evergreen (HYDEの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
evergreen
HYDEシングル
初出アルバム『ROENTGEN
B面 evergreen (english ensemble)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2001年
イギリスの旗 イギリス
ジャンル ポップス
時間
レーベル HAUNTED RECORDS
Ki/oon Records
作詞・作曲 HYDE
プロデュース HYDE
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2001年度年間58位(オリコン)
  • 登場回数7回(オリコン)
  • HYDE シングル 年表
    evergreen
    2001年
    Angel's tale
    (2001年)
    ROENTGEN 収録曲
    WHITE SONG
    (2)
    evergreen
    (3)
    OASIS
    (4)
    テンプレートを表示

    evergreen」(エヴァーグリーン)は、日本ロックバンドL'Arc〜en〜Cielのボーカリスト、HYDEの1枚目のシングル2001年10月17日発売。発売元はKi/oon Records内の自身の主宰レーベルHAUNTED RECORDS

    解説[編集]

    ロックバンドのL'Arc〜en〜Cielが、同年の9月5日に「Spirit dreams inside -another dream-」をリリースした後、事実上の活動休止状態に入った時期にソロ名義でリリースされた1stシングル。このソロ活動を行うにあたり、Ki/oon Records内に個人レーベルHAUNTED RECORDS」を立ち上げた。HYDEが命名したレーベル名の"HAUNTED"は「幽霊の出没する」という意味で、コウモリを"H"の形にあしらったロゴマークもHYDEのデザインである。

    本作以降の3作品では「」をテーマに、L'Arc〜en〜Cielでのバンドサウンドから脱却したアコースティック・ギターがメインとなったアンプラグド的な楽曲をリリースしている。

    本作は初回限定盤(8cmCD)と通常盤(12cmCD)の2形態でリリース。初回限定盤仕様は8cmシングル、棺桶型の特別ケース。ジャケットは、1本のバラが釘で打ち付けられたものになっている。

    表題曲の「evergreen」は、楽曲製作中に起こった友人の死をテーマに作られたバラードである。メイン楽器になっているアコースティック・ギターは、GibsonのStyle-Oであり、アルバム『ROENTGEN』に至る全楽曲で使用されている[1]ピアノオーケストラハープサックスパーカッションなどが、進行していくに連れて重なっていく構成になっている。

    ミュージック・ビデオは白を基調とし、アコースティックギターで歌うHYDEをズームのみの調整で終始、撮影しているため編集はされていない。そのため途中で歌詞やコードを間違えると、最初から撮り直した。

    カップリングの「evergreen (english ensemble)」はピアノをメインにオーケストラを組み合わせたリアレンジバージョンとなっている。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲: HYDE。
    #タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
    1.「evergreen」HYDEHYDEHYDE
    2.「evergreen (english ensemble)」HYDEHYDEHYDE

    タイアップ[編集]

    evergreen

    参加ミュージシャン[編集]

    • HYDE:Vocal
    • Ian Curnow:Keyboards, Programming, Mixed
    • Dave Ford:Keyboards, Programming, Mixed
    evergreen
    evergreen (english ensemble)
    • Chris Laurence:Double Bass
    • Dave Arch:Piano, Organ
    • Pip Williams:Orchestral Arrangement

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ DVD『ROENTGEN STORIES』より