FINE COLLECTION 〜Begin Again〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東方神起 > ディスコグラフィ > FINE COLLECTION 〜Begin Again〜
FINE COLLECTION 〜Begin Again〜
東方神起ベスト・アルバム
リリース
録音 2010年 - 2017年
ジャンル
時間
レーベル avex trax
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド日本レコード協会[7]
  • 東方神起 日本の旗 日本 アルバム 年表
    • FINE COLLECTION 〜Begin Again〜
    • (2017年)
    テンプレートを表示

    FINE COLLECTION 〜Begin Again〜』(ファイン・コレクション・ビギン・アゲイン)は、東方神起日本での3枚目のベスト・アルバムである。2017年10月25日にavex traxより発売された。

    概要[編集]

    2人の活動再開後初の作品で、2010年にリリースされたコンプリート・ベスト『COMPLETE -SINGLE A-SIDE COLLECTION-』及び、B面集『SINGLE B-SIDE COLLECTION』以来、約7年ぶりのベスト・アルバムである。

    初回盤(3CD+Blu-ray、3CD+DVD)、通常盤(3CD)、Bigeast限定盤(3CD+DVD)の3形態で発売された(詳細は下記を参照)。

    本作には2011年の再始動よりリリースされたシングル全13タイトル[注 1]、アルバム全4タイトルより選ばれた楽曲に加え、新たに再レコーディングした3曲を加えた全40曲が収録され[8]、DISC 1はダンス・ナンバー、DISC 2はラブソング、DISC 3は友愛や人類愛をテーマとした楽曲で構成されている[9]。再レコーディングされた3曲について、チャンミンは「2人が自信満々で、かねてより大好きと言える曲。僕らの成長した歌声と感情を感じ取ってもらえる、今回のアルバムの特別な曲だと思う。」と語っている[9]

    初回限定盤に付属のDVD・Blu-rayには過去に発表されたミュージック・ビデオ全23曲が収録されている[8]

    本作の発売に先駆け、10月13日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に約2年半ぶりに出演し、「Why? (Keep Your Head Down)」を披露した[10]。さらに10月14日から11月14日まで山手線の車体外面を本作仕様にラッピングした「東方神起「Begin Again」スペシャル・トレイン」が運行した[11]ほか、10月25日の1日限定で2011年の再始動以降にリリースされたシングル・アルバムのTVスポット全17本を本作用にアレンジしたリバイバルCMが放送された[12]

    本作発売後の11月11日より、約2年ぶりで史上初の3度目となる全国5大ドームツアー『TOHOSHINKI LIVE TOUR 2017 〜Begin Again〜』が開催された[8]

    発売形態[編集]

    初回盤(3CD+Blu-ray
    • 品番 : AVCK-79392〜4/B(初回限定盤)、AVCK-79398〜79401/B(通常盤)
    • スマプラ対応
    • 初回限定封入特典 : ジャケットサイズカード(6種の中から1種をランダムで封入)、フォトブックレットを封入(AVCK-79389と共通)
    初回盤(3CD+DVD)
    • 品番 : AVCK-79389〜91/B(初回限定盤)、AVCK-79395〜9/B(通常盤)
    • スマプラ対応
    • 初回限定封入特典 : ジャケットサイズカード(6種の中から1種をランダムで封入)、フォトブックレットを封入(AVCK-79389と共通)
    通常盤(3CD)
    • 品番 : AVCK-79401〜3/B
    • 初回限定封入特典 : ジャケットサイズカード(6種の中から1種をランダムで封入)
    Bigeast限定盤(3CD+DVD)
    • 品番 : AVC1-79404〜6/B
    • DVDに「TOHOSHINKI FILM CONCERT 〜FINE COLLECTION〜」を収録。
    • 封入特典 : ジャケットサイズカード(6種の中から1種をランダムで封入)、フォトブックレット

    チャート成績[編集]

