E・H・エリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
E・H・エリック
本名 岡田 泰美(おかだ たいび)
生年月日 (1929-08-01) 1929年8月1日
没年月日 (2000-08-17) 2000年8月17日(71歳没)
出生地 フランスの旗 フランスニース
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州マウイ島
職業 タレント俳優司会
著名な家族 岡田眞澄(弟)
岡田美里(次女)
テンプレートを表示

E・H・エリック(E. H. Erick、本名:岡田 泰美(おかだ たいび)、1929年8月1日 - 2000年8月17日)は、日本で活躍した男性タレント俳優。日本人の父とデンマーク人の母をもつ、ハーフタレント。弟は俳優・タレントの岡田眞澄。次女はタレントの岡田美里、長女・三女はいずれも一般人。

芸風[編集]

日劇でコメディアンとしてデビューし、コントから芝居まで何でもこなすマルチタレント、ハーフタレントの草分けでもある。日本語、英語、フランス語が堪能なことから、海外タレントの来日公演にも携わり、芸能史に名を残した司会者として知られる。劇場公演、映画、番組、コマーシャル出演など、ハーフタレントとして成功を極めた。外国出身の日本のタレントとして著名なロイ・ジェームスも芸能界に紹介したのはエリックであり、外人タレントとして知られたイーデス・ハンソンとも頻繁に共演をしていた。

来歴[編集]

父親は日本人の画家の岡田穀(おかだ・みのる)、母親はデンマーク人のインゲボルグ・シーヴァルセン。フランスニースにて誕生。1941年に帰国し、終戦(1945年8月15日)は台湾で迎える。

その後、青山学院高等部からインターナショナルスクールの横浜セント・ジョセフ・カレッジを卒業。卒業後、外資系の舞台音響設備会社に入社、音響機器の仕事に従事し、日劇ミュージックホールの楽屋に出入りした際、日劇の関係者に誘われ、トニー谷泉和助と組んで1953年に24歳で日劇ミュージックホールでデビューする。トニー谷に「外人の顔をしているくせに、べらんめえの日本語が喋れて面白い。舞台でやってみないか」と気に入られ、日劇ミュージックホールの座長格だった泉和助の弟子を師匠と仰いで芸を学んだ。戦後の一時期には南道郎と漫才コンビも組むほどであった。日劇や大阪ミュージックホール、新宿コマ劇場などで芸能活動をしながら、映画やテレビ出演をこなし、NHKの看板番組であった「夢で逢いましょう」へのレギュラー出演をきっかけに、日本人離れした外見と日本のことに詳しい”へんな外人”として、E・H・エリックの名は日本中に知られることとなった。(NHKアーカイブス参照

タレントとしてはCMや番組、ラジオ、映画への出演多数、特に小野薬品のタフマックEDのCMで耳を動かす芸を行い、以降、耳を動かす芸がトレードマークとなる。

また、英語フランス語に堪能なことから、音楽関係のコンサートや番組での司会として活躍し、日本テレビの看板番組であった歌のグランプリショーの初代司会、1966年ビートルズ来日公演日本武道館)では司会とインタビューを担当、赤坂の伝説のナイトクラブ「ニューラテン・クォーター」では11年間司会を務め、ナット・キング・コールナンシー・ウィルソンパット・ブーンダイアナ・ロスなど、名だたる海外のエンターテイナーを迎えた。

晩年はタレント業を控え、日本アムウェイ社の最高位販売員「クラウン・アンバサダー・ダイレクト・ディストリビューター」として活動、高額年収を得ていたことでも知られている。

2000年、パーキンソン病のためアメリカ合衆国ハワイ州マウイ島で死去。71歳没。弟の眞澄は自身に兄弟姉妹は兄一人しかいないことから「まるで片足を失ったような気分だ」と述懐していた。

家族・親戚関係[編集]

主な出演作[編集]

劇場・舞台・コンサート[編集]

映画[編集]

  • 七変化狸御殿(1954年、松竹京都) - ロマノフの用心棒 役
  • 続二等兵物語 南方孤島の巻(1956年、松竹京都) - ロバート 役
  • 東京よいところ(1957年、主演、東京映画) - ウィリアム・ラドン 役、フリスコ・デイリー 役
  • 東京のテキサス人(1957年、主演、東京映画) - ウェスタンデーン 役
  • ますらを派出夫会 粉骨砕身す(1957年) - ウィリアム・マスラー 役
  • ますらを派出夫会 男なりゃこそ(1957年) - マスラー派出夫 役
  • 強情親爺とピンボケ息子(1957年、宝塚映画) - ジミー・カーチス 役
  • オンボロ人生(1958年) - ジャム 役
  • やりくりアパート(1959年、宝塚映画) - 東谷 役
  • やりくりアパート びっくり大放送(1959年、宝塚映画) - 東谷 役
  • 俺の故郷は大西部(1960年、日活) - クライトン 役
  • 恋とのれん(1961年) - チャールス・ミルトン 役
  • 学生重役(1961年) - ウィルソン 役
  • 東京さのさ娘(1962年) - ジミー・スコット 役
  • サラリーマン物語 大器晩成(1963年) - バルブ 役
  • 夜の配当(1963年)
  • 温泉女中(1963年) - へんな外人 役
  • ニッポン珍商売(1963年) - チャールス・マーカット 役
  • 続・てなもんや三度笠(1963年、東映) - フラッシュ船長役
  • やぶにらみニッポン(1963年) - 東宝、ラフカディオ・イヤーン 役
  • こんにちは赤ちゃん(1964年、日活) - ケニイ役
  • 我が青春(1965年) - テレビ司会者 役
  • 調子のいい奴 いたずらの天才(1965年) - マナセプロ、レッド社長 役
  • 大日本殺し屋伝(1965年、日活) - 006 役
  • 陸軍中野学校(1966年、大映) - オスカー・ダビドソン 役
  • 九ちゃんのでっかい夢(1967年、松竹大船) - 殺し屋カルダン 役
  • クレージー黄金作戦(1967年、東宝・渡辺プロ) - 神父 役
  • 関東刑務所帰り(1967年、日活) - シカゴのジョー 役
  • 温泉ゲリラ 大笑撃(1968年) - 安西社長役
  • 青春の風(1968年、日活) - クーパー氏役
  • コント55号と水前寺清子の神様の恋人(1968年)
  • 性犯罪法入門(1969年) - ガシオラ役
  • 喜劇 新宿広場(1969年) - ジョージ二等衛生兵役
  • 高校生番長 深夜放送(1970年) - ディスクジョッキー役
  • 新・ハレンチ学園(1971年、日活) - シルクハット役
  • カポネの舎弟 やまと魂(1971年、東映京都) - ジム役
  • 走れ!コウタロー 喜劇・男だから泣くサ(1971年) - 亜太郎 役
  • 喜劇 男の顔は人生よ(1971年) - 空軍将校 役
  • 夜のならず者(1972年) - 外人パーサー役
  • ルパン三世 念力珍作戦(1974年) - 東宝) - モッキンパット師役
  • 人間の証明(1977年) - 角川春樹事務所) - 司会者役

テレビ・ラジオ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

演じた俳優[編集]