Dr.スランプ アラレちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dr.スランプ > Dr.スランプ アラレちゃん
Dr.スランプ アラレちゃん
Nerima Oizumi-animegate Chronological table Dr Slump 1.jpg
大泉アニメゲートに設置されている、
「ねりまアニメ年表」の一コマ。
ジャンル SFギャグアニメ
ファミリー・一般向けアニメ
アニメ
原作 鳥山明
監督 岡崎稔[注 1]
キャラクターデザイン 前田実[注 2]
音楽 菊池俊輔
アニメーション制作 東映動画(現・東映アニメーション)
製作 フジテレビ、東映動画
放送局 放送局を参照
放送期間 1981年4月8日 - 1986年2月19日
話数 243話 + スペシャル2話
則巻アラレ
則巻千兵衛:
則巻ガッちゃん:
則巻みどり[注 3]
木緑あかね:
空豆ピースケ:
空豆タロウ:
オボッチャマン:
則巻ターボ
小山茉美
内海賢二
中野聖子
向井真理子
杉山佳寿子
神保なおみ、中野聖子(代役[注 4]
古川登志夫
堀江美都子
三田ゆう子
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメゲーム
ポータル アニメ・ゲーム
画像外部リンク
番組ロゴ(フジテレビ公式サイト)

Dr.スランプ アラレちゃん』(ドクタースランプ アラレちゃん、Dr.SLUMPアラレちゃん[1])は、漫画『Dr.スランプ』を原作とした1981年4月8日から1986年2月16日までフジテレビ系列水曜日19:00 - 19:30に放送されたテレビアニメ、一連のメディアミックス作品。  

概要[編集]

当時、東映動画(現・東映アニメーション)のアニメ映画プロデューサーだった今田智憲が、『Dr.スランプ』のアニメ化を指示[2][3]。その頃は、主な製作会社はもとより、在京キー局までもがアニメ化権利を巡って争奪戦を繰り広げる状況だったが、多くの出版社は読者がアニメを見て事足りてしまい雑誌や単行本の売れ行きが落ちるのではないかと懸念している時代で、ジャンプ編集部もどちらかといえば乗り気ではなかった。そのような中、当時フジテレビ編成局長の職にあった日枝久が何度も集英社を訪ね熱烈なオファーを続け、テレビ局の局長級幹部[注 5]も繰り返し訪れたことで、ついには集英社側の経営陣もことの成り行きを傍観していられなくなり、最終的には「もはや、雑誌編集部とテレビ局のアニメ部門の問題ではなく、集英社とフジテレビの全体の問題である」として、事実上の経営判断という形で熱意に応えフジテレビでのアニメ化を許諾した[注 6]

本作は、企画の七條敬三が『フクちゃん』に倣い、本作の人気キャラクターであるアラレの名前をタイトルに加えようと提案[4]。中には「Dr.スランプ」を外して「アラレちゃん」というタイトルにする案もあったが[4]、原作タイトルにアラレちゃんを付けた『Dr.スランプ アラレちゃん』に決定した。

アニメ放映の開始は、単行本の大幅な部数増や、派生したキャラクター商品による版権収入など、集英社の想像をはるかに超える莫大な相乗効果を生み出した。それは集英社そのものの業績にまで影響を及ぼすほどの規模であり、これ以後、集英社は自社作品のアニメ化に積極的になり、後続の諸作品についても次々とアニメ化をされてゆくこととなる。また、本作で組まれた「集英社・東映動画(現:東映アニメーション)・フジテレビ」の組み合わせの放映枠は、本作以後も『ドラゴンボール』『ONE PIECE』と四半世紀を超えて続き、現在でもスポンサーを含む関連各社にとって大きな収益源として機能している。本作以降、1999年の『ドクタースランプ』終了まで、鳥山明原作作品が約18年間フジテレビ系列の水曜夜19時 - 19時30分を占めることとなった。

『週刊少年ジャンプ』1984年39号で原作が連載終了し、原作漫画のネタを使い切った1985年3月以降は、完全なアニメオリジナルストーリーを放送して、テーマソングを変更するなどリニューアルを図ったが、視聴率が20%もいかなくなり、かつてのような勢いを取り戻すことはできなかった[5]。翌年2月、最終回は視聴率27.6%で有終の美を飾り、同じく鳥山原作の『ドラゴンボール』と交代するかたちで放送を終了した。西村繁男の著書、「さらば、わが青春の『少年ジャンプ』」によると、当時の週刊少年ジャンプには、連載1年未満の漫画はアニメ化させないという方針があったため、フジテレビは人気が低迷しても『Dr.スランプ』の放送を継続し、『ドラゴンボール』がアニメ化できるまで待ち続けたとの事。

視聴率[編集]

ビデオリサーチ関東地区での調査で、平均視聴率22.7%。これは『ジャンプアニメ歴代1位』の視聴率である。1981年12月16日に放送された第34話「地獄の使者チビルくん」で、最高視聴率となる36.9%を記録した[6]。ビデオリサーチがオンライン調査を開始した1977年9月26日以後に放送されたTVアニメとしては「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」に次ぐ歴代高視聴率第3位[注 7]関西地区関西テレビ)での最高視聴率は35.7%(1982年1月27日放送回)[7]。原作者・鳥山の地元である東海三県東海テレビ放送では関東・関西以上に視聴率が高く視聴率40%越えと「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」を抜く視聴率を記録している[8]。この爆発的人気は、同時間帯に放送された民間放送局の番組を次々と終了に追い込んだ。それまで水曜19時台前半枠で民放トップに君臨していた『霊感ヤマカン第六感』(朝日放送制作・テレビ朝日系)は、当アニメに視聴率を奪われ1984年10月には終了に追い込まれ、同じく裏番組だったアニメ第2作の『鉄腕アトム』日本テレビ系)も視聴率が4%から5%と低迷し[8]、1981年12月に終了。TBS系では、本作と同日に放送開始した『刑事犬カール2』が低視聴率で同年9月23日に終了し、その後も1984年開始のニュース番組『JNNニュースコープ』が放送されるまでの間、1年から2年以内の短期間で終了する番組が続いた。

