視聴者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

視聴者(しちょうしゃ)とは、テレビなどの映像を見る人のこと。英語ではオーディエンスAudience)というが、オーディエンスにはラジオなどの聴取者を含む。

視聴者の数の指標として視聴率があり、日本の主な調査会社にエーシーニールセンビデオリサーチがある。

インターネット放送動画サービスでは、視聴者数あるいは再生回数が示されることが多い。

視聴者構成割合[編集]

視聴者の性別年齢などの構成を示す指標が視聴者構成割合(オーディエンス・コンポジション)である[1]。視聴者構成割合は自社が制作した番組、またその番組の広告主にとっては自社が提供した番組やコマーシャルをどのような人たち(視聴者層)に視聴されたか知る手がかりとなる[1]

例えばビデオリサーチの場合、視聴者を下記のように区分している[2]

  • C層:4-12歳の男女(Cは英語で子供を表すChildの意味)
  • T層:13-19歳の男女(TはTeenagerティーンエイジャーの意味)
  • F1層:20-34歳の女性(Fは英語で女性を表すFemaleの意味)
  • F2層:35-49歳の女性
  • F3層:50歳以上の女性
  • M1層:20-34歳の男性(Mは英語で男性を表すMaleの意味)
  • M2層:35-49歳の男性
  • M3層:50歳以上の男性

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 藤平芳紀『視聴率』大空社、1996年、174頁。
  2. ^ 視聴率調査関連の専門用語(アルファベット順)(ビデオリサーチ)

関連項目[編集]