EAFF E-1サッカー選手権2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
EAFF E-1サッカー選手権2017(男子)
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 2017年12月9日 - 12月16日(決勝大会)
チーム数(1連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  韓国 (4回目)
準優勝  日本
3位  中国
4位  北朝鮮
大会統計
試合数 6試合
ゴール数 16点
(1試合平均 2.67点)
総入場者数 107,523人
(1試合平均 17,921人)
得点王 大韓民国の旗 金信旭(3点)
最優秀選手 大韓民国の旗 李在成
 < 20152019 > 
EAFF E-1サッカー選手権2017(女子)
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 2017年12月8日 - 12月15日(決勝大会)
チーム数(1連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  北朝鮮 (3回目)
準優勝  日本
3位  中国
4位  韓国
大会統計
試合数 6試合
ゴール数 15点
(1試合平均 2.5点)
総入場者数 15,135人
(1試合平均 2,523人)
得点王 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金潤美(4点)
最優秀選手 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金潤美
 < 20152019 > 

EAFF E-1サッカー選手権2017: EAFF E-1 Football Championship 2017)は、第7回目のEAFF E-1サッカー選手権であり、東アジアサッカー連盟(EAFF)所属のナショナルチームが出場した。この回より大会名がEAFF東アジアカップからEAFF E-1サッカー選手権に改められた。

本決勝大会は2017年12月8日から12月16日にかけて、日本で開催された。

参加国[編集]

ラウンド 男子 女子
予選第1ラウンド
予選第2ラウンド
決勝大会

* = 下位のラウンドからの勝ち上がりチーム

男子結果[編集]

予選1次ラウンド[編集]

2016年6月30日から7月4日にかけてグアムで開催された。

全試合グアムナショナルトレーニングセンターで開催。

チーム
1  チャイニーズタイペイ 3 3 0 0 13 3 +10 9
2  モンゴル 3 1 1 1 10 4 +6 4
3  マカオ 3 1 1 1 7 6 +1 4
4  北マリアナ諸島 3 0 0 3 2 19 −17 0

出典: EAFF.com

開催日時はすべて現地時間(UTC+10



マカオ  2 - 2  モンゴル
Leong Ka Hang 38分にゴール 38分
Duarte 44分にゴール 44分
レポート(EAFF) Bayarjargal 10分にゴール 10分 (pen.)64分 (pen.)
GFAナショナルトレーニングセンター, デデド
主審: Kim Woo-sung (韓国)

チャイニーズタイペイ  8 - 1  北マリアナ諸島
Wu Chun-ching 30分にゴール 30分56分
Chen Wei-chuan 37分にゴール 37分
林建勛 40分にゴール 40分64分81分90+2分
陳毅維 45+1分にゴール 45+1分
レポート(EAFF) Schuler 90分にゴール 90分
GFAナショナルトレーニングセンター, デデド
主審: Khash-Erdene Bold (モンゴル)


マカオ  3 - 1  北マリアナ諸島
Lam Ka Seng 9分にゴール 9分90+4分
Duarte 40分にゴール 40分
レポート(EAFF) Griffin 11分にゴール 11分 (pen.)
GFAナショナルトレーニングセンター, デデド
主審: Chen Hsin-chuan (チャイニーズタイペイ)

モンゴル  0 - 2  チャイニーズタイペイ
レポート(EAFF) 林建勛 57分にゴール 57分
Lin Shih-kai 90分にゴール 90分
GFAナショナルトレーニングセンター, デデド
主審: 岡部拓人 (日本)


北マリアナ諸島  0 - 8  モンゴル
レポート(EAFF) Bayarjargal 27分にゴール 27分 (pen.)36分 (pen.)
Nyam-Osor 39分にゴール 39分
Daginaa 45分にゴール 45分
Tögöldör 54分にゴール 54分55分84分
Erdenebat 79分にゴール 79分
GFAナショナルトレーニングセンター, デデド
主審: 岡部拓人 (日本)

チャイニーズタイペイ  3 - 2  マカオ
林建勛 36分にゴール 36分64分
Tseng Chih-wei 88分にゴール 88分
レポート(EAFF) Chan Man 7分にゴール 7分
Lei Ka Him 77分にゴール 77分
GFAナショナルトレーニングセンター, デデド
主審: Kim Woo-sung (韓国)