本作で使われている「アラレ語」は1981年に流行語となり、『朝日新聞』朝刊掲載のコラム「天声人語」(1981年11月30日付)でも取り上げられた。日本アニメ大賞第3回(1985年)で貢献賞を取った。また、2014年12月19日放送の『探偵!ナイトスクープ』で、「外国人の描く「うんこ」は」という質問で、本作を放映している国は、とぐろをまいたうんちを書くという結果が出り、本作の影響と言っている[9]

本作は世界各国でも放送され人気を博した。2017年におけるアルゼンチン・ラプラタで人気の盆踊りも、アラレちゃん音頭が3位で[10]、ラプラタ盆踊りのホームページでも独自の振り付けで踊る振り付けをYouTubeの動画で「Ararechan Ondo // PASOS De Bon Odori La Plata」というタイトルで公開している。北朝鮮でも1997年より日本側に許可を得ず放送されており、1997年当時の毎日新聞社会面では「北朝鮮でも『んちゃ』」という見出しで報じられた[11]

放送当時、日本テレビ系列で放送されていた『ズームイン!!朝!』の1コーナー「朝のポエム」で、アラレと山吹みどりによる学園内でのショートストーリーがアニメと同じ声優で披露された。これは『ズームイン!!朝!』のスポンサーとして集英社も関わっていたことにより実現したものである[注 8]。放送中は他のフジテレビ系特別番組にも出演。放送を開始して半年後の1981年10月20日放送『オールスター紅白大運動会』では、アラレの着ぐるみ人形が白組の応援として登場(紅組は『新竹取物語 1000年女王』の雨森始)、翌1982年10月27日放送の同番組でも、引き続きアラレ人形が白組応援として登場[注 9]。この他、1982年9月27日に放送された「オールスター春秋の祭典スペシャル」『秋の祭典』では本作の声優陣が出演し、同番組では唯一のアニメ声優が参加した回となった。『オレたちひょうきん族』のコーナーではビートたけしが本作のパロディ『Dr.スランプ ヤラレちゃん』を行っており、1回だけ本作の声優陣がオープニングナレーションも担当。2006年12月30日放送の『脳内エステ IQサプリ第100回超特大生放送』内のコーナー「IQミラー」で本作を基にしたクイズ問題アニメが放送された[12]。2018年1月から3放送されたテレビドラマ「オー・マイ・ジャンプ! 〜少年ジャンプが地球を救う〜」の1話と2話では、佐藤仁美がアラレのコスプレで出演した[13]

アラレちゃんショック[編集]

本作は女子中高生にも人気を博し、文房具関連の商品も絶好調で、ブームのピーク時の文具店では売上の50%以上を占めることも珍しくなかった。東映動画によると本作の商品は70社から700品目以上が出ており、実際のオファーはもっと多いという[14]。『ドラえもん』が300品目を出して大ヒット商品になっていたが本作はこれを一時期上回り、当時『ドラえもん』は売り上げが落ち込んだという[15]。放送終了時までには85社から770種のキャラクター商品が発売された[16]。 しかし、ブームは1982年11月のあたりで終息傾向となっていったが、それを知らない親たちが子供たちを喜ばせようと、クリスマスプレゼント向けに本作の文具を買いこんだため、12月の年末商戦期に入っても売れ続ける。そのため小売店に「この調子なら1月になってもいける」と判断させ、正月のお年玉商戦に向けて継続して大量に文具を入荷させるも、1983年1月に入って対象年齢層が自分で買うようになると見向きもされなくなり、結果、キャラクター文具の市場が急激に縮退し、小売店には大量の不良在庫が発生した。この状況を文具業界では「アラレちゃんショック」と呼ぶ[17]。この一件以降、文具業界はテレビキャラクターの関連商品に警戒心を持ち、小売店側でも文具のみならず各種キャラクター商品の入荷量・在庫量などについて一層の注意を払うようになった。

主な声の出演[編集]

フジテレビ、東映アニメーション等の作品情報で記載しているキャストのみ記載。

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

シングル『ワイワイワールド』はオリコン/TVマンガ・童謡部門1981年度・1982年度年間1位[18][19]だった。シングル『アラレちゃん音頭』も、1982年度TVマンガ・童謡部門年間5位(オリコン)[19]と10位以内だった。『わいわい行進曲』は1985年度TVマンガ・童謡部門年間38位[20]

アニメのオープニングには、歌詞の字幕が表示されている。すべての曲のレコード会社は、日本コロムビア。主題歌は挿入歌・BGMとしても使われている。

オープニングテーマ
「ワイワイワールド」(1話 - 197話、240話 - 243話(最終話))
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 水森亜土こおろぎ'73
歌詞にある「ぶたさんホーホケキョ」の部分は、初期バージョン(1話から50話)では水森が「ぶたさん?」と問いかけて、ぶたさん(佐藤正治)の色々なセリフが挿入される形式だったが、51話以降は水森が「ぶたさん?ホーホケキョ」を言う形式に変えられている(歌詞テロップは一貫して「????」)。放送開始から1年目の過ぎた51話から全て映像を変えていて、前より多くのキャラクターが登場する。ブタのセリフは1 話 - 6話、14話 - 16話、18話 - 50話、240話 - 243話が「あっえっとえっと〜」で、7話 が「コケッコッコー」、8話、11話、劇場版第1作が「みんなげんきー?」、9話、12話、13話が「ムエーホー」、10話、17話が「ホケキョー」。第128話「正義と愛の板ばさみ」から効果音が追加される。240話からは映像は初期(1話-50話)のものに変更。
「わいわい行進曲」(198話 - 239話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 小山茉美コロムビアゆりかご会
映像は本篇に合わせ、ガッちゃんが2人になり、ターボ、オボッチャマンも登場している。
エンディングテーマ
「アレアレアラレちゃん」(1話 - 15話、25話 - 61話、76話 - 112話、174話 - 197話、240話 - 243話(最終話))
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲 - サタンタ / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 水森亜土、こおろぎ'73
原作漫画の扉絵や、コミックスの表紙イラストをセル画に描き起こしたものも使用した。オープニングと同じで51話から全て映像を変えていて、前より多くのキャラクターが登場している。173話から映像にターボ、オボッチャマン(キャラメルマン4号)も登場している。
「アラレちゃん音頭」(16話 - 24話、62話 - 75話、113話 - 127話、167話 - 172話、213話 - 222話)
作詞 - 満都南 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 小山茉美、コロムビアゆりかご会
夏限定のエンディングテーマ。映像は千兵衛が太鼓をたたき、アラレ・あかね・タロウ・ピースケ・みどり・ぞう・ねずみ・ガッちゃんと順に踊るというもので盆踊りをイメージしたものとなっている。16話-24話までの時は、ノンクレジットだったが、62話以降は、振り付けが表記されるようになる。213話から映像は背景は 初期のものに戻り、ターボ、摘突詰、摘鶴燐、オボッチャマン(キャラメルマン4号)も登場し、一緒に踊っている。
「いちばん星み〜つけた」(128話 - 166話、173話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 水森亜土
最初の映像は、アラレ・オボッチャマン・ガッちゃんだけが登場する映像だったが、151話から、ターボ、みどり、センベエが登場する。<
「あなたに真実一路」(198話 - 212話、223話 - 239話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 堀江美都子
挿入歌

