Domani (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Domani
ジャンル ファッション
読者対象 35歳前後の女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 小学館
発行人 花塚久美子
編集長 吉川純
刊行期間 1997年より
姉妹誌AneCan』・『Oggi』・『Precious』・『SAKURA
ウェブサイト Domani
特記事項 表紙モデル:蛯原友里
テンプレートを表示

Domani』(ドマーニ)は、小学館から発売されている女性向けファッション雑誌1997年創刊。毎月1日発売。タイトルはイタリア語で「明日」を表し、姉妹誌は同じくイタリア語で「今日」を表す『Oggi』と対応している。

編集長は吉川純(2013年5月号以降)。

特色[編集]

35歳前後の女性を主なターゲットとし、小学館の女性ファッション誌の中では、姉妹誌にあたる『Oggi』、『Precious』とともに「コンサバ系」の一角をなす。ファストブランドからラグジュアリーブランドまで掲載商品の価格帯は幅広く、シーズンを問わず、モノトーン、無地、ベーシックテイストのアイテムが中心で、サングラス、スカーフの掲載頻度が高いのが特徴。

同じ小学館のSAKURAとも対象年齢が近いが、SAKURAは子持ちの女性を対象にしてキッズファッションの掲載など、「ママ」を全面的に出しているのに対して、Domaniはキッズファッションの掲載は無く、起用されているモデルも未婚や既婚で子供がいないモデルもおり、「ママ」要素は無い。 また、Domaniと読者層が似ていてジャンルの異なるものとして、美容誌『美的』も発売されている。

表紙モデルは蛯原友里。『AneCan』でも専属モデルを務めており、日本初の2誌同時専属モデルとなった[1]。また、『CanCam』『AneCan』『Domani』の3誌で表紙を飾った初のモデルとなった。他にも小泉里子SHIHOなど、日本を代表する一流モデルが多数顔をそろえる。

バッグサイズ版[編集]

井亀真紀が編集長であった2012年3月以降、内容は同一でサイズが小型化された「バッグサイズ版」が数か月に1回程度発売されている。この「バッグサイズ版」は2012年の雑誌大賞を受賞し、同年11~12月には同社が発売する『美的』『AneCan』『Oggi』にもラインナップが拡大された。

2013年5月号での編集長交代後も、継続展開されている。

「Domani」と「Oggi」のイメージソング[編集]

1997年4月、崎谷健次郎が歌うイメージソング「Domani」が『Domani』創刊に合わせて発売された。また、姉妹誌『Oggi』のイメージソング「Oggi」と同時発表され、‘雑誌イメージソング’の先駆けと言えるものであった。楽曲はすべて崎谷が作詞・作曲・編曲を手がけ、「Domani / Oggi」の両A面シングルとして、ポニーキャニオンから発売された。 「Domani」は、崎谷がイタリア旅行から着想を得て長閑な風景を連想させる曲で、イタリア語で「明日」を意味する「Domani」を擬人化して歌っている。「Oggi」は、対照的にアップテンポでメロディアスなダンスミュージックとなっていて、イタリア語で「今日」を意味する「Oggi」を前向きに生きようと歌っている。 新聞広告による読者へのCDプレゼントなども行われたが、紙面での連動性が低かったこともあり、大きな話題とはならなかった。しかし、ファッション雑誌と同一タイトルのイメージソングまた、雑誌イメージソングのみで構成されるシングルリリースという点では非常に画期的企画であった。

モデル[編集]

公式ホームページを参照[2]

専属でなくなったモデルが連載記事などで単発的に再登場する場合も多い。

過去の表紙モデル
  • 知花くらら(2008年1月号 - 2015年6月号)[4]
  • 蛯原友里(2015年7月号 - 2017年12月号)
  • 小泉里子(2018年1月号[5] - 2018年12月号)
  • 望月芹名(2016年から1年間、2019年2・3月号 - 2021年2・3月号)2016年から1年間モデルをしていた[6]2018年にWeb Domaniからビジュアルエディターとしてデビューしたが[6] 、2019年2月、3月号で初めて表紙モデルとして掲載され[7]2021年2・3月号まで務める。

脚注[編集]