表彰[編集]

得点王 MVP
チャイニーズタイペイの旗 林建勛 チャイニーズタイペイの旗 林建勛


予選2次ラウンド[編集]

2016年11月6日から11月12日にかけて香港で開催された。

全試合旺角スタジアムで開催。

チーム
1  北朝鮮 3 3 0 0 5 0 +5 9
2  香港 3 2 0 1 7 5 +2 6
3  チャイニーズタイペイ 3 1 0 2 4 6 −2 3
4  グアム 3 0 0 3 2 7 −5 0

出典: EAFF.com

開催日時はすべて現地時間(UTC+8



北朝鮮  2 - 0  チャイニーズタイペイ
Jong Il-gwan 16分にゴール 16分
Sim Hyon-jin 87分にゴール 87分
レポート(EAFF)
旺角スタジアム, 香港
主審: Pranjal Banerjee (インド)

香港  3 - 2  グアム
アレックス 19分にゴール 19分67分 (pen.)
Sandro 22分にゴール 22分
レポート(EAFF) カンリフ 74分にゴール 74分
Malcolm 81分にゴール 81分
旺角スタジアム, 香港
観客数: 3,299
主審: Võ Minh Trí (ベトナム)


グアム  0 - 2  北朝鮮
レポート(EAFF) So Hyon-uk 66分にゴール 66分
朴光龍 87分にゴール 87分
旺角スタジアム, 香港
主審: Khash-Erdene Bold (モンゴル)

香港  4 - 2  チャイニーズタイペイ
アレックス 21分にゴール 21分48分70分71分 レポート(EAFF) Chen Po-liang 62分にゴール 62分
Chen Chao-an 88分にゴール 88分
旺角スタジアム, 香港
観客数: 3,354
主審: Wang Di (中国)


チャイニーズタイペイ  2 - 0  グアム
Wu Chun-ching 26分にゴール 26分
Lin Chieh-hsun 80分にゴール 80分
レポート(EAFF)
旺角スタジアム, 香港
主審: Tumenbayar Doljinsuren (モンゴル)

香港  0 - 1  北朝鮮
レポート(EAFF) Jong Il-gwan 22分にゴール 22分
旺角スタジアム, 香港
観客数: 4,838
主審: Pranjal Banerjee (インド)


表彰[編集]

得点王 MVP
香港の旗 アレックス・アカンデ 朝鮮民主主義人民共和国の旗 リ・ヨンチョル

決勝大会[編集]

チーム
1  韓国 3 2 1 0 7 3 +4 7
2  日本 3 2 0 1 4 5 −1 6
3  中国 3 0 2 1 4 5 −1 2
4  北朝鮮 3 0 1 2 1 3 −2 1

出典: EAFF.com

開催日時はすべて現地時間(UTC+9



韓国  2 - 2  中国
金信煜 12分にゴール 12分
李在成 19分にゴール 19分
レポート 韋世豪 9分にゴール 9分
于大宝 76分にゴール 76分
味の素スタジアム東京
観客数: 9,103人[1]
主審: Khamis Al-Marri (カタール)[1]

日本  1 - 0  北朝鮮
井手口陽介 90+3分にゴール 90+3分 レポート
味の素スタジアム東京
観客数: 20,806人[2]
主審: Chris Beath (オーストラリア)[2]


北朝鮮  0 - 1  韓国
レポート (李勇哲) 64分にゴール 64分 (OG)
味の素スタジアム東京
観客数: 5,477人[3]
主審: Hettikamkanamge Perera (スリランカ)[3]

日本  2 - 1  中国
小林悠 84分にゴール 84分
昌子源 88分にゴール 88分
レポート 于大宝 90+3分にゴール 90+3分 (PK)
味の素スタジアム東京
観客数: 17,220人[4]
主審: Muhammad Taqi (シンガポール)[4]


中国  1 - 1  北朝鮮
韋世豪 28分にゴール 28分 レポート 鄭日冠 81分にゴール 81分

日本  1 - 4  韓国
小林悠 3分にゴール 3分 (PK) レポート 金信煜 13分にゴール 13分35分
鄭又榮 23分にゴール 23分
廉基勳 69分にゴール 69分
味の素スタジアム東京
観客数: 36,645人[6]
主審: Chris Beath (オーストラリア)[6]


