EASTWEST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

EASTWEST(イーストウェスト)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ハリウッドソフトウェア・シンセサイザーの製作会社。同社によるサンプラー音源であるQuantum Leapシリーズが有名。日本での販売はハイ・リゾリューション。

製品一覧[編集]

<>内は日本で発売されていない製品(下記の製品を利用するにはiLok USBキーでのオーサライズが必要となる)。

  • 音源
    • Hollywood Orchestral Woodwinds:オーケストラ木管楽器用。四管編成程度まで使用される楽器を網羅(バスフルート小クラリネット等)。DiamondとGold、<Silver>の3グレード。
    • Hollywood Brass:オーケストラ金管楽器用。DiamondとGold、<Silver>の3グレード。
    • Hollywood Strings:オーケストラ弦楽合奏用。ソロは含まれない。DiamondとGold、<Silver>の3グレード。
    • Symphonic Orchestra:オーケストラ用。通称QLSO(内外ともに)。上記Hollywoodシリーズほどには楽器や音が用意されていない。Platinum Plus、Platinum、Gold、Silverの4グレード。
    • Symphonic Choirs:合唱用。歌詞を歌わせることができるワードビルダー(Word Builder)が付属。
    • Goliath:総合音源。GMにも対応。
    • SD2:打楽器音源。オーケストラの楽器からドラムセット、エスニック打楽器まで網羅。
    • SD3:打楽器音源。オーケストラの楽器からドラムセット、エスニック打楽器まで網羅。上記SD2とは異なる録音が用いられる。
    • RA:ワールドミュージック用総合音源。
    • Ministry Of Rock:ロック用音源。
    • Ministry Of Rock 2:ロック用音源。無印とは収録内容に違いがある。
    • Fab Four:ポップミュージック用音源。
    • Gypsy:ロマ音楽用。
    • Silk:シルクロード をコンセプトとした、アジア系音源。
    • THE DARK SIDE:暗く不気味な音色を特徴とする音源。
    • Piano:ピアノ用。FullとGoldの2グレード。
    • Voices of Passion:ウェールズ、シリア、インド、ブルガリア、アメリカ等の女声音源。
    • <Solo Violin>:ソロヴァイオリンのみ収録。上記各製品とは異なる音色である。ダウンロード販売限定。
  • その他
    • SPACES:ホールやスタジオなど演奏空間を再現するためのリバーブ

上記製品において異なるグレードが用意されているものは、収録した音色数、音色クオリティの違い(16bitと24bit)、収録マイクの位置などである。

Playエンジン[編集]

現行のEASTWEST社製品を使用するためのソフトウェアエンジン。単体、VSTAU、RTASに対応し、WindowsMacいずれも32ビット64ビット双方のシステムに対応している。最新版はVer.4.23(2013年10月現在)。当初は動作が不安定で評価が悪かったが、バージョンアップを重ねた現在はある程度改善されている。しかし、読み込みサンプルが大変膨大であるため、パソコンの動作環境は厳しい。製品にもよるが、最低でも2GBのメモリ、7200rpm以上のハードディスクかSSDを必要としており、推奨環境は64bit OSおよび8GBのメモリである。これは近年のパソコンの著しい進歩によって、高音質を実現することが可能になったことの裏返しでもある。なお、2007年ごろまではNative InstrumentsKontaktを使用していた。

関連項目[編集]