FINAL (UP-BEATのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FINAL
UP-BEATベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
チャート最高順位
37位(オリコン)[1]
UP-BEAT 年表
NAKED
(1994年)
FINAL
(1995年)
up-beat
(1995年)
テンプレートを表示

FINAL』(ファイナル)は、UP-BEATベスト・アルバムである。

解説[編集]

  • 1990年の東川真二(ギター)と水江慎一郎(ベース)脱退から解散を発表した1995年までのベストアルバム。
  • 新曲や、ラストシングル、リミックス曲も収録されている。なお、この後の解散直後に発売された二枚組の、発表した全曲が選曲対象のコンプリートベスト『up-beat』には、このアルバムに収録された曲は一曲も収録されていない。
  • キャッチコピーは、『忘れない、君と駆け抜けた日々を。』。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲備考時間
1.「美女と野獣と愛しき罪」広石武彦岩永凡編曲:UP-BEAT・ホッピー神山

本作の為に作られた新曲
2.「HARD BEAUTY」(Re-Mix Version)広石武彦広石武彦・岩永凡・嶋田祐一編曲:UP-BEAT・ホッピー神山

7枚目のアルバム『GOLDEN GATE』収録(別バージョン)
3.Angel's Voice広石武彦広石武彦編曲:UP-BEAT・ホッピー神山

11枚目のシングル、5枚目のアルバム『Weeds & Flowers』収録
4.All Right(Re-Mix Version)広石武彦広石武彦・UP-BEAT編曲:UP-BEAT・ホッピー神山

14枚目のシングル、6枚目のアルバム『Big Thrill』収録(別バージョン)
5.REBEL YELL 〜運命のシナリオ〜広石武彦・柳川英巳広石武彦編曲:UP-BEAT・潮崎裕己・田中NOB

17枚目のシングル、9枚目のアルバム『NAKED』収録
タイトルの「運命」は「さだめ」と読む
6.「Violet...熱く」広石武彦広石武彦編曲:UP-BEAT・潮崎裕己・田中NOB

9枚目のアルバム『NAKED』収録
7.「Never Die」岩永凡岩永凡・UP-BEAT編曲:UP-BEAT・ホッピー神山

6枚目のアルバム『Big Thrill』収録
8.「BLONDE BLUE」広石武彦広石武彦編曲:UP-BEAT

8枚目のアルバム『Pleasure Pleasure』収録
9.「Wall Song」広石武彦広石武彦・UP-BEAT編曲:UP-BEAT・ホッピー神山

12枚目のシングル「Weeds & Flowers〜最後の国境〜」のカップリング、5枚目のアルバム『Weeds & Flowers』収録(別バージョン)
10.「Pleasure Pleasure」広石武彦広石武彦編曲:UP-BEAT

8枚目のアルバム『Pleasure Pleasure』収録
11.Good Luck Angel岩永凡・柳川英巳岩永凡編曲:UP-BEAT

16枚目のシングル、8枚目のアルバム『Pleasure Pleasure』収録
12.「夏の雨」岩永凡・広石武彦・柳川英巳岩永凡編曲:UP-BEAT

8枚目のアルバム『Pleasure Pleasure』収録
13.「HOT LIPS」広石武彦・柳川英巳岩永凡編曲:UP-BEAT

8枚目のアルバム『Pleasure Pleasure』収録
14.「Dance to The Ruin」広石武彦広石武彦・UP-BEAT・ホッピー神山編曲:UP-BEAT・ホッピー神山

5枚目のアルバム『Weeds & Flowers』収録
15.Weeds & Flowers〜最後の国境〜広石武彦広石武彦・UP-BEAT編曲:UP-BEAT・ホッピー神山

12枚目のシングル、5枚目のアルバム『Weeds & Flowers』収録
16.A DAY WITH YOU広石武彦広石武彦編曲:UP-BEAT

ラストシングル

脚注[編集]

  1. ^ UP-BEAT「FINAL」 - ORICON STYLE”. ORICON STYLE. 2014年11月15日閲覧。