duet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
DUeT
愛称・略称 デュエット
読者対象 男性or女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 集英社
刊行期間 1986年12月号 -
テンプレートを表示

DUeT』(デュエット)は、ホーム社発行、集英社発売の月刊男性アイドル雑誌。毎月7日発売。1986年12月号創刊。

主にジャニーズ事務所所属のタレントが出演している。

概要[編集]

創刊号の表紙を飾ったのは少年隊で、巻頭15ページで少年隊の特集が行われた。その他、シブがき隊男闘呼組少年忍者、女性アイドルの小泉今日子おニャン子クラブなども登場した[1]

創刊当時のロゴはDのみ大文字で『Duet』だった。発行当初はB5サイズの大きさであった。構成は現在同様ジャニーズ事務所所属のタレントの情報が半分以上を占めていたが、他にアーティスト情報やメイン読者である10代の女の子が抱える悩みなどを分かりやすく解決する特集なども掲載されていた。

カラーページは多くなく、その大きさの関係から大判の付録なども存在しなかったが、近年は特大ポスターなどが多くなった。

現在は、巻頭にはシールなどが付属し、白黒ページにはイラスト投稿コーナーが存在する。

1995年4月号のリニューアルにより現在のサイズになり、ロゴの部分にあった熊のイラストがなくなった。同号の表紙を飾ったのはKinKi Kids[2]

2003年7月号の創刊200号を機に再びリニューアルし、ロゴが『duet』となった。同号の表紙を飾ったのはKinKi Kids[3]

2018年5月号から再びリニューアルし、『DUeT』にロゴが変更された。同号の表紙を飾ったのはHey! Say! JUMP[4]

1990年、同社が発行していた対極となる女性アイドルが中心の雑誌「DUNK」が廃刊[5]。1999年から、「美少女REVOLUTION MAGAZINE DUNK」という名称のオールカラーグラビアマガジンを、duetの増刊号として不定期刊行していた。

キャッチフレーズ[編集]

表紙に記載されていたキャッチフレーズ。

月号 フレーズ
創刊号〜1992年4月号 ビンカン・ギャルの情報マガジン
1992年5月号〜1995年3月号 ティーンズ体感マガジン
1995年4月号〜2003年6月号 Pretty Up! Live Magazine
2003年7月号〜2014年8月号 Super Idol Magazine

2014年9月号以後は表紙にキャッチフレーズの記載はされていない。

年1企画[編集]

d-1グランプリ アイドルなんでもNo.1

毎年1回行われているファン投票の集計によるジャニーズアイドルのランキング企画。1番大きく取り上げられる「恋人にしたいアイドル」は、d-1グランプリのメインイベントである。毎年9月号でランキングを発表。

恋人にしたいアイドル1位
2004 山下智久(当時NEWS
2005 赤西仁(当時KAT-TUN
2006
2007
2008 山田涼介Hey! Say! JUMP
2009
2010
2011
2012
2013

参考文献[編集]

  • 『duet 200 covers デュエット200枚の表紙フォトブック Sweet memories of idols 1986〜2003』発行:ホーム社、発売:集英社、2003年、ISBN 4-8342-4012-6。この本にはページ数(ノンブル)の表記がないため、ページ上部に記載されている年月表記を記載している。

脚注[編集]

  1. ^ 「1986・12」『duet 200 covers デュエット200枚の表紙フォトブック Sweet memories of idols 1986〜2003』。
  2. ^ 「1995・4」『duet 200 covers デュエット200枚の表紙フォトブック Sweet memories of idols 1986〜2003』。
  3. ^ 「2003・7」『duet 200 covers デュエット200枚の表紙フォトブック Sweet memories of idols 1986〜2003』。
  4. ^ 2018年デュエット5月号、ホーム社 - 2021年1月27日閲覧。
  5. ^ 同社の本誌が創刊4周年を迎えたため