優勝国[編集]

 EAFF E-1サッカー選手権2017 

韓国
2大会連続4回目

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP 大韓民国の旗 李在成
得点王 大韓民国の旗 金信旭 3得点
最優秀GK 大韓民国の旗 趙賢祐 1失点
最優秀DF 大韓民国の旗 張賢秀

女子結果[編集]

予選1次ラウンド[編集]

2016年6月29日から7月3日にかけてグアムで開催された。

全試合グアムナショナルトレーニングセンターで開催。

チーム
1  グアム 2 2 0 0 10 0 +10 6
2  マカオ 2 0 1 1 0 5 −5 1
3  北マリアナ諸島 2 0 1 1 0 5 −5 1

出典: EAFF.com

※マカオと北マリアナ諸島は直接対戦の戦績・全試合の得失点差・全試合の総得点のいずれにおいても並んでいるため、イエローカード・レッドカードの数により[7]、マカオが2位・北マリアナ諸島が3位となる(マカオ:イエローカード0・レッドカード0、北マリアナ諸島:イエローカード2・レッドカード0)。

開催日時はすべて現地時間(UTC+10



グアム  5 - 0  マカオ
Johnson 12分にゴール 12分
カウフマン 18分にゴール 18分48分
サーバー 22分にゴール 22分
Perez 42分にゴール 42分
レポート(EAFF)
GFAナショナルトレーニングセンター, デデド


マカオ  0 - 0  北マリアナ諸島
レポート(EAFF)
GFAナショナルトレーニングセンター, デデド


グアム  5 - 0  北マリアナ諸島
サーバー 30分にゴール 30分74分
カウフマン 43分にゴール 43分
Willter 44分にゴール 44分
Perez 90分にゴール 90分
レポート(EAFF)
GFAナショナルトレーニングセンター, デデド


表彰[編集]

得点王 MVP
グアムの旗 サマンサ・カウフマン
グアムの旗 ペイジ・サーバー
グアムの旗 サマンサ・カウフマン

予選2次ラウンド[編集]

2016年11月8日から11月14日にかけて香港で開催された。

全試合香港足球會球場で開催。

チーム
1 大韓民国の旗 韓国 3 3 0 0 36 0 +36 9
2 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ 3 2 0 1 13 10 +3 6
3  香港 3 1 0 2 1 19 −18 3
4  グアム 3 0 0 3 1 22 −21 0

出典: EAFF.com

開催日時はすべて現地時間(UTC+8



グアム  0 - 13  韓国
レポート(EAFF) 鄭楔儐 9分にゴール 9分23分33分48分
Moon Mi-ra 15分にゴール 15分26分
李珉娥 40分にゴール 40分 (pen.)79分
康裕美 55分にゴール 55分
Jang Sel-gi 61分にゴール 61分
李金玟 64分にゴール 64分
Kwon Eun-som 71分にゴール 71分
趙昭賢 86分にゴール 86分
香港足球會球場, 香港
観客数: 365
主審: Shiva Yari (イラン)

香港  0 - 5  チャイニーズタイペイ
レポート(EAFF) 林雅涵 6分にゴール 6分19分
包欣玄 31分にゴール 31分
Lee Hsiu-chin 64分にゴール 64分
Chen Yen-ping 87分にゴール 87分
香港足球會球場, 香港
観客数: 365
主審: Công Thị Dung (ベトナム)


香港  0 - 14  韓国
レポート(EAFF) 李金玟 11分にゴール 11分70分72分
Lee Young-ju 19分にゴール 19分56分
李珉娥 23分にゴール 23分 (pen.)
Lee Hyun-young 28分にゴール 28分54分
Wong So Han 35分にゴール 35分 (o.g.)
Choe Yu-ri 61分にゴール 61分
Cheung Wai Ki 66分にゴール 66分 (o.g.)
Kwon Eun-som 69分にゴール 69分
Jang Sel-gi 75分にゴール 75分
Lee So-dam 84分にゴール 84分 (pen.)

