EVERLASTING (L'Arc〜en〜Cielの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > EVERLASTING (L'Arc〜en〜Cielの曲)
EVERLASTING
L'Arc〜en〜Cielシングル
リリース
規格 CDPHOTOS
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Music
作詞・作曲 hyde (作詞)
ken (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 2014年8月度月間8位(オリコン)
  • 2014年度年間106位(オリコン)
  • 登場回数4回(オリコン)
  • 8位Billboard JAPAN Hot 100)
  • 2位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
L'Arc〜en〜Ciel 年表
CHASE
2011年
EVERLASTING
2014年
Wings Flap
2015年
テンプレートを表示

EVERLASTING」(エヴァーラスティング)は、L'Arc〜en〜Cielの完全受注生産限定シングル。2014年8月13日発売。発売元はKi/oon Music

解説[編集]

12thアルバム『BUTTERFLY』以来約2年半ぶりとなる未発表音源を収録した作品のリリース。「X X X」以来3度目となるタイアップ曲を含まないCD作品となった。

本作は「MUSIC & PHOTOS -国立競技場公演 Memorial Edition-」と銘を打ち、完全受注生産限定盤(CDPHOTOS)の1形態で発売。発売日は2014年8月13日だが、本作は受注生産作品であるため、事前予約期間である2014年3月25日から同年5月31日までの予約分のみがリリースされた。また、ライブフォトが異なる「LE-CIEL盤」がファンクラブ会員限定で販売された。また、ジャケットデザインは、イラストレーターの粟津泰成が担当しており、ライブ会場となった国立霞ヶ丘陸上競技場がバックに描かれた、楽曲の詩を再現したイラストとなっている[1]

前述のように本作は限定作品として発売されたが[2]、オリコンでは2014年8月25日付シングルチャートの2位にランクインしておりシングル扱いとなっている。また、公式サイト内のディスコグラフィーでもシングルに分類されている。

この作品はハードカバーの特別仕様(約28cm×32cm)となっており、2014年に行われたライブ「L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」の大判ライブフォト10枚が付属している[3]。また、同年11月12日発売のライブビデオ『L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場』と本作の両作品を購入した人の中から抽選で120名に、国立競技場公演の会場に飾られたフラッグ(全8種)をプレゼントする特典施策の応募券が封入されている[4][5]

また、本作にはカップリング曲と表題曲のインストゥルメンタルは収録されていない。そのため、1998年7月8日発売の10thシングル「HONEY」、11thシングル「花葬」以来となる収録曲が1曲のみのCD作品となっている。

シングル発売週前後のメンバーのラジオテレビ等メディア出演によるプロモーション活動は一切行われなかったが、発売年12月放送のテレビ朝日系番組『ミュージックステーション スーパーライブ 2014』にてテレビ初披露された。

公式なミュージック・ビデオは制作されておらず、テレビで紹介される際には、国立競技場でのライブ映像が流れる。

収録曲[編集]

  1. EVERLASTING
    • 作詞: hyde / 作曲: ken / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel
    2014年3月21日22日国立霞ヶ丘陸上競技場で行われたライブ「L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」で新曲として披露された。
    作曲者のken曰く、制作時は殆どメロディーの無い曲を作る気分だったという[6]。本曲は打ち込みガットギターと歌メロだけで成立する曲を目指していたと語っている[6]
    ライブで初披露する際、作詞を担当したhydeは本楽曲についてMCで、「新曲はkenちゃんが作るような、映画音楽のような、L'Arc〜en〜Cielにしかできない音楽がいいなと思っていた。20何年バンドをやっていると、それが言わなくても伝わる。イメージ通りの曲を作ってくれました[7]」とコメントしている。
    また、tetsuyaベースではなくギターを担当しており、ライブではkenとtetsuyaによるツインギターというスタイルで披露されている[8]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ LArc-en-Cielファン必見!線と余白で相手にイメージさせるイラストレーター粟津泰成 - MediArt
  2. ^ 翌年12月23日発売のシングル「Wings Flap」が39thシングル「CHASE」以来4年ぶりのシングルとして発表されている。
  3. ^ ラルク新曲リリース、ライブ映像化、世界ツアー映画を発表 - ナタリー(2014年3月22日)
  4. ^ ライブビデオには同特典施策の応募ハガキが付属している。
  5. ^ 限定120枚!ラルク新作購入者に国立フラッグプレゼント - ナタリー(2014年5月27日)
  6. ^ a b 『GiGS』2016年2月号
  7. ^ ラルク、“最後の国立”2daysで16万人動員「すごく光栄」 - オリコン(2014年3月23日)
  8. ^ L'Arc〜en〜Ciel、超満員の国立競技場ライブ!千発の花火とともに幕を閉じる! - WHAT's IN? WEB(2014年3月23日)