EDBeta

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

EDBeta(いーでぃー・べーた)は、家庭用ビデオ方式のベータマックスをより高画質にするために開発された規格である。正式名称は「Extended Definition Beta」

このEDは当時テレビ放送の改良規格として準備が進んでいたEDTVからとられている。なお、EDTVのEDはEnhanced Definitionの略も込められている。

概要[編集]

ソニーがベータマックスをより高画質化するために開発したフォーマットである。順序としては、初期のノーマルなベータに対し、テープはそのままに、記録信号の周波数を高めたハイバンドベータ、及び更に高画質化したSHBベータがあり、EDBetaはその次の高画質規格。最終的にこの規格はソニーのみが取り扱い、他メーカはテープメーカも含めて一切関わらなかった。また、このあとは家庭用にも全く別のデジタル記録によるビデオ規格が開発されて行くため、ベータフォーマットでの高画質化はEDBetaで最後となった。

開発に至る経緯[編集]

背景には、1987年1月に日本ビクター(現 JVCケンウッド)がVHSの高画質規格であるS-VHSを発表したことにある。それまでVHSより画質の面で有利とされていたベータのアドバンテージが大きく揺らぐこととなったため、対抗するためわずか2ヶ月でのスピード発表となった。

規格開発発表[編集]

規格の発表は1987年3月に行われた。 この時点で、再生機および再生用ソフトが準備されていた。発表に使われた再生機はテープを挿入するデッキ部分と信号を処理する部分の2つに別れたもので、前面に透明なアクリルが施されたものだった。このデザインが好評だったため、後に商品化されたEDBetaの家庭用デッキには同様の前面にアクリルを施したデザインが採用された。

発表時に流された映像は、水平解像度500本を表示できているテストパターンの他、風景映像などを撮影したものだった。実際に商品を発売するまではそれから約半年後の9月であり、S-VHSが発売されてから5ヶ月が経過していた。

開発発表のときの公表内容[編集]

  • 水平解像度500本(S-VHSは400本)
  • 専用塗布メタルテープ(S-VHSは高性能コバルトドープ系酸化鉄テープ)
  • FM輝度信号の記録はホワイトピークレベル8.6MHz(S-VHSは7MHz)、周波数変移幅は1.8MHz
  • 新開発のTSSヘッド及びテープスタビライザーで高画質と安定性を図った。
  • 録画モードはEDベータⅡ、EDベータⅢ

商品化[編集]

民生機(家庭用)として発売されたのは、ビデオデッキ5機種、カムコーダビデオカメラ)1機種、専用メタルテープ4種である。商品化に際し、以下の点が開発時から変更された。

  • FM輝度信号の記録はホワイトピークレベル9.3MHz、周波数変移幅は2.5MHz

変更理由について、商品化発表時に「ダビング時のSN比を良くするため」と説明されている。

記載されている定価は発売当初のもの。途中で消費税が施行され物品税が廃止されたため、定価の変更が行われている。

家庭用[編集]

ビデオデッキ[編集]

全てのビデオデッキで、当時充実してきたBSチューナーを搭載しておらず、アナログ地上波のチューナーのみとなっている。EDベータだけではなく、ノーマルのベータ及びハイバンドベータ記録が可能。ハイファイ対応。テープ挿入口に、正式名称である「Extended Definition Beta」の記載と、サイドウッドとシューがつくというデザイン面での統一が図られている。それまでのソニーのベータ機種と違い、特殊再生が全て8ビットデジタル処理となった。なお、型番千番台が奇数の機種はボディカラーがブラック、偶数の機種はシルバーである。

  • EDV-9000(定価295,000円 1987年9月発売)

編集機能を充実させたフラッグシップモデル。最初に発売され、いちばん最後まで生産販売された。前年に発売されたSHBベータ機のSL-HF3000がベースとなっており、ジョグダイヤルやシャトルリンク、編集プログラム数や編集時の誤差などが共通している。 発売当時はキャンペーンとして、写真家の前田真三氏がハイビジョン機材を使用して北海道美瑛町を撮影した「四季の丘 夏」が付属した。元の16:9の映像の両サイドを切って4:3にしたバージョンだった。

  • EDV-5000(定価189,000円 1987年11月発売)

ベーシックモデル。SHBベータでいうSL-HF1000Dに近いが、ローディングメカニズムが新規となったため、1000Dで特徴的だったリニアケースティングメカは不採用となった。 1000Dでオプションだったサイドウッドとアダプタシューが標準で付いている。回転ヘッドに目詰まりが多いため、非売品の乾式クリーニングテープが付属されていた。全機種の中で唯一、FE(フライングイレースヘッド)が不採用なため、重ね取りに盛大なレインボーノイズが出る。 EDV-9000と同じく、発売当時はキャンペーンとして、開発発表時にデモ映像として流された、「四季の丘 夏」が付属した。

  • EDV-7000(定価220,000円 1988年6月発売)

外部BSチューナー(ソニー製)と連携して予約録画ができる「BSコントロール」搭載機種。デザイン面での特徴として本体右側にある「シャトルエディット」とあるレバー状の押しボタンで、録画中の編集点を決めることが可能。

  • EDV-8000(定価220,000円 1989年発売)

操作ボタンが電源とテープイジェクトボタンのみ前面にあり、その他の操作ボタンは全て内ぶたに収納されているというデザインの異色の機種。前機種の7000とおなじシャトルエディットを搭載、小画面で確認できるなど使い勝手を向上させている。