チャイニーズタイペイ  8 - 1  グアム
Lai Li-chin 2分にゴール 2分42分
Lee Hsiu-chin 29分にゴール 29分
包欣玄 39分にゴール 39分
林雅涵 40分にゴール 40分82分85分
Yu Hsiu-chin 47分にゴール 47分
レポート(EAFF) サーバー 12分にゴール 12分


香港  1 - 0  グアム
Cheung Wai Ki 13分にゴール 13分 レポート(EAFF)
香港足球會球場, 香港
主審: Công Thị Dung (ベトナム)

韓国  9 - 0  チャイニーズタイペイ
李珉娥 13分にゴール 13分
康裕美 18分にゴール 18分66分
Jang Sel-gi 37分にゴール 37分
李金玟 39分にゴール 39分
鄭楔儐 60分にゴール 60分
Moon Mi-ra 68分にゴール 68分
Choe Yu-ri 78分にゴール 78分
趙昭賢 81分にゴール 81分
レポート(EAFF)



表彰[編集]

得点王 MVP
大韓民国の旗 鄭楔儐
大韓民国の旗 李金玟
チャイニーズタイペイの旗 林雅涵
大韓民国の旗 李珉娥

決勝大会[編集]

チーム
1  北朝鮮 3 3 0 0 5 0 +5 9
2  日本 3 2 0 1 4 4 0 6
3  中国 3 1 0 2 3 4 −1 3
4  韓国 3 0 0 3 3 7 −4 0

出典: EAFF.com

開催日時はすべて現地時間(UTC+9



中国  0 - 2  北朝鮮
レポート 金潤美 24分にゴール 24分78分
千葉市蘇我球技場千葉
観客数: 1,201人[8]
主審: Thein Thein Aye (ミャンマー)[8]

日本  3 - 2  韓国
田中美南 8分にゴール 8分
中島依美 71分にゴール 71分
岩渕真奈 83分にゴール 83分
レポート 趙昭賢 14分にゴール 14分 (PK)
韓彩麟 80分にゴール 80分
千葉市蘇我球技場千葉
観客数: 3,080人[9]
主審: Kate Jacewicz (オーストラリア)[9]


北朝鮮  1 - 0  韓国
金潤美 18分にゴール 18分 レポート
千葉市蘇我球技場千葉
観客数: 1,514人[10]
主審: Mahsa Ghorbani (イラン)[10]

日本  1 - 0  中国
田中美南 20分にゴール 20分 レポート
千葉市蘇我球技場千葉
観客数: 3,163人[11]
主審: Công Thị Dung (ベトナム)[11]


韓国  1 - 3  中国
康裕美 85分にゴール 85分 レポート 王珊珊 18分にゴール 18分
金度妍 35分にゴール 35分 (PK)
任桂辛 90分にゴール 90分
千葉市蘇我球技場千葉
観客数: 950人[12]
主審: Edita Mirabidova (ウズベキスタン)[12]

日本  0 - 2  北朝鮮
レポート 金潤美 65分にゴール 65分
李香心 82分にゴール 82分
千葉市蘇我球技場千葉
観客数: 5,227人[13]
主審: Kate Jacewicz (オーストラリア)[13]


優勝国[編集]

 EAFF E-1サッカー選手権2017 

北朝鮮
3大会連続3回目

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金潤美
得点王 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金潤美 4得点
最優秀GK 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金明順 0失点
最優秀DF 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金南嬉

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月9日). 2017年12月10日閲覧。
  2. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月9日). 2017年12月10日閲覧。
  3. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月12日). 2017年12月10日閲覧。
  4. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月12日). 2017年12月10日閲覧。
  5. ^ a b マッチレポート” [比赛报告] (日本語). 日本足协 (2017年12月16日). 2017年12月10日閲覧。
  6. ^ a b マッチレポート” [比赛报告] (日本語). 日本足协 (2017年12月16日). 2017年12月10日閲覧。
  7. ^ EAFF E-1 FOOTBALL CHAMPIONSHIP 2017 ROUND 1 GUAM”. 東アジアサッカー連盟. 2017年5月7日閲覧。
  8. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月8日). 2017年12月10日閲覧。
  9. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月8日). 2017年12月10日閲覧。
  10. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月11日). 2017年12月10日閲覧。
  11. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月11日). 2017年12月10日閲覧。
  12. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月15日). 2017年12月10日閲覧。
  13. ^ a b マッチレポート” [Match Report] (日本語). JFA (2017年12月15日). 2017年12月10日閲覧。