    発売当日のオリコンデイリーアルバムランキングで1位を記録し[13]、発売初週で13万4440枚を売り上げて、11月6日付のオリコン週間アルバムランキングで初登場1位を記録[14]。本作で6作目の首位獲得となり、海外男性アーティストによるアルバム首位獲得作品数でこれまでにサイモン&ガーファンクルボン・ジョヴィの記録(5作)を上回り歴代単独1位となった[15]。同日付のBillboard Japan Top Album Salesチャートでも初登場1位を獲得した[16]

    2017年度オリコン年間アルバムランキングでは26位を獲得した[5]

    収録曲[編集]

    収録曲の詳細は、各項目を参照。

    CD : DISC 1
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.Why? (Keep Your Head Down)(31stシングル)
    • Yoo Han Jin
    • Yoo Young Jin
    Yoo Young Jin
    2.B.U.T (BE-AU-TY)(5thアルバム『TONE』収録曲)
    • Yoo Young Jin
    • Luna(日本語詞)
    • Yoo Young Jin
    • Ryan Jhun
    • Antwann Frost
     
    3.Humanoids(6thアルバム『TIME』収録曲)H.U.B.(日本語詞)
    • Thomas Troelsen
    • Donald“hAZEL”Sales
    • Thomas Troelsen
    • Donald“hAZEL”Sales
    4.「MAXIMUM」(31stシングル『Why? (Keep Your Head Down)』c/w)
    • Yoo Young Jin
    • Luna(日本語詞)
    Yoo Young JinYoo Young Jin
    5.Catch Me -If you wanna-(36thシングル)
    • Yoo Young Jin
    • H.U.B.(日本語詞)
    Yoo Young Jin
    • Yoo Young Jin
    • Shim Sang Won(ストリングス編曲)
    6.「Spinning」(8thアルバム『WITH』収録曲)H.U.B.
    • Lubo Slavicek
    • Katerina Bramey
    • Ninos Hanna
    竹上良成(ブラス編曲)
    7.Something(40thシングル『Hide & Seek / Something』の2曲目)
    • Yoo Young Jin
    • H.U.B.(日本語詞)
    • Yoo Han Jin
    • Yoo Young Jin
    • Yoo Han Jin
    • Yoo Young Jin
    8.Superstar(32ndシングル)
    • Luna
    • Lars Halvor Jensen
    • Johannes Joergensen
    • Drew Ryan Scott
    • Lindy Robbins
    • Lars Halvor Jensen
    • Johannes Joergensen
    • Drew Ryan Scott
    • Lindy Robbins
    UTA
    9.OCEAN(37thシングル)H.U.B.井上慎二郎井上慎二郎
    10.「I Don't Know」(32ndシングル『Superstar』c/w)
    • Kim Boo Min
    • Luna(日本語詞)
    HitchhikerHitchhiker
    11.「Sweat」(41stシングル『Sweat/Answer』の1曲目)H.U.B.
    • Hanif Sabzevari
    • Kevin Borg
    • Nicklas Eklund
    • Hanif Sabzevari
    • Kevin Borg
    • Nicklas Eklund
    12.ANDROID(35thシングル)H.U.B.
    • Anders Grahn
    • Grace Tither
    • Emil Carlin
    • Anders Grahn
    • Grace Tither
    • Emil Carlin
    13.SCREAM(38thシングル)H.U.B.HitchhikerHitchhiker
    14.「Rising Sun <Re-recording version>」(5thシングル『Rising Sun/Heart, Mind and Soul』の1曲目の再録バージョン)
    Yoo Young Jin
    • Yoo Young Jin
    • Shim Sang Won(ストリングス編曲)
    合計時間:
    CD : DISC 2
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「Duet」(5thアルバム『TONE』収録曲)井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    2.「One More Thing」(34thシングル『STILLc/w)H.U.B.
    • her0ism
    • SHIROSE from WHITE JAM
    • SHIMADA from WHITE JAM BEATZ
    3.「Weep」(5thアルバム『TONE』収録曲)井上慎二郎solayasolaya
    4.「White」(39thシングル『Very Merry Xmas』c/w)井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    5.「Telephone」(5thアルバム『TONE』収録曲)Luna
    • Michele Vice-Maslin
    • C.J. Vanston
    • Matt Tryggestad
     
