FCジンナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FCジンナン(エフシージンナン)は、1972年に誕生した日本の女子サッカーで初のクラブチーム。東京都リーグの強豪チームで多くの代表選手を輩出したが、1986年日産自動車をスポンサーとする「日産FCレディース」となり、発展的解消を遂げた。

クラブの概要・歴史[編集]

1972年に誕生した日本の女子サッカーで初のクラブチーム。日本サッカー協会(JFA)の女性事務局員が「週刊サッカーマガジン」(ベースボール・マガジン社)誌上でのメンバー公募などにより呼びかけ、これを見た高校生や社会人などにより結成された。

名称のジンナンは東京都渋谷区内にあり、NHKの所在地としても知られる地名「神南」に由来するが、当時はJFAの事務局がこの地にある岸記念体育会館内にあったため、ここの職員による男子チーム「FC神南」の許可を得ての命名された。

結成当時は女性用のサッカー用品がなかったため、ジュニア用スパイクに、男子Sサイズのサッカーパンツをダボダボで身に付け、またなかなか練習場が見つからない状態ではあったがサッカー好きの集まりということもあり、楽しく行っていたといわれる。

1977年には第2回AFC女子選手権チャイニーズタイペイ)に日本代表チームとして参加。1979年3月に日本女子サッカー連盟が誕生し、翌1980年に開催された第1回全日本女子サッカー選手権大会では初代女王となった。

「女釜本」と呼ばれた石川通子(いしかわ・みちこ)や山田弥生などのスター選手を続々と誕生させ、のちには日本女子代表の中心選手となる高倉麻子も高校時代は週末に福島県から通っていた。

1989年から女子にも全国リーグ(日本女子サッカーリーグ)が作られることになったため、FCジンナンは1986年から日産自動車をスポンサーとする「日産FCレディース」となり、発展的解消を遂げた。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]