EZチャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

EZチャンネル(イージーチャンネル)は、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話が提供していた、携帯電話向け動画コンテンツ配信サービス。

目次

概要 [編集]

2003年11月28日CDMA 1X WINと同時にサービス開始された[1]。WINの高速通信・定額料金を活かした最大3MBのコンテンツが利用できる[1]。動画・静止画・音楽・文字情報などを組み合わせたSMILフォーマットにより配信される[1][2]。ユーザーがあらかじめ番組表から観たい番組を利用登録しておくと、深夜から早朝にかけて自動的にダウンロードされる仕組みとなっている[1][2][3]。利用登録できるコンテンツは1端末につき3番組までである[2][3]。番組によって視聴期間か再生回数が定められており、それを超えると再生できなくなる[3][4]。新しい番組がダウンロードされると古い版は自動的に上書きされるが、番組によってはユーザーの操作により保存することが可能である[2][4]

ストリーミングとは違いデータは端末内に保存されるため、圏外時でも利用可能であり[2]、再生時にパケット通信は発生しないが、容量が非常に莫大となるため、利用する場合はパケット定額サービス(ダブル定額)の契約が推奨されている[3]

スマートフォンWi-Fiの普及に伴い、2012年9月30日をもってサービスを終了した[5][6][7]

2006年9月にはEZチャンネルの改良版にあたる「EZチャンネルプラス」が開始されるが[8]、こちらも2012年5月31日をもってサービス終了している[5][6][7]

配信番組 [編集]

関連項目 [編集]

脚注 [編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d au、高速通信と定額制を実現した新サービス「CDMA 1X WIN」” (日本語). ケータイWatch. Impress Watch (2003年10月22日). 2012年8月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e 寝ている間に番組がやってくる~「EZチャンネル」” (日本語). ITmedia Mobile. アイティメディア (2003年10月22日). 2012年8月26日閲覧。
  3. ^ a b c d EZチャンネル” (日本語). KDDI用語集. KDDI (2010年8月24日). 2012年8月26日閲覧。
  4. ^ a b 寝てる間にやってくる「EZチャンネル」って面白い?” (日本語). ITmedia Mobile. アイティメディア (2003年12月16日). 2012年8月26日閲覧。
  5. ^ a b “auケータイ向け映像配信サービス「EZチャンネル」、「EZチャンネルプラス」の提供終了について” (プレスリリース), KDDI, (2012年3月2日), http://www.kddi.com/corporate/news_release/2012/0302/ 
  6. ^ a b au、「EZチャンネルプラス」「EZチャンネル」が終了” (日本語). ケータイWatch. Impress Watch (2012年3月2日). 2012年8月26日閲覧。
  7. ^ a b KDDI、「EZチャンネル」と「EZチャンネルプラス」を終了” (日本語). ITmedia Mobile. アイティメディア (2012年3月2日). 2012年8月26日閲覧。
  8. ^ 音楽番組やお笑い番組が配信される「EZチャンネルプラス」” (日本語). ケータイWatch. Impress Watch (2006年8月28日). 2012年8月26日閲覧。