挿入歌は、30話から40話の間が多かったが、40話以降は、挿入歌が少なくなっている。

パパパーマのうた」(第8話、第20話他)
作詞 - 金春智子 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - いちひさし / 歌 - 皿田きのこ(杉山佳寿子
原作でも使われたが、きのこの初登場の回のみで、アニメでは複数にわたって使われている。
「アラレちゃん音頭」(24話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - アラレ(小山茉美)
「アラレちゃん登場!!」(第31話)
作詞 - 伊藤アキラ / 作曲 - 水谷公生 / 編曲 - 川上了 / 歌 - 水森亜土
「アラレちゃんのララバイ」(第32話、第148話)
作詞 - 冬社花代子 / 作曲 - 伊藤薫 / 編曲 - 高田弘 / 歌 - 水森亜土
赤鼻のトナカイ」(第35話)
作詞 - 新田宣夫 / 作曲 - Johnny Marks / 編曲 - 小森昭宏 / 歌 - アラレ(小山茉美)、千兵衛(内海賢二
ジングルベル」(第35話)
作詞 - 高田三九三 / 作曲 - James Pierpont / 編曲 - 小森昭宏 / 歌 -アラレ(小山茉美)、千兵衛(内海賢二)
「よいこよいこアラレちゃん」(第36話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 小山茉美
「夢みるシンデレラ」(第37話)
作詞 - 冬社花代子 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - いちひさし / 歌 - 山吹みどり(向井真理子)、ザ・チャープス
「んちゃんちゃソング」(第37話)
作詞 - 鳥山明 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 小山茉美、こおろぎ'73
アラレのマーチ」(第38話、第243話)
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 小山茉美、コロムビアゆりかご会
「ガッちゃんのうた」(第54話、第134話)
作詞 - 冬社花代子 / 作曲 - 伊藤薫 / 編曲 - 高田弘 / 歌 - 水森亜土
「HAPPY ISLAND」(第137話)
作詞 - さがらよしあき / 作曲 - 大倉正丈 / 編曲 - 山田功 / 歌 - ベター・ハーフ
「カジカジROCK'N ROLL」(第148話)
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲 - 大倉正丈 / 編曲 - いちひさし / 歌 - ベター・ハーフ
「オボッチャマンでこざいます」(第157話)
作詞 - くのたかし / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 堀江美都子
使用されていない曲のシングル
収録曲:A面「DANCING DOLL」、B面「Funky Dr.」
オリコン1982年度TVマンガ・童謡部門年間46位[19]
収録曲:A面「うれしいひなまつり」、B面「ひなまつり」(歌:小山茉美)
オリコン1982年度TVマンガ・童謡部門年間69位[19]

各話リスト[編集]

通常は30分の放送構成だが、「ペンギン村英雄伝説」は土曜日放送で、1時間構成だった。総集編「んちゃ!! つおーいアラレとお友達」は、1時間の総集編。

タイトルコールでは、サブタイトルの後に「の巻」とつけてアナウンスされる。

新作以外のSP
安全教育アニメビデオ

TVスペシャル[編集]

  • Dr.スランプアラレちゃん あやや!?ペンギン村でテレビジャック(1981年7月25日土曜日放送)
『夏休み人気アニメ祭り アラレちゃん一家総登場!! 1000年女王の正体は!?』内で放送されたスペシャル。本作のエピソードとしても含まれておらず、ビデオ・DVDともに未収録。ネット配信もされていない。
  • 帰って来たDr.スランプ アラレちゃんスペシャル(1990年12月31日月曜日放送)
10時から最終回「さよならアラレちゃん バイチャ!またねー!!」の再放送、10時半から『Dr.スランプ アラレちゃん ほよよ!ナナバ城の秘宝』が放送され、その2話の間に短いアニメオリジナルストーリー「祝!!結婚 あかねと突詰」が放送された。

劇場版・特番[編集]

劇場アニメ[編集]

DVD発売特別番組[編集]

Dr.スランプアラレちゃんSP 〜うほほ〜い!帰ってきちったの巻〜
ジャンル 特別番組
監督 谷中憲
高田直
伊達和輝
演出 掛水伸一
出演者 中川翔子
フットボールアワー
オープニング ワイワイワールド
エンディング バイちゃバイちゃまたあした
製作
プロデューサー 佐佐敏行(フジテレビ)
山地考英
制作 集英社
フジテレビ
東映アニメーション
放送
音声形式 ステレオ / モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2007年6月29日
放送時間 金曜日 2:50 - 3:50
放送分 60分
回数 1
番組情報ページ

2007年6月29日深夜2:50 - 3:50に初DVD化を記念して『Dr.スランプアラレちゃんSP 〜うほほ〜い!帰ってきちったの巻〜』というタイトルで放送された特番。中川翔子フットボールアワーが登場人物のキャラクター紹介やベストエピソードなどを紹介する。ナレーションは則巻アラレ役の小山茉美とフジテレビアナウンサーの、牧原俊幸である。キーワードプレゼントも行われた。

出演者
スタッフ

放送局[編集]

