FCガンジュ岩手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
FCガンジュ岩手
原語表記 FCガンジュ岩手
愛称 ガンジュ
クラブカラー      オレンジ
創設年 2006年
所属リーグ 東北社会人
所属ディビジョン 1部
クラブライセンス (未承認)
ホームタウン 岩手県盛岡市八幡平市
ホームスタジアム 不明
代表者 中西哲也
監督 中西哲也
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

FCガンジュ岩手(エフシーガンジュいわて、F.C. Ganju Iwate)は、岩手県盛岡市八幡平市を本拠地として活動するサッカーのクラブチームである。 Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

クラブ概要[編集]

2006年創設。2016年までの運営会社は株式会社岩鷲エンタープライズ

クラブ名のガンジュとは、岩手県の象徴である岩手山の別名が岩鷲山(がんじゅさん)であることに由来する。エンブレムはチーム名の「ガンジュ(岩鷲)」をモチーフにして鷲が地球儀を鷲掴みしている図柄と背景に残雪の岩手山に現れた鷲の形が描かれている。

歴史[編集]

2006年グルージャ盛岡から分離独立する形で創設。当初は「いこいの村岩手」の支援を受け、八幡平市を練習拠点とした[1]

2007年[編集]

岩手県社会人リーグ4部所属として本格的な活動を開始。ジェフユナイテッド市原などで活躍した武藤真一を中心に元Jリーガーなどのプロ契約選手、外国籍選手など多数擁して、岩手県社会人リーグ4部優勝。リーグ戦以外では、第57回岩手県サッカー選手権大会を優勝し天皇杯岩手県代表の座を獲得。第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会に岩手県代表として初出場、1回戦で埼玉SC埼玉県代表)と対戦し2-3で敗れた。さらに第14回全国クラブチームサッカー選手権大会にも出場を決め全国優勝を果たした。

2008年[編集]

監督に岩手県遠野市出身で元ジュビロ磐田GKの菊池直喜を招聘。チームは引き続き積極的な補強を行い、元清水エスパルスで元U-18日本代表財津俊一郎や元U-21韓国代表キムハンビョルなどを獲得し、圧倒的成績で岩手県社会人リーグ3部優勝を果たし2部昇格を決めた。

2009年[編集]

3月、これまで支援を行ってきたいこいの村岩手が活動拠点をめぐる相違から独立し、「アンソメット岩手・八幡平」を設立[2]。 岩手県出身の元湘南ベルマーレ照井篤、同じく岩手県出身でFリーグステラミーゴいわて花巻元主将の山谷紘大、元大分トリニータ川田和宏、元韓国代表趙世權など各方面から多彩な選手を獲得。岩手県社会人リーグ2部を制覇し1部昇格を決めた。リーグ戦以外では、大分県でおこなわれた第16回全国クラブチームサッカー選手権大会に出場、決勝でHOYO Atletico ELAN大分に勝利して2年ぶり2回目の優勝を果たした。

2010年[編集]

グルージャ盛岡TDKサッカー部などで活躍し東北社会人サッカーリーグ1部得点王の経験もある原田太、カマタマーレ讃岐などで活躍した三ヶ崎伸穂など獲得。シーズン途中には、昨年まで大宮アルディージャに所属していたDFの西村陽毅も補強した。8月29日、チームは3年ぶりに岩手県サッカー選手権大会決勝まで進んだもののグルージャ盛岡に0-2で敗れ3年ぶりの天皇杯岩手県代表とはならなかったが、リーグ戦の方では今年も圧倒的な強さを見せ10戦全勝で岩手県社会人リーグ1部を制覇、北東北3県チャレンジリーグでも優勝し岩手県社会人リーグに所属していた4年間リーグ戦無敗(39勝1分0敗)という成績を残し卒業、東北社会人サッカーリーグに昇格を決めた。

2011年[編集]

監督に川崎フロンターレ台湾代表などの監督経験のある今井敏明を招聘。前シーズンの主力選手も大半が残留し、モンテディオ山形から栗原祐樹、元FC岐阜姜曉一などの元Jリーグ所属選手を中心に選手を補強。開幕前の3月におこった東日本大震災の影響で東北リーグのレギュレーションが変更となり東北リーグ1部への昇格がなくなってしまったためチームスタッフ、選手のモチベーション維持が難しいシーズンとなったが、リーグ戦2位以内に与えられる来年度の全国社会人サッカー選手権大会東北予選への出場権を獲得した。

2012年[編集]

アルビレックス新潟から長谷部彩翔岩崎陽平を獲得。さらにファジアーノ岡山から小寺優輝を獲得。その他外国籍選手など計10人の選手を補強。シーズン途中に2011年から監督を務めていた今井敏明が退任し、ジェフユナイテッド市原でプレイしFCコリアなどで監督経験のある申在範と交代。JFL横河武蔵野FCでプレイした経験を持つ上田英生もコーチとして迎え体制強化を図った。第48回全国社会人サッカー選手権大会東北予選の代表決定戦で福島ユナイテッドFCに敗れ全社出場はならなかったが、リーグ戦の方ではシーズンを通して安定した力を見せつけ東北2部北で優勝し東北1部昇格を決めた。

2013年[編集]

初の東北1部では3位という結果。悲願のJFL昇格は成らなかった。

2014年[編集]

2年目にして東北1部で優勝。シーズンを通じて圧倒的な得点力などで他チームの追随を最後まで許さなかった。チームとしては初となる地域決勝(第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会)に進出。グループリーグでは初戦で十勝フェアスカイFCを破るも浦安SCF.C.大阪に破れて決勝ラウンドに進出できなかった。

