FCジンナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

FCジンナン(エフシージンナン)は、1972年に誕生した日本の女子サッカーで初のクラブチーム。東京都リーグの強豪チームで多くの代表選手を輩出したが、1986年日産自動車をスポンサーとする「日産FCレディース」となり、発展的解消を遂げた。

クラブの概要・歴史[編集]

1972年に誕生した日本の女子サッカーで初のクラブチーム。日本サッカー協会(JFA)の女性事務局員が「週刊サッカーマガジン」(ベースボール・マガジン社)誌上でのメンバー公募などにより呼びかけ、これを見た高校生や社会人などにより結成された。

名称のジンナンは東京都渋谷区内にあり、NHKの所在地としても知られる地名「神南」に由来するが、当時はこの地に在った岸記念体育会館内にJFAの事務局が置かれていたため、ここの職員による男子チーム「FC神南」の許可を得た上で命名された。

結成当時は女性用のサッカー用具がなかったため、ジュニア用スパイクに、男子Sサイズのサッカーパンツをダボダボで身に付け、またなかなか練習場が見つからない状態ではあったがサッカー好きの集まりということもあり、楽しく行っていたといわれる。

1977年には第2回AFC女子選手権チャイニーズタイペイ)に日本代表チームとして参加。1979年3月に日本女子サッカー連盟が誕生し、翌1980年に開催された第1回全日本女子サッカー選手権大会では初代女王となった。

「女釜本」と呼ばれた石川通子(いしかわ・みちこ)や山田弥生などのスター選手を続々と誕生させ、後には日本女子代表(なでしこジャパン)の中心選手となり2020年現在監督としてなでしこジャパンを率いる高倉麻子も中学校・高校時代は週末に福島県から通っていた[1]。また、同チームで活躍した岡島喜久子はその後に日本サッカー協会の女子部門で要職を務め、2021年に開始される女子のプロサッカーリーグ、WEリーグの初代チェア(代表者)となった。

1989年から女子にも全国リーグ(日本女子サッカーリーグ)が作られることになったため、FCジンナンは1986年から日産自動車をスポンサーとする「日産FCレディース」となり、発展的解消を遂げた。

ただし、男子チームの日産自動車サッカー部横浜マリノスとして新設の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に参加が決まると、レディースチームは経費削減の対象となり、Jリーグ開始初年の1993年限りで解散したため、FCジンナンの歴史を直接受け継ぐサッカーチームは存在しなくなった。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山本浩/斎藤久子 (2016). "日本女子サッカー界の歩みと共に 高倉 麻子". 次世代の架け橋となる人びと. 笹川スポーツ財団. 2020年7月24日閲覧

関連項目[編集]