系列は放送当時のもの。遅れネット局の放送日時は1985年2月時点のものとする[22]

アニマックスでは何度も放送しており、放送時間の変更も多いため、現時点のみの記載とする。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 フジテレビ 1981年4月8日 - 1986年2月19日 水曜 19:00 - 19:30 フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
山形県 山形テレビ フジテレビ系列 [注 28]
長野県 長野放送
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
静岡県 テレビ静岡
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島
愛媛県 テレビ愛媛
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
テレビ朝日系列[注 29]
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列
福島県 福島テレビ 1981年6月9日 - 1986年2月19日 火曜 16:50 - 17:20(1981年6月 - 9月)[23]
火曜 17:20 - 17:50(1981年10月 - 1983年3月)[24][25]
火曜 17:30 - 18:00(1983年4月 - 9月)[26][27]
水曜 19:00 - 19:30(1983年10月より)[28]
フジテレビ系列[注 30]
新潟県 新潟総合テレビ - 1983年9月
1983年10月5日 - 1986年2月19日
水曜 17:25 - 17:55
水曜 19:00 - 19:30
フジテレビ系列[注 31]
青森県 青森放送 月曜 17:30 - 18:00 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
岩手県 テレビ岩手 月曜 17:30 - 18:00 日本テレビ系列
山梨県 山梨放送 金曜 17:30 - 18:00
徳島県 四国放送 月曜 17:00 - 17:30 日本テレビ系列
高知県 テレビ高知 木曜 16:00 - 16:30 TBS系列
山口県 テレビ山口 火曜 17:30 - 18:00 TBS系列
フジテレビ系列
長崎県 テレビ長崎 水曜 17:30 - 18:00 フジテレビ系列
日本テレビ系列
大分県 テレビ大分 火曜 17:30 - 18:00 日本テレビ系列
フジテレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 南日本放送 1981年4月 - 1985年3月 土曜 17:00 - 17:30 TBS系列
鹿児島テレビ 1985年4月-1986年 木曜夕方 フジテレビ系列
日本テレビ系列[注 32]
日本全域 BSフジ 2000年 - 2004年4月 平日 19:30 - 20:00  BS放送 [注 33]
アニマックス 2002年 - 2007年1月
2018年7月7日 -
平日0:30 - 1:00、16:00 - 16:30[注 34]
土曜日17:30 - 19:00
CS放送→BS放送 リピート放送あり
平日は1話づつ、土曜日は3話連続放送。

1980年代から2000年にテレビ静岡の 夏休みアニメスペシャルで毎年夏休みに放送されていた。

東日本放送[29]広島ホームテレビ[30]瀬戸内海放送朝日放送[注 35](以上、テレビ朝日系列)や、チューリップテレビ[29]テレビユー山形[29](以上、TBS系列)、福島中央テレビ(日本テレビ系列)[注 36]サンテレビ全国独立放送協議会)などで再放送が行われていた事がある。

ゲーム[編集]

ポピー Dr.スランプ アラレちゃん
ポピーより1982年発売された本作の電子ゲーム
  • 第1巻 ホヨヨボンバー
  • 第2巻 ガッちゃん! ガジガジ
  • 第3巻 んちゃ! バイちゃ
Dr.スランプ アラレちゃん
Dr.スランプ アラレちゃん
ジャンル シューティング
アドベンチャーゲーム
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 ビットステップ
発売元 バンダイナムコゲームス
人数 1人
メディア DSカード
発売日 2008年10月30日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示
バンダイナムコゲームス(バンダイレーベル)より2008年10月30日に発売されたニンテンドーDS用シューティングアドベンチャーゲーム。本作のニンテンドーDS作品。キャラクターデザインは本作をベースにしているが、アラレの服装には90年代劇場版やリメイク版の服装がある。ストーリーは原作のストーリー進行と同じ。キャラクターが載ったカートケースとタッチペンが発売された。

関連商品[編集]

映像ソフト[編集]

2007年3月に前半を収録したDVD-BOX、9月にはTVシリーズ後半を収録したDVD-BOX『ほよよ編』を完全予約限定生産で発売。2008年10月から2009年1月まで、全20巻の単巻DVDを発売した。現在は、生産終了。同年には劇場作品全10作が収録されているDVDが発売された。DVDBOXのPRに中川翔子アンガールズを起用した[31]。2006年10月20日から2007年3月30日まで毎週金曜15:28〜15:58に再放送した。本DVDの発売を記念する形で2007年6月29日に後述の特番が放送された。

アルバム[編集]

Dr.スランプ アラレちゃんのアルバムを参照。

関連書籍[編集]

  • アニメコミック

集英社アニメシリーズ、集英社カラーランドと2つのレーベルで出している。

  • 集英社のテレビ絵本『Dr.スランプ アラレちゃん』シリーズ
本作のテレビ絵本
  • Dr.スランプアラレちゃん(小説版)[34]
  • 保存版 ロードショー特別編集 Dr.スランプ アラレちゃん
スタッフやメイン声優陣(内海賢二、小山茉美、杉山佳寿子、古川登志夫、神保なおみ、中野聖子、向井真理子)のインタビューなどが記載されている。

CMへの起用[編集]

