Enigmail

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Enigmail
SignedAndEncryptedMessage.png
Mozilla ThunderbirdとEnigmailによって署名・暗号化されたメッセージ
開発元 Patrick Brunschwig
初版 2009年11月30日 (2009-11-30)
最新版 2.1.7 - 2020年6月27日(34日前) (2020-06-27[1][±]
最新評価版 3.0a1 - 2020年4月19日(3か月前) (2020-04-19[2][±]
リポジトリ gitlab.com/enigmail/enigmail
プラットフォーム クロスプラットフォーム
対応言語 多言語
種別 暗号化ソフトウェア
ライセンス MPL 2.0[3]
公式サイト www.enigmail.net
テンプレートを表示

Enigmailは、Mozilla ThunderbirdおよびPostbox英語版において、OpenPGPに基づいてメッセージの暗号化署名を行うための拡張機能。EnigmailとGNU Privacy Guardは共に、オープンソースかつフリーソフトウェアである。

Enigmailは2001年にRamalingam Saravananによって開発が開始され、2003年にPatrick Brunschwigに引き継がれた。2009年にバージョン1.0が正式にリリースされた。

概要[編集]

Enigmailは、Microsoft WindowsUnix系OS、Mac OS上で動作する。暗号化署名機能はGNU Privacy Guardによって提供されるため、Enigmail単体では動作しない。EnigmailはS/MIMEによる暗号化署名には不要である。また、さらに送受信経路の秘匿化まで行う場合は、併せてTorBirdyも用いる。

EnigmailとThunderbirdの組み合わせは、OpenPGPによる暗号化において最も広く利用されている[4]。Thunderbird 78からはEnigmailが使えなくなるため、Thunderbird 68までの対応である(代替としてThunderbird 78からはThunderbirdにOpenPGPが統合される)[5]

Enigmail 2.0.8まではSeaMonkeyにも対応していたが、2.0.9から外された[6]

Enigmail 2.1.3からはPostboxにも対応している[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Enigmail - Changelog” (2020年6月27日). 2020年7月30日閲覧。
  2. ^ Enigmail - Nightly Build” (2020年4月19日). 2020年5月24日閲覧。
  3. ^ Enigmail - License Information”. 2016年2月25日閲覧。
  4. ^ Lee, Micah (2013年7月2日). “Encryption Works: How to Protect Your Privacy in the Age of NSA Surveillance”. Freedom of the Press Foundation. 2015年1月10日閲覧。
  5. ^ 「Thunderbird」がメール暗号化・デジタル署名「OpenPGP」を標準サポートへ
  6. ^ a b Enigmail - Changelog”. 2020年7月31日閲覧。
  7. ^ TorBirdy :: Thunderbird向けアドオン - Thunderbird Add-ons
  8. ^ torbirdy – Tor Bug Tracker & Wiki