM
種別 文書構成管理ソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ (IPLA)
公式サイト IBM DCF
テンプレートを表示

Document Composition FacilityDCF、文書構成プログラム) は、IBM が開発・販売している、メインフレームを中心とした文書構成管理用のソフトウェア製品である。

概要

DCFは巨大・複雑・重要な文書を、幅広い領域で構成管理するためのソフトウェア製品である。DCFは、IBMの電子帳票ソリューションであるAdvanced Function Presentation(AFP)またはPostScript、そしてテキスト整形ツール(マークアップ言語)であるGeneralized Markup Language (GML)、GMLを標準化したISO 8879 Standard Generalized Markup Language (SGML)、更にHypertext Markup Language (HTML)、Extensible Markup Language (XML)などをサポートする。

DCFはSystem z上の以下の環境で稼働する。

関連項目

今日は何の日(4月9日

もっと見る

「Document_Composition_Facility」のQ&A