声:則巻アラレ - 小山茉美、スッパマン - 玄田哲章
「子どもVロート」が「ロートこどもソフト」にリニューアルして初のCM。アラレたちのアニメに子役や商品の実写が挟んである映像。
声:則巻アラレ - 小山茉美
揃えて言葉さがしをする要素のDr.スランプ包み紙を、アニメのアラレたちが紹介。
声:則巻アラレ - 小山茉美、則巻千兵衛 - 内海賢二
アラレたちのアニメと商品の実写を組み合わせた映像。
  • ポピー・Dr.スランプアラレちゃん めちゃんこ すりんちょ!
声:則巻アラレ - 小山茉美、則巻千兵衛 - 内海賢二
アニメのアラレたちと実写の商品を組み合わせたCM。
  • ポピー・Dr.スランプアラレちゃん ガッちゃん ぬいぐるみ
声:則巻アラレ - 小山茉美
商品のぬいぐるみによるストップモーション・アニメーションとアラレ役の実写の子役による、商品紹介や則巻家の姿で子供が中に入れる大きさの「でっかいおうち」プレゼントの応募方法を紹介するバージョンと、ゴリラの着ぐるみと商品のぬいぐるみによるストップモーション・アニメーションを組み合わせたバージョンがある。
  • ポピー・んちゃ.アラレちゃん
声:則巻アラレ - 小山茉美、則巻千兵衛 - 内海賢二
商品のアラレぬいぐるみによるストップモーション・アニメーションと、アニメを組み合わせたCM。アラレだけが喋りアニメの魚だけが出るバージョンと、アラレと千兵衛が喋りアニメの大勢の村人が出るバージョンがある。
  • ポピー・Dr.スランプアラレちゃん ペンギン村分譲中
声:則巻アラレ - 小山茉美、ブータレブー - 佐藤正治
アニメのアラレたちと、商品のストップモーション・アニメーションを組み合わせたCM。
  • ポピー・ホヨヨボンバー、ガッちゃん!カジカジ
声:則巻アラレ - 小山茉美、暗悪 健太(スッパマン) - 玄田哲章
アニメの暗悪健太とアラレが商品を紹介して村人たちが驚くアニメに、ANIMEST(電子ゲーム)の「ホヨヨボンバー」と「ガッちゃん!カジカジ」の映像を組み合わせたバージョンと、ポピーのアラレちゃんガッちゃんぬいぐるみの応募シールでホヨヨボンバーをプレゼントする内容の、アラレと千兵衛のアニメや商品の映像で構成されたバージョンがある。
  • ポピー・Dr.スランプアラレちゃん んちゃ!ばいちゃ
声:則巻アラレ - 小山茉美
ANIMEST(電子ゲーム)の「んちゃ!ばいちゃ」を遊ぶアニメのアラレと実写の北原佐和子が会話するバージョンと、「んちゃ!ばいちゃ」を北原佐和子が遊び、アニメのアラレや千兵衛と夕暮れに佇むバージョンがある。
  • ポピー・ANIMESTアラレちゃんシリーズ
声:則巻アラレ - 小山茉美
アニメのアラレとガッちゃんが、電子ゲームの「ペンギン村ウォーズ」を中心に商品を紹介。
  • ポピー・Dr.スランプアラレちゃん テケテケペンギン村シリーズ
声:ニコチャン大王 - 大竹宏、ニコチャン家来 - 千葉繁、ブータレブー - 佐藤正治
ペンギン村のセットの中を商品が走るCM。
  • バンダイ・Dr.スランプ プラモデル(1982年)
声:則巻アラレ - 小山茉美、則巻千兵衛 - 内海賢二、山吹みどり - 向井真理子、空豆タロウ - 古川登志夫、ブータレブー - 佐藤正治
アニメの千兵衛、みどり、アラレ、ガッちゃんと、商品のプラモデルによるストップモーション・アニメーションを組み合わせたバージョンと、アニメの大勢の村人[注 39]が出るバージョンがある。
  • Dr.スランプアラレちゃん大会
声:則巻アラレ - 小山茉美
東京タワーで行われた「Dr.スランプアラレちゃん大会」をアラレたちが紹介するアニメ映像CM。
声:則巻アラレ - 小山茉美、則巻千兵衛 - 内海賢二
劇場版『Dr.SLUMP ほよよ! 宇宙大冒険』公開に合わせて起用された。ほよよ!宇宙大冒険の映像にCM用の声をあて、千兵衛そっくりの役者や商品の実写が挟んである映像。
  • Dr.スランプアラレちゃんDVD-BOXんちゃ編(2006年)
声:則巻アラレ - 小山茉美、ニコチャン大王 - 大竹宏、ブータレブー - 佐藤正治
アニメのアンガールズがペンギン村で村人たちと絡むバージョン、アニメの中川翔子がペンギン村で村人たちと絡むバージョン、アニメのダイジェスト映像と共に商品内容を紹介する30秒CMバージョンがある。
  • Dr.スランプアラレちゃんDVD-BOXほよよ編(2006年)
アニメのダイジェスト映像と共に商品内容を紹介する30秒CM。
声:則巻アラレ - 小山茉美
登場人物のイラストとゲーム画面で構成されたCM。
声:則巻アラレ - 小山茉美
相武紗季の頭からアニメーションのアラレが「キーン!!」と叫びながら飛び出すという、実写にアニメを付け加える手法のCM。
  • スズキ・ハスラー(2016年 - 2018年)
声:則巻アラレ - 小山茉美、ガッちゃん - 西原久美子(『Dr.スランプ アラレちゃん』篇 、『クリスマス アラレちゃん』篇のみ)
出演:ももいろクローバーZ(『コラージュ』篇 以降)
2014年9月11日からはスズキハスラーとのコラボ企画が行われ、ハスラーのコマーシャルや広告に登場した。完全オリジナルで制作[35]されたアニメーションの制作は、東映アニメーション。ハスラーのCMでアニメを起用したのはこのバージョンが初めてである。CM動画は、テレビや公式サイト以外に、YouTubeやニコニコ動画の公式アカウントでも公開されていた。
2014年9月11日には公式サイトで『Dr.スランプ アラレちゃん』篇が公開され、テレビCMも9月11日から11月12日まで放送された。CMにはアラレ、センベエ、みどり、ガッちゃんが登場。声はCMのため新たに収録され、アラレ役はテレビアニメおよび劇場版と同じだが、ガッちゃん役を務めていた中野聖子は1990年代前半に声優を引退したため、西原久美子が担当[36]。「ワクワク感」を最大限に伝えるために、「Dr.スランプ アラレちゃん篇」のコマーシャルを制作したとスズキは述べている[36]。11月13日には、公式サイトで『クリスマス アラレちゃん』篇が公開され、テレビCMも11月12日から11月25日まで放送された。アラレ、センベエ、みどりに加え、ターボ、オボッチャマンも登場した。Dr.スランプアラレちゃんのクリアファイルをプレゼントする企画なども9月から行われており[37][38]、好評だったため11月20日からはアラレちゃんのトイレットペーパーをプレゼントする企画も行われた[38]
2015年5月9日ももいろクローバーZを加えたハスラーの新ポスターが発表され、ももいろクローバーZとは5月13日からコマーシャルでもコラボレートし[39]どのコマーシャルも前半に本作のキャラクターが登場し、後半にももいろクローバーZが登場。5月13日には、本作のキャラクターが原作に登場する発明品や持ち物でハスラーのコラージュを作り、ももいろクローバーZがアラレのコスプレ姿で登場する内容の『コラージュ』篇が公式サイトで公開され、テレビでも5月14日から12月上旬にオンエア。12月7日からは、公式サイトで『ワクワク広がれ』篇が公開され、テレビCMも2016年8月下旬まで放送。2016年8月26日には、公式サイトで『ワクワクがズラリ』篇が公開され、テレビCMも2017年10月まで放送され最長期間となる約1年1カ月使われた。2017年10月12日には『ぴたっ!と 安全』篇が公式サイトで公開され、テレビCMも2018年7月まで放送。さらに、ももいろクローバーZによる各会場1日限りのスペシャルライブ、園内スタンプラリー、ペンギン村オリジナル「100肉カレー」などが行われた、フジテレビ・関西テレビ放送テレビ西日本主催による、ももいろクローバーZと本作のコラボイベント「西へ、東へ、ペンギン村キャラバン!」が、2015年6月8日から6月14日まで福岡県スペースワールドで、2015年6月15日から6月21日まで兵庫県姫路セントラルパークで、2015年6月29日から7月5日まで山梨県富士急ハイランド・コニファーフォレストで、それぞれ開催[40]。また、スズキの各店舗のドアやポップにも本作のキャラクター(則巻アラレ・則巻千兵衛・則巻みどり・ガジラ・オボッチャマン)を用いている[41]。2018年7月18日から11月8日までは、ハスラーが停まる工場の床に、ハスラーにペンキを塗るアラレと2人のガッちゃんが描かれ、ももいろクローバーZは出演しないCM『タフワイルド』篇が放送された。2019年6月20日からは、楽しく賑わうペンギン村全体の様子から視野が宇宙にまで広がり、後半には以前同様ももいろクローバーZが出演する『日本中が、遊べる軽!』篇が放送された。
  • GU(2016年9月)
2016年9月に、GUのコマーシャルで実写での起用となった。『Dr.スランプ アラレちゃん』の初めての実写化で、則巻アラレは中条あやみ、木緑あかねは内田有紀、空豆ピースケは高良健吾が演じた[42]。他に空豆タロウや則巻ガジラ、皿田きのこが出ているが、役者は非公開。シリーズとして作られ、『アラレがスカート!?』篇、『カーじゃなくてコー!』篇、『小さくまとまるな』篇の3編が制作され、9月から11月にかけて放送された。
声:則巻アラレ - 小山茉美
阿部サダヲが出演する、クイックルワイパーハンディとクイックルワイパー立体吸着ウエットシートのCM。最後に則巻一家やオボッチャマンが一緒にクリスマスクリーニングをPR。花王公式サイトでもクリスマスクリーニングのページで2016年11月からクリスマスにかけて、アラレたち則巻一家やオボッチャマンが登場。
北乃きいが出演するバスマジックリン除菌消臭プラスのCMにも、最後に則巻一家と一緒にアラレが新年の除菌掃除をPR。花王公式サイトでも「クリスマスクリーニング」や「新年は除菌掃除」のページで2016年12月下旬から、アラレたち則巻一家やオボッチャマンが登場。
声:則巻アラレ - 小山茉美
アニメのアラレが出演。アラレが登場するコラボ企画CM。
原作のコマを繋ぎ合わせ、吹き出しがCM内容に合わせた台詞になっており、『ペンギン村の日常』編、『みどりさんのお悩み』編が制作された。
声:則巻アラレ - 小山茉美
Suica一体型クレジットカードのCM。アニメはモノトーン調。喋るのはアラレだけだが、千兵衛、ガッちゃん、あかね、タロウ、ピースケを始めとした多数のキャラクターが登場する。2018年7月から放送され、2019年3月からは同じ内容でカードの種類だけが増えた『最強ラインナップ』篇を放送[43]

