Document Object Model

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

Document Object Model (DOM) は、HTML文書やXML文書をアプリケーションから利用するためのAPIである。WHATWGがLiving Standardとして定義している。

WHATWG以前は、W3Cが仕様を策定しており、Level 1からLevel 4まで勧告している。

XMLを読み込む別のAPIであるSAXと異なり、XMLデータをツリー構造として扱う事ができる。ただし、通常の場合対象のXML文書を全て読み込んでからの扱いを前提とするため動作速度が遅かったり、メモリーの使用量が大きくなる欠点もある。

W3CではAPIの仕様を定義しているのみで、特定のプログラム言語を対象としたものではない。 DOMの実装は各メーカーに委ねられており、DOMを実装したXMLパーサが各メーカーから提供されている。

仕様[編集]

W3C勧告[編集]

W3Cによって、Level 1からLevel 4まで勧告されており、XML文書を扱う「Core」、HTML文書を扱う「HTML」等のモジュールに分かれている。

また、正式な仕様ではないが、Level 1 以前からある各ブラウザの独自実装を DOM Level 0 と呼称する場合がある[1]

Level 1[編集]

Level 2[編集]

Level 3[編集]

Level 4[編集]

DOM Level 4は、すでに活動を開始していたWHAWG DOM Living Standardの当時の版のスナップショットと言えるものである。

WHATWG DOM Living Standard[編集]

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山田祥寛『JavaScript 本格入門』P.254

関連[編集]