FC岐阜SECOND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FC岐阜 > FC岐阜SECOND
FC岐阜SECOND
原語表記 FC岐阜SECOND
愛称 セカンド
クラブカラー     [1]
創設年 2006年
所属リーグ 東海社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームスタジアム 岐阜県フットボールセンター他
運営法人 株式会社岐阜フットボールクラブ
監督 田端勇介
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

FC岐阜SECOND(エフシーぎふセカンド、FC GIFU SECOND)は、日本岐阜市を中心とする岐阜県全県をホームタウンとする[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するFC岐阜のセカンドチーム。

概要[編集]

2006年に「FC岐阜B」として設立。設立目的は、2006年にFC岐阜が行ったレギュラーの入替に溢れたアマチュア選手の受け皿となることと、2012年の第67回国民体育大会(ぎふ清流国体)に向けた強化であった[2]

初年度に関係者による日程見落としのため、試合を放棄。棄権試合扱いとされ同年の成績を無効とされた[3]

2008年に「FC岐阜SECOND」に名称変更。同年には岐阜県サッカー選手権大会で優勝し、第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会に出場した。2010年より東海社会人サッカーリーグ2部に、2011年から東海社会人リーグ1部に参入している。

なお運営会社の株式会社岐阜フットボールクラブは、長年の経営環境の悪化により、ぎふ清流国体開催後は当クラブを維持していくことは無理という認識をしていた[4]。 当初の目的であったぎふ清流国体では、2回戦京都府に敗れベスト8に終わったが、FC岐阜SECONDが単独で岐阜県チームとなった翌年の第68回国民体育大会(スポーツ祭東京2013)では決勝で東京都を破り、岐阜県に同競技初優勝をもたらした。

2013年、第49回全国社会人サッカー選手権大会で3位に入賞し、第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会への出場資格を得たが辞退した[5]

チーム成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 全社 監督 備考
2006 岐阜地区
1部
- - - - - - - - - 県予選敗退 予選敗退 日本の旗 松永英機 試合放棄[3]
2007 優勝 (16) 39 15 15 0 0 135 0 +135 県予選敗退 入替戦[6]
2008 岐阜県2部 優勝 (10) 27 9 9 0 0 72 2 +70 1回戦敗退 日本の旗 辛島啓珠
2009 岐阜県1部 優勝 (10) 27 9 9 0 0 50 2 +48 1回戦敗退 2回戦敗退 日本の旗 伊藤哲也
2010 東海2部 優勝 (8) 32 14 10 2 2 38 10 +28 1回戦敗退 予選敗退
2011 東海1部 5位 (8) 19 14 5 4 5 21 19 +2 2回戦敗退
2012 2位 (8) 30 14 9 3 2 40 21 +19 1回戦敗退
2013 2位 (8) 27 14 9 0 5 28 16 +12 1回戦敗退 3位 日本の旗 辛島啓珠→
日本の旗 勝野正之
第37回地域決勝出場辞退
2014 6位 (8) 17 14 5 2 7 26 29 -3 県予選敗退 予選敗退 日本の旗 勝野正之
2015 5位 (8) 20 14 6 2 6 24 22 +2 2回戦敗退 1回戦敗退 日本の旗 ラモス・ファビアノ
2016 5位 (8) 15 14 5 0 9 13 23 -10 1回戦敗退 予選敗退
2017 7位 (8) 10 14 2 4 8 15 33 -18 県予選敗退  日本の旗 勝野正之
2018 東海2部 優勝 (8) 32 14 10 2 2 36 19 +17 県予選敗退

所属選手・スタッフ[編集]

2019年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
総監督 日本の旗 勝野正之 FC岐阜SECOND 監督
監督 日本の旗 田端勇介 FC岐阜SECOND ヘッドコーチ
選手兼任コーチ 日本の旗 木田稔彦 近畿大学
GKコーチ 日本の旗 鈴木誠
日本の旗 佐野靖典

選手[編集]

Pos. No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 足立俊人 FC.ISE-SHIMA
21 日本の旗 田中大裕 名古屋経済大学
31 日本の旗 井坂健太 常磐大学
DF 2 日本の旗 岩本将吾 ドイツの旗 TuSエルンテブリュックドイツ語版
3 日本の旗 松田千尋 岐阜工業高校
4 日本の旗 白川将太郎 阪南大学
5 日本の旗 横山雅哲 キャプテン 大垣工業高校
22 日本の旗 日置亮輔 東濃実業高校
24 日本の旗 松本天人 環太平洋大学
26 日本の旗 木田稔彦 近畿大学 コーチ兼任
MF 6 日本の旗 岩永尚也 愛知学泉大学
7 日本の旗 永石大世 平成国際大学
8 日本の旗 渡辺有作 ザスパ草津チャレンジャーズ
9 日本の旗 井上博喜 岐阜経済大学
10 日本の旗 古市拓巳 帝京高校
14 日本の旗 磯部楓也 ドイツの旗 SSVボルンハイム
16 日本の旗 入山晃輔 FC岐阜U-18
19 日本の旗 角拓哉 名古屋グランパスU-18
FW 11 日本の旗 高橋陸 大垣工業高校
17 日本の旗 石川勇翔 明海大学
20 日本の旗 渡辺一也 ポーランドの旗 コンコルディア・エルブロンクポーランド語版

過去の所属選手[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b クラブガイド:FC岐阜”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年1月11日閲覧。
  2. ^ 変わるもの、変わらないもの=天皇杯漫遊記”. スポーツナビ (2008年9月15日). 2012年9月8日閲覧。
  3. ^ a b 先日のBチーム放棄試合の件について”. FC岐阜 (2006年7月19日). 2012年9月8日閲覧。
  4. ^ FC岐阜新社長に県OB”. 朝日新聞 (2012年9月2日). 2012年9月8日閲覧。
  5. ^ サッカー全国地域リーグ決勝大会 FC鹿児島も出場へ(南日本新聞 2013年10月23日 同10月26日閲覧)
  6. ^ 岐阜県社会人リーグ入替トーナメントの結果”. FC岐阜 (2006年7月19日). 2008年2月11日閲覧。

関連項目[編集]