放送以前にはアラレの喋りで紹介する新番組予告CM、放送期間中はアラレが喋るバージョンとみどりが喋るバージョンの番組宣伝スポットCMや、アラレの喋りで紹介する「東映まんがまつり」のCMなども放送された。ちなみに、2009年には、トヨタポルテCMにおいてアニメ版のオープニングテーマ曲『ワイワイワールド』(替え歌およびアレンジ)が使用され、2011年春からサントリーウーロン茶のCMでも広東語版『ワイワイワールド』が使われた。

イベント[編集]

ゲンゴロウ島 めちゃんこ大冒険[編集]

ゲンゴロウ島 めちゃんこ大冒険
開催時期 1982年7月12日 - 8月22日
会場 日本の旗 日本 広島県佐伯郡沖美町[注 40]
主催 中国新聞社
後援 広島県教育委員会
広島市教育委員会
沖美町
沖美町教育委員会
テレビ新広島
広島鉄道管理局
岡山鉄道管理局
協賛 瀬戸内海汽船
近畿日本ツーリスト
広島電鉄
広島バス
企画制作 東映東映動画
来場者数 約10万人
最寄駅 広島港県営桟橋
備考
開催地座標
北緯34度17分24秒 東経132度21分47秒 / 北緯34.290126度 東経132.363024度 / 34.290126; 132.363024 (ゲンゴロウ島)
各種情報は「中国新聞 1982年7月12日 6ページ 新聞広告」に基づく

1982年7月12日から同年8月22日の間、中国新聞社の主催で瀬戸内海の無人島「絵の島」(瀬戸内海汽船所有)に「ゲンゴロウ島」を再現して、『ゲンゴロウ島 めちゃんこ大冒険』が開催された。当時、海水浴のメッカだった絵の島で、約4万平方メートルの土地にペンギン村の施設を再現して、船の乗船券と一緒になったパスポート(入場券)を販売。地理の関係上、1日最大約4000人しか入島出来なかったが、16万人の入場者を見込んだ[44]

