FANTASY (MY LITTLE LOVERのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FANTASY
MY LITTLE LOVERスタジオ・アルバム
リリース
録音 TOKYUFUN, VICTOR STUDIO, A&M RECORDING STUDIOS, MUSIC GRINDER STUDIOS
ジャンル J-POP
レーベル トイズファクトリー
avex trax(再発)
プロデュース 小林武史
MY LITTLE LOVER アルバム 年表
organic
2002年
FANTASY
2004年
Self Collection 〜15 Currents〜
2004年
テンプレートを表示

FANTASY』(ファンタジー)は2004年1月21日に発売されたMY LITTLE LOVERの5枚目のアルバム。発売元はトイズファクトリー

解説[編集]

前アルバム、『Topics』より約2年半ぶりとなるアルバムである。前作からほとんど活動は行っておらず、また藤井も抜け、知名度・人気も更に下がっていた。前作ではシングルヒットはなかったものの、それなりにアルバムの宣伝は意欲的に行ったが、このアルバムでは雑誌の取材くらいと少なめであった。また、同時期に出ていたSurvivalなどのシングル曲が一切入っていない全10曲がすべて書き下ろし、ノンタイアップのアルバムである。小林は「1stを除けば一番気に入っているアルバム」と評価したが、セールス的には不振だった前作より更に不振を極めた。そのためか、小林が全編的に加入した最後のアルバムとなり、これ以降小林はMY LITTLE LOVERから距離を置くこととなり、自身の曲をSalyuで使うようになる(単発的なシングル提供はある)。ジャケットも非常に簡素なものである。本作発売当時、公式ホームページではジャケットのハートを特徴的に用いたフラッシュムービーが使われていた。

内容的には藤井が抜けたことも有り、打ち込みが多い仕上がりになっている。小林は「短編小説を読むような気持ちで聞いてほしい」と語っている。9曲目の「ちいさな魂」は本来ラストに入れようと考えていた曲だが、「光速を超えて」が加わった。「ちいさな魂」では「揺るぎないものなんて何もない」「あなたがすぐにも旅に出たいのならば 私を於いてでもためらうこと事はないよ」と、その後の小林の離脱、離婚などを示唆するような歌詞が歌われている。

所属レーベル・トイズファクトリーからリリースされるオリジナルアルバムとしては実質上、本作が最後となった(本来のラストアルバムは、同年に発売したベストである)。

収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲:小林武史

  1. FANTASY
  2. サテライト
  3. Melody
  4. Shiny Shoe
  5. Period
  6. 悲しみよ今日わ
  7. Sweet Home
  8. Gypsy
  9. ちいさな魂
  10. 光速を超えて

参加ミュージシャン[編集]

All Songs Written, Arranged, Played All Instruments, Recorded, Mixed by 小林武史

  • 四家卯大:Cello (10)
  • 古川昌義:Guitar (9)
  • 清水ひろたか:Guitar (1)
  • 松永俊弥:Drums (9)
  • 山本拓夫:Saxophone (9)
  • 西村浩二:Trumpet (9)
  • 広原正典:Trombone (9)

脚注[編集]