E10号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
欧州自動車道路

Tabliczka E10.svg

E10号線
地図
E10 route.svg
総距離 880km
北端 ノルウェーの旗 ノルウェーオー
南端 スウェーデンの旗 スウェーデンルレオ
接続する
主な道路
(記法)
E06号線 ビェルクビク英語版
E45号線 イェリヴァーレ
E04号線 ルレオ
■Template(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

E10号線欧州自動車道路のAクラス幹線道路。Aクラスの主要道路としては2番目に短い。ノルウェーオーからスウェーデンルレオまでを結ぶ。長さは880km、ノルウェーの部分はオーラヴ5世道路とも呼ばれる。

経路[編集]

オーレクネス英語版スボルベル英語版、Gullesfjordbotn、エヴェネスビェルクビク英語版キルナ、Töre、ルレオ等を経由する。

道の多くは舗装された2車線である。スウェーデン側では90km/h-110km/hの制限速度であり、道幅は7-8mで重車両も問題なくすれ違うことができる。ノルウェー側ではスウェーデン側に比べ道が曲がりくねっており、幅は6-7m、多くは速度制限は80km/hである。 過去15年間の新設・更新部は7.5m幅で作られたが、幾つかの場所ではかなり狭いまま残っている。6m幅の場所では重車両のすれ違いには狭い。オー近くの50km程度では6mより狭く、5mの場所も存在する。バスやキャンピングトレーラーは運転を避けるべきであるが、にもかかわらずこういった車両も通行している。

1992年からE10の名前とされた。1985年以前はE10号線はパリ - ブリュッセル - アムステルダム - フローニンゲンを走る道の名前として利用されていた。ノルウェーのナルヴィクとスウェーデンのキルナ間の道は1984年に完成し、それ以前は2都市間を直接結ぶ道が存在せず、鉄路で1日に3回の旅客列車で移動するか、フィンランドを通した大規模な迂回を行うかであった。2007年、フィスケボール英語版とGullesfjordbotnを結ぶロフォーテン本土接続道路の完成で、ロフォーテン近郊の道の迂回部が30kmほど短絡し、フェリーサービスがE10号線でバイパスされることになった。2007年にはE10号線は18のトンネル部がありそのすべてがノルウェーに存在する。


ギャラリー[編集]

関連項目[編集]