期間内は、8時20分から20分おきに船が出航して、旅客船で40分、高速船で16分で島に到着[45]。島内には「アラレちゃん神社」、「ウェスタンペンギン村牧場」、「アラレちゃんビックリランド」、「ゲンゴロウ村税関」、「ペンギン村病院」、「ペンギン村郵便局」、「ペンギン村交番」、「ペンギン村放送局」、「メインステージ」、「コーヒーポット売店」、「プール」が整備された[45]。開催前日に行われた開村式には、作者自ら1日村長を務めた[46]。広島市近郊だけではなく、旅客船などで全国から集客。最終的には約10万人が訪れた[47]

料金[45]

入寮券はA券とB券に分かれ、A券は、「入場パスポート(入場券)」・「往復船賃・管理費」。B券はA券に「ケース付き革製イラストマップ」・「参加記念バッジ」・「びっくりランド入場券」がセットされていた。

大人 学生 子供 幼児
A券 2,100円 1,900円 1,200円 700円
B券 4,600円 4,400円 3,700円 3,200円

他のイベント[編集]

2016年4月8日に放映35年を迎え、それに伴いららぽーとTOKYO-BAY千葉県船橋市)でイベントが行われた[48][49]。第1弾として、4月8日から6月30日までららぽーとTOKYO-BAY館内に本作の装飾をしており、4月9日には、オープニングイベントとして、『アラレちゃんスペシャルステージ&大抽選会』、4月30日には、ぬりえ&グリーンティングを開催、5月20日から6月30日には、アラレちゃんフォトスポットを行った[49]タワーレコードでも、35周年を記念してタワーレコードが運営するカフェ「TOWER RECORDS CAFE」で、5月31日から6月22日まで、「Dr.スランプ アラレちゃん × TOWER RECORDS CAFE」というコラボ企画を行った[50]。2017年2月21日から3月3日まで、新宿アルタ1Fの入り口で期間限定のアラレちゃんSHOPがオープンした。2018年には、群馬県の伝統工芸「卯三郎(うさぶろう)こけし」とコラボし、アラレちゃんこけしを発売[51]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「チーフディレクター」表記。
  2. ^ 「チーフ作画監督」表記。
  3. ^ 124話(1983年9月7日放送分)までは山吹みどり。
  4. ^ 133話、137話、163話、164話、166話、167話、169話。
  5. ^ 一般的な企業で例えれば、部長と取締役の間くらいの位置付けとなる上級管理職にあたる。
  6. ^ このエピソードについては、後にフジテレビの番組『週刊フジテレビ批評』の番組中で日枝が語っている。
  7. ^ それ以前では1963年の『鉄腕アトム』が40%超えを達成している。
  8. ^ ただし、「朝のポエム」の直接のスポンサーは花王
  9. ^ 紅組は『オレたちひょうきん族』のタケちゃんマン人形。
  10. ^ テロップでは則巻センベエと表記されており、則巻センベイと誤表記している回もある。
  11. ^ 登場しているのにもかかわらず、第8話のみノンクレジット。
  12. ^ 千兵衛と結婚する124話までは山吹先生とテロップ表記。125話から149話まではみどり先生、150話からはみどりと表記された。
  13. ^ 127話 - 129話ではキャラメルマン4号と表記。本編で名前が決まった130話からオボッチャマンと表記。
  14. ^ フジテレビの土屋登喜蔵はテロップでは、プロデューサーとして表示とされており、企画としてはノンクレジットだが、東映アニメーションの作品情報、フジテレビの番組情報などでは、企画として、七條敬三と一緒に掲載されている。
  15. ^ 原作の連載終了後は、集英社 「週刊少年ジャンプ」と表記。
  16. ^ 『保存版 ロードショー特別編集 Dr.スランプ アラレちゃん』ではチーフデザイナーではなく、美術監督となっている(「チーフデザイナー」と「美術監督」は同じ意味で、別の言い方である)。
  17. ^ 1話 - 24話、240話 - 243話はノンクレジット。
  18. ^ ノンクレジット。
  19. ^ 放送開始から1985年3月20日放送分までノンクレジット。
  20. ^ a b タイトルコールでは分けていないが、エンディングテロップでは、I・IIと分けている。
  21. ^ 再放送やネット配信では、「ペンギン村SOS!!」と「ハートで勝負!/なんでもOKオーチャくん」はオープニングやエンディングが別々になっている。
  22. ^ 土曜日放送。
  23. ^ 原作の「ぼくのといれっとぺいぱー」が元になったストーリー。
  24. ^ 関西テレビはこの日、阪神が勝てば21年ぶりのリーグ優勝が決定するヤクルトVS阪神戦(神宮球場)を放送したため、この話のみ後日放送。
  25. ^ ペンギン村の七ふしぎ全公開!スペシャル。
  26. ^ 帰って来たDr.スランプ アラレちゃんスペシャル。
  27. ^ 92お正月スペシャル。
  28. ^ 現在は、テレビ朝日系列。
  29. ^ 1982年3月まではフジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列のトリプルネット。
  30. ^ 1983年9月までTBS系列とのクロスネット。
  31. ^ 1983年9月までテレビ朝日系列とのクロスネット。
  32. ^ 1982年9月まではフジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列のトリプルネット。
  33. ^ この他、平日 7:00 - 7:30にも再放送されていた。
  34. ^ 2018年11月14日から。
  35. ^ 夏休み・冬休みの放送されていたアニメ番組の再放送枠子供アニメ大会
  36. ^ うすいファミリー劇場
  37. ^ 「ペンギン村SOS!!」、「ハートで勝負!」、「なんでもOKオーチャくん」、「ペンギン村英雄伝説」。
  38. ^ 「祝!!結婚 あかねと突詰」、「んちゃ!! つおーいアラレとお友達」。
  39. ^ みどりは出番なし。
  40. ^ 現在の江田島市絵の島。

出典[編集]

