FCバイエルン・ミュンヘンII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FCバイエルン・ミュンヘン > FCバイエルン・ミュンヘンII
FCバイエルン・ミュンヘンII
Logo FC Bayern München (2002–2017).svg
原語表記 FC Bayern München II
愛称 Kleine Bayern (小さなバイエルン)
クラブカラー
創設年 1900年
所属リーグ 3.リーガ
ホームタウン ミュンヘン
ホームスタジアム グリュンヴァルター・シュタディオン英語版
収容人数 21,272
代表者 ドイツの旗 ウリ・ヘーネス
監督 ドイツの旗 セバスティアン・ヘーネス英語版
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

FCバイエルン・ミュンヘンIIドイツ語: FC Bayern München II、旧称:バイエルン・ミュンヘン・アマチュア)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ・FCバイエルン・ミュンヘンのサッカー部門のリザーブチームである。3.リーガに所属する。

概要[編集]

このチームはユース部門英語版に所属する選手達がトップチームへ昇格するための最終ステップの役割を担っている。通常は18歳から23歳までの有望な若手選手により構成されているが、経験を与えることを目的に数人のベテラン選手を補強することもある。

2008年の選手達

リーグ戦においては1978年からオーバーリーガ1994年からレギオナルリーガ・ズュートに所属し、2003-04シーズンに同リーグで優勝[1]。2007-08シーズンに創設された3. リーガへ参加資格を得ると、同シーズンは5位の成績を収めたが[1][2]、2010-11シーズンは最下位となりレギオナルリーガへ降格した[3]。これ以降はレギオナルリーガでのプレーが続いている。2013-14シーズンにレギオナルリーガ・バイエルンで優勝し[1]SCフォルトゥナ・ケルンとの昇格プレーオフに進出、2試合合計で2-2という結果に終わったがアウェイゴールの差で昇格を逃した[4]。2018-19シーズンはふたたびレギオナルリーガ・バイエルンで優勝し、VfL ヴォルフスブルク II英語版との昇格プレーオフに進出。1st Legは1-3、2nd Legは4-1、2試合合計で 5-4のスコアで勝利し、3.リーガに昇格した。

カップ戦ではドイツ・アマチュアサッカー選手権英語版において2度の決勝進出の経験を持つが、1983年MSVデュースブルクに1-4、1987年FCホンブルクに0–2のスコアで敗れ準優勝という結果に終わった[1]。また、DFBポカールにおいては1976-77シーズンにベスト16進出(トップチームとの兄弟対決となったが3-5のスコアで敗退[5])、1994-95シーズンにベスト8進出[1]VfLヴォルフスブルクに1-2のスコアで敗退[6])、2004-05シーズンにベスト8進出[1]ヴェルダー・ブレーメンに0-3のスコアで敗退[7])をした実績を持つが、2014年の時点ではリザーブチームのカップ戦出場は認められていない。

国際大会ではプレミアリーグ・インターナショナルカップ英語版の2018-19大会において優勝している。

タイトル[編集]

リーグ[編集]

カップ[編集]

  • バイエリッシャー・トト・ポカールドイツ語版 : 1回
    • 2002
  • オーバーバイエルンカップ : 1回
    • 1995, 2001, 2002

国際大会[編集]

  • プレミアリーグ・インターナショナルカップ英語版 : 1回
    • 2018

過去の成績[編集]

出典[8]
  • 1994-95 レギオナルリーガ・ズュート 7位
  • 1995-96 レギオナルリーガ・ズュート 13位
  • 1996-97 レギオナルリーガ・ズュート 8位
  • 1997-98 レギオナルリーガ・ズュート 6位
  • 1998-99 レギオナルリーガ・ズュート 8位
  • 1999-00 レギオナルリーガ・ズュート 5位
  • 2000-01 レギオナルリーガ・ズュート 9位
  • 2001-02 レギオナルリーガ・ズュート 10位
  • 2002-03 レギオナルリーガ・ズュート 4位
  • 2003-04 レギオナルリーガ・ズュート 1位
  • 2004-05 レギオナルリーガ・ズュート 6位
  • 2005-06 レギオナルリーガ・ズュート 11位
  • 2006-07 レギオナルリーガ・ズュート 8位
  • 2007-08 レギオナルリーガ・ズュート 8位
  • 2008-09 3. リーガ 5位
  • 2009-10 3. リーガ 8位
  • 2010-11 3. リーガ 20位
  • 2011-12 レギオナルリーガ・ズュート 7位
  • 2012-13 レギオナルリーガ・バイエルン 2位
  • 2013-14 レギオナルリーガ・バイエルン 1位
  • 2014-15 レギオナルリーガ・バイエルン 2位
  • 2015-16 レギオナルリーガ・バイエルン 6位
  • 2016-17 レギオナルリーガ・バイエルン 2位
  • 2017-18 レギオナルリーガ・バイエルン 2位
  • 2018-19 レギオナルリーガ・バイエルン 1位

歴代監督[編集]

出典[9]
ヘルマン・ゲアラントは3度に渡ってチームを指揮した。
  • ドイツの旗 ヴェルナー・カーン英語版 1970–1977
  • ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・グレーベン英語版
  • ドイツの旗 フリッツ・ビショフドイツ語版 ?–1988
  • ドイツの旗 ハンス=ディーター・シュミット英語版 1988–1990
  • ドイツの旗 ヘルマン・ゲアラント英語版 1990–1995
  • ドイツの旗 ライナー・ウルリヒ英語版 1995–1998
  • ドイツの旗 ウド・バセミール 1998–2001
  • ドイツの旗 ヘルマン・ゲアラント 2001–2009
  • ドイツの旗 メーメット・ショル 2009–2010
  • ドイツの旗 ヘルマン・ゲアラント 2010–2011
  • ドイツの旗 ライナー・ウルリヒ 2011.4 – 2011.6
  • オランダの旗 アンドリース・ヨンケル英語版 2011–2012
  • ドイツの旗 メーメット・ショル 2012–2013
  • オランダの旗 エリック・テン・ハフ 2013–2015
  • ドイツの旗 ハイコ・フォーゲル英語版 2015-2017.3
  • ドイツの旗 ダニー・シュヴァルツ英語版 2017.3-2017.6
  • ドイツの旗 ティム・ヴァルター英語版 2017.7-2018.6
  • ドイツの旗 ホルガー・ザイツ英語版 2018.7-2019.6
  • ドイツの旗 セバスティアン・ヘーネス英語版 2019.7-

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]