Dr.トッペル探検隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dr.トッペル探検隊
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 カネコ
発売元 タイトー
人数 1~2人交互プレイ
発売日 [AC]:1988年
テンプレートを表示

Dr.トッペル探検隊』(ドクタートッペルたんけんたい)はカネコが開発してタイトーから1988年にリリースされたアーケードゲーム。ゲームのジャンルは縦画面縦スクロールのシューティングゲームである。ファンタジー調のグラフィックスとは裏腹に敵の攻撃はシビアだった。

ゲームのルール[編集]

8方向レバー、2ボタン(ショット、オプション固定&固定解除)でモリアオガエル号を操作しながら敵を倒していく。全7ステージ。

本作の特徴は自機の後ろに付くオタマジャクシ状のオプションである。通常は自機に追従するだけのオプションを、オプションボタンで固定することでオプションの射撃方向を固定したり、オプション自体を盾にして敵弾などを防ぐことができる。

ミスの条件[編集]

  • 敵や敵弾に当たる。
  • 壁や障害物と画面下辺の間につぶされる。

アイテム[編集]

  • ベル
プレイヤーの前方について弾を撃つ。
  • パワーアップ
プレイヤーの効力がパワーアップ。
  • ホネカブトウオ
骨を壊して頭を取るとバリアがつく。
  • ドル袋
スコア加算。
  • スピードアップ
プレイヤーのスピードがアップ。
  • プレイヤーエクステンド
残数が1機増える。