    6.「Wedding Dress」(37thシングル『OCEAN』c/w)
    • H.U.B.
    • SHIROSE from WHITE JAM
    • DJ first from WHITE JAM BEATZ
    • SHIROSE from WHITE JAM
    • SHIMADA from WHITE JAM BEATZ
    • DJ first from WHITE JAM BEATZ
    • SHIROSE from WHITE JAM
    • SHIMADA from WHITE JAM BEATZ
    7.「逢いたくて逢いたくてたまらない」(6thアルバム『TIME』収録曲)井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    8.Time Works Wonders(42ndシングル)井上慎二郎
    • Peter Gordeno
    • Jamie Hartman
    竹上良成(ブラス編曲)
    9.「Cheering」(7thアルバム『TREE』収録曲)井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    10.「In Our Time」(6thアルバム『TIME』収録曲)井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    11.「Thank you my girl」(5thアルバム『TONE』収録曲)Luna
    • John Paul Lam
    • Tony Oh
    • Akil Thompson
     
    12.「Believe In U」(8thアルバム『WITH』収録曲)井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    13.どうして君を好きになってしまったんだろう? <Re-recording version>」(23rdシングルの再録バージョン)Lambsey
    • Sylvia Bennett-Smith
    • Fredrik“Fredro”Odesjo
    • Mats Berntoft
    • Fredrik“Fredro”Odesjo
    • Mats Berntoft
    合計時間:
    CD : DISC 3
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「シアワセ色の花」(5thアルバム『TONE収録曲)山本加津彦山本加津彦
    • 山本加津彦
    • 四家卯大(ストリングス編曲)
    2.サクラミチ(43rdシングル)山本加津彦山本加津彦
    • 山本加津彦
    • 門脇大輔(ストリングス編曲)
    3.「Chandelier」(8thアルバム『WITH』収録曲)H.U.B.
    • Matthew Tishler
    • Andrew Underberg
     
    4.「君のいない夜」(43rdシングル『サクラミチ』c/w)山本加津彦山本加津彦
    • 山本加津彦
    • 四家卯大(ストリングス編曲)
    5.「I love you」(7thアルバム『TREE』収録曲)山本加津彦山本加津彦
    • 山本加津彦
    • 門脇大輔(ストリングス編曲)
    6.「With Love」(8thアルバム『WITH』収録曲)井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    7.「I Know」(36thシングル『Catch Me -If you wanna-』c/w)井上慎二郎
    • T-SK
    • TESUNG Kim
    • Andrew Choi
     
    8.STILL(34thシングル)井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    9.「Calling」(8thアルバム『WITH』収録曲)井上慎二郎飯岡隆志井上慎二郎
    10.「愛をもっと」(7thアルバム『TREE』収録曲)山本加津彦山本加津彦
    • 山本加津彦
    • 門脇大輔(ストリングス編曲)
    11.「One and Only One」(6thアルバム『TIME』収録曲)井上慎二郎
    • Peter Kvint
    • Jonas Myrin
    • 井上慎二郎
    • Peter Kvint
    • Jonas Myrin
    12.「TREE OF LIFE」(7thアルバム『TREE』収録曲)井上慎二郎
    • Anders Grahn
    • Carlos Okabe
    井上慎二郎
    13.「Bolero <Re-recording version>」(25thシングル『Bolero/Kiss The Baby Sky/忘れないで』の1曲目の再録バージョン)Lambsey井上慎二郎
    合計時間:
    DVD / Blu-ray(3CD+DVD / 3CD+Blu-ray)
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「Why? (Keep Your Head Down)」(Music Video)  Joh Su Hyun
    2.「I Don't Know」(Music Video)  Tsuyoshi