  1. ^ なつかしアニメch|4月ラインナップ&放送情報」 abema.tv。
  2. ^ 大下英治『仮面ライダーから牙狼へ 渡邊亮徳・日本のキャラクタービジネスを築き上げた男竹書房、2014年、262頁。ISBN 978-4-8124-8997-0。
  3. ^ 大下英治「第八章 アニメファンの拡大 フジテレビと東映、少年ジャンプを口説き落とす」『日本ジャパニーズヒーローは世界を制す』角川書店、1995年11月24日、238頁。ISBN 4-04-883416-9。
  4. ^ a b アニメ様365日[小黒祐一郎] 第69回 『Dr.スランプ アラレちゃん』(TV版)」WEBアニメスタイル、2009年2月19日。
  5. ^ 1985年 ビデオリサーチ調べ
  6. ^ アニメ高世帯視聴率番組 - 1977年9月26日以降に放送された番組【関東地区】」 ビデオリサーチ。
  7. ^ ビデオリサーチ関西地区調べ。
  8. ^ a b 「ずっこけアラレちゃん まじめアトムKO TVアニメホヨヨー人気の秘密」『中日新聞』1981年12月4日付夕刊。
  9. ^ 2014年12月19日(金)放送 爆笑ネタ三連発! - 探偵!ナイトスクープ 過去の放送内容」朝日放送。
  10. ^ テレビ東京『世界!ニッポン行きたい人応援団』2017年2月16日放送。
  11. ^ 森暢平「北朝鮮でも「んちゃ」」『毎日新聞』1997年10月25日付夕刊。
  12. ^ 『脳内エステ IQサプリ』2006年12月30日放送。
  13. ^ 佐藤仁美:今年39歳のアラレちゃんコスプレ 絶賛の声も複雑な思い」まんたんウェブ、2018年1月11日。
  14. ^ 『毎日新聞』1981年12月6日。
  15. ^ 『朝日新聞』1981年12月25日。
  16. ^ 『週刊東洋経済』1986年3月1日号、131頁。
  17. ^ マーチャンダイジングライツレポート1986年3月号
  18. ^ 『オリコン年鑑 1982年版』、67頁。
  19. ^ a b c d 『オリコン年鑑 1983年版』、65頁。
  20. ^ 『オリコン年鑑 1986年版』、392頁。
  21. ^ a b c 毎日新聞・縮刷版。
  22. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1985年3月号、徳間書店、1985年、126 - 127頁。
  23. ^ 『福島テレビ開局20周年記念出版 福島テレビ20年史』福島テレビ、1983年12月25日、49頁。
  24. ^ 『福島民報』1981年10月6日朝刊、テレビ欄。
  25. ^ 『福島民報』1983年3月1日付朝刊、テレビ欄。
  26. ^ 『福島民報』1983年4月12日朝刊、テレビ欄。
  27. ^ 『福島民報』1983年9月27日付朝刊、テレビ欄。
  28. ^ 『福島民報』1983年10月5日付朝刊、テレビ欄。
  29. ^ a b c 「全国放送局別放映リスト」『アニメージュ』1995年9月号、徳間書店、204頁。
  30. ^ 「全国放送局別放映リスト」『アニメージュ』1995年9月号、徳間書店、205頁。
  31. ^ しょこたんとアンガールズ、アラレちゃんのCMに登場」 J-CAST、2006年11月13日。
  32. ^ Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX んちゃ編」 オリコン。
  33. ^ Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX ほよよ編」 オリコン。
  34. ^ 小山高生『Dr.スランプアラレちゃん』集英社〈JUMP j BOOKS〉、1994年。ISBN 4087030210。
  35. ^ コンセプト『コラージュ』篇”. スズキ. 2015年5月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  36. ^ a b コンセプト”. スズキ. 2009年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年2月16日閲覧。
  37. ^ ハスラーコラボ アラレちゃんクリアファイルプレゼント」 スズキアリーナ大久保、2014年9月13日。[リンク切れ]
  38. ^ a b アラレちゃん★どぉぉおん!!!」 スズキ自販茨城、2014年11月20日。[リンク切れ]
  39. ^ ももクロ、『Dr.スランプ』アラレちゃんに! 新CMやメイキング動画が公開中」 RBB Today、2015年5月13日。
  40. ^ 全国3カ所の遊園地でももいろクローバーZがライブを開催! 「遊べる軽」スズキハスラーが特別協賛し、 Dr.スランプアラレちゃんともコラボレーション!」 産経新聞、2015年5月14日。
  41. ^ ハスラー×アラレちゃん(^^)/んちゃ」 スズキ自販東海、2015年5月17日。[リンク切れ]
  42. ^ GU16年秋冬新CMで中条あやみがアラレちゃんに!オシャレな“コナレちゃん”に変身」ファッションプレス、2016年8月30日。
  43. ^ 【ビューカード×Dr.スランプ】最強のSuica?何それつおい?」 ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年8月6日。
  44. ^ 「アラレちゃんが来るぞ この夏絵の島 めちゃんこ大冒険開催」『中国新聞』1982年5月23日、21面。
  45. ^ a b c 新聞広告『中国新聞』1982年7月12日、6面。
  46. ^ 「ゲンゴロウ島 誕生だゾーイ アラレちゃんテープカット」『中国新聞』1982年7月12日、18面。
  47. ^ 「アラレちゃん神社さい銭 恵まれぬ子らへと6万余円を寄付」『中国新聞』1982年8月24日、20面。
  48. ^ 【三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY】ららぽーとTOKYO-BAYは2016年4月で35周年を迎えます。」 三井不動産商業マネジメント株式会社、2016年4月4日。
  49. ^ a b Dr. Slumpアラレちゃん × ららぽーと船橋 」ららぽーとTOKYO-BAY。[リンク切れ]
  50. ^ 表参道店ではコラボカフェも。Dr.スランプ アラレちゃん × TOWER RECORDS CAFE 開催決定!」 タワーレコード、2016年5月24日。
  51. ^ 「Dr.スランプ アラレちゃん」創作こけし発売 たまご型の「ガッちゃん」こけしも」映画.com、2018年3月2日。

関連項目[編集]

フジテレビ
東映アニメーション
その他
フジテレビ系列 水曜19:00 - 19:30枠
前番組 番組名 次番組
がんばれ元気
(1980年7月16日 - 1981年4月1日)
Dr.スランプ アラレちゃん
(1981年4月8日 - 1986年2月19日)
【本作より週刊少年ジャンプ原作アニメ】
ドラゴンボール
(1986年2月26日 - 1989年4月19日)