  • EDV-6000(定価175,000円 1990年3月発売)

最後に発売されたEDベータ。7000から本体のシャトルエディットを省いたデザイン(シャトルエディットはリモコンのみとなった)。

カムコーダー(ビデオカメラ)[編集]

  • EDC-50(定価730,000円 1988年発売)

EDベータ専用ビデオカメラ、通称ED CAM(カム)。それまでのベータムービーと全く異なり、より業務用ライクなデザイン、色信号と輝度信号で撮像体を分けた2CCD方式、レンズを交換できるマウント式(標準としてタムロン製10倍ズームレンズ)、カメラ部とデッキ部を分離して組み換えが可能なセパレート式などが大きな特徴。カメラ部の水平解像度は550本と、EDベータの記録できる解像度を上回るように設計されていた。ボディカラーはグレーでカセット挿入蓋に「EDCAM」の字が印字されている。

ビデオテープ[編集]

EDベータは録画再生を専用のメタルテープで行う(通常のベータは酸化鉄テープのみ)。形状はベータテープとほぼ同じだが、専用テープの検出孔がテープ裏面の中央やや上部にあり、これが専用テープであることと、テープの厚みをデッキに伝えている。誤消去防止も従来と違い、テープ裏面の右端上部に赤いスライド状のものとなっている。(押し込んだ場合録画不可となる)従来の誤消去防止のツメははじめから空いた状態とされており、従来デッキでの録画ができないようにされている。この形式は、放送・業務用であるベータカムのテープと同じである。

生テープは発売時期により4期に別れており、型番の末尾が変更されている。記録時間別に初期に2種類が発売され、2期目のモデルチェンジで4種類を発売、3期目に3種となった。この他に、EL-85も店頭用デモソフト向けに製造されているが、録画用生テープとしては販売されていない。種類と発売時期は以下の通り。

発売されたテープ一覧

種類 記録再生時間 1期目 2期目 3期目 4期目 定価 1期目 定価2,3期目
EL-125 EDβⅡ 30分/EDβⅢ 45分 EL-125N 2,000円
EL-250 EDβⅡ 60分/EDβⅢ 90分 EL-250 EL-250N EL-250A EL-250B 2,800円 2,400円
EL-500 EDβⅡ 120分/EDβⅢ 180分 EL-500 EL-500N EL-500A EL-500B 3,500円 3,000円
EL-750 EDβⅡ 180分/EDβⅢ 270分 EL-750N EL-750A EL-750B
備考 1987年9月発売

真ん中が透明のパック

1988年末発売

パッケージがブラック基調

超微粒子磁性体DIG NAX使用

EL-750Nは後で追加された。

HiPackingマーク付 1995年2月発売

発売時は幅広ウインドウだったが

後期はベータカムのリッド型が

流用されインデックス部が広くなった。

ビデオソフト[編集]

高画質を生かしたソフトがいくつか発売されたが、他のビデオフォーマットに比べて極端に少なく、入手もソニー専門店や大型CDショップなどごく限られた範囲でしか取り扱われなかった。

最初に発売されたソフト[編集]

最初に発売されたのは以下の4本。

  • キャスリーン・バトル リリック・ソプラノ

アメリカの歌手、キャスリーン・バトルのライブビデオ。1987年5月東京人見記念講堂でハイビジョン収録、全18曲。

  • 四物遊撃 サムルノリVSサントリーホール

コリアンパーカッションのサムルノリサントリーホール公演。4本中このソフトのみD-2収録。87年9月収録

  • 「四季の丘 夏」
  • 「四季の丘 秋」

最初に発売されたビデオデッキに付属されていた配布版「四季の丘 夏」を販売用版として発売、写真家の前田真三氏が撮影したハイビジョン作品。配布版と違い、上下に黒帯の入ったハイビジョンの16:9のアスペクト比映像となっている。ピアノ演奏は中村由利子

その他のソフト[編集]

後に出たソフトには以下のとおり。

環境映像

  • 四季の丘 冬
  • 四季の丘 春
  • 四季の丘 春夏秋冬(総集編)
  • 巴里

映画

音楽[編集]

  • ザ・ガッドギャング デジタルライヴ

その他[編集]

  • Wow!'88キャンペーンギャルズ
  • THE TEST TAPE

業務用機器[編集]

EDW-95

放送業務用としてEDV9000をベースとしたデッキ。ボディカラーはホワイトシルバー。背面は映像のみBNC入出力であるものの、音声はピンプラグとなっている。チューナーレス。

EDW-150

EDC-50をベースに、BNCコネクタやキャノンプラグのマイク入力、レンズがフジノン製12倍等業務用にリファレンスされた機種。

海外での展開[編集]

EDV-9500(カナダではEDV-9300

日本のEDV-9000をベースとした北米版

EDV-7500(カナダではEDV-7300

日本のEDV-7000をベースとした北米版

EDC-55 

日本のEDC-50をベースとした北米版

関連項目[編集]

  • ベータマックス
  • S-VHS 同時期に出たVHSの高画質規格
  • S-VHS-C S-VHSのビデオカメラ用小型規格
  • Hi8 8ミリビデオの高画質規格
  • S端子
  • DV 1994年に始まった新規格のデジタルビデオ