2015年[編集]

3年目でも東北一部で優勝。2連覇を飾り、地域決勝(第39回全国地域サッカーリーグ決勝大会)に進出するもグループステージで敗退した。天皇杯は県予選の決勝でグルージャ盛岡に阻まれて出場できずに終わった。

2016年[編集]

監督に蒋基栄が就任、選手の相次ぐ移籍と引退で先発の11人のみで戦う試合もある中3位を確保。天皇杯は県予選準々決勝で岩手大学に敗れた。

2017年[編集]

運営会社名が「株式会社アズイズ」に変更される。2月にアンソメットの流れを汲み、かつて岩手県リーグに所属していたサッカークラブ「八幡平トーレゾール」と統合。アズイズは運営を離れる。クラブの活動拠点は八幡平市に置かれた[3][4]

チーム成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 天皇杯 監督
2007 岩手県4部 優勝 30 10 10 0 0 130 0 +130 1回戦敗退 武藤真一
2008 岩手県3部 優勝 30 10 10 0 0 100 1 +99 - 菊池直喜
2009 岩手県2部 優勝 28 10 9 1 0 96 3 +93 -
2010 岩手県1部 優勝 30 10 10 0 0 68 2 +66 - 長谷篤
2011 東北2部 2位 27 10 9 0 1 51 5 +46 - 今井敏明
2012 東北2部北 優勝 39 14 13 0 1 88 13 +75 - 今井敏明/申在範
2013 東北1部 3位 40 18 13 1 4 67 17 +50 - 申在範
2014 優勝 50 18 16 2 0 129 5 +124 -
2015 優勝 47 18 15 2 1 107 11 +96 -
2016 3位 32 18 9 5 4 48 31 +17 - 蒋基栄
2017 8位 15 18 5 0 13 31 58 -27 - 的場大治
2018 2位 36 18 11 3 4 71 29 +42 -
2019 6位 21 18 6 3 9 42 54 -12 -

天皇杯[編集]

  • 出場1回
年月日 時期 会場 スコア 対戦相手 観客
87 2007年9月16日 1回戦 盛岡南 2-3 埼玉SC (埼玉) 587

タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

その他[編集]

個人[編集]

東北社会人サッカーリーグ1部
  • 得点王
  • アシスト王
    • 2014年 日本の旗 大橋康史(18アシスト)
    • 2015年 日本の旗 濱田克大(19アシスト)
    • 2018年 日本の旗 熊谷心真(13アシスト)
東北社会人サッカーリーグ2部
  • 得点王
    • 2011年 大韓民国の旗 姜曉一(17得点)
    • 2012年 日本の旗 原田太(24得点)
  • アシスト王

2020年在籍選手・スタッフ[編集]

スタッフ[編集]

役職 名前 前職 備考
監督 日本の旗 中西哲也 FCガンジュ岩手 選手兼コーチ 新任
選手兼監督

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 藤原真之介 日本の旗福山大学 新加入
25 日本の旗 岡本那津 日本の旗吉備国際大学 新加入
DF 2 日本の旗 和田篤 日本の旗七戸SC 新加入
3 日本の旗 田中大地 日本の旗 東京情報大学 新加入
4 日本の旗 新田拓矢 日本の旗 fcfuji-08 新加入
7 日本の旗 中西哲也 日本の旗 グルージャ盛岡 選手兼監督
13 日本の旗 吉田知生 日本の旗江南義塾高等学校 新加入
18 日本の旗 田所柊 日本の旗ヴァンラーレ八戸U-18 新加入
22 日本の旗 大内周 日本の旗 アルティスタ浅間
MF 5 日本の旗 長屋輝 日本の旗名古屋サッカークラブ 新加入
6 日本の旗 山中透 日本の旗藤沢ユナイテッド 新加入
9 日本の旗 三田優 日本の旗八戸大学
16 日本の旗 竹田宇宙 日本の旗 八幡平トーレゾール
31 日本の旗 千葉光生 日本の旗七ヶ浜SC
33 日本の旗 鹿村祥平 日本の旗 ブランデュー弘前FC
FW 8 日本の旗 佐藤史門 ノルデンシュタッド 新加入
10 日本の旗 熊谷心真 日本の旗富士大学
32 日本の旗 熊谷紋司 日本の旗 コバルトーレ女川

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

  • 日本の旗 田中賢治(2006年-2007年)
  • 日本の旗 菊池直喜(2008年-2009年)
  • 日本の旗 草下聖人(2018年-2019年)
  • 日本の旗 河野匠哉(2018年-2019年)

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) オレンジ
FP(2nd)
GK(1st) 水色 水色 水色
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •      オレンジ

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
岩鷲百選市場 百選市場 2012年 -
鎖骨 なし
背中上部 ミチノク 株式会社ミチノク 2012年 - 2011年は袖
背中下部 なし
なし
パンツ なし

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2011 エバープロテクト 解禁前 kosho 解禁前 株式会社ミチノク - Kappa
2012 百選市場 株式会社ミチノク -
2013
2014
2015
2016 -
2017
2018 -
2019
2020

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社でゼロから出発 武藤氏監督にFCガンジュ岩手発足 - 盛岡タイムス 2006年3月25日
  2. ^ 「アンソメット」設立へ 八幡平市にサッカーチーム - 岩手日報WebNews 2009年3月14日
  3. ^ クラブプロフィール FCガンジュ岩手
  4. ^ クラブ概要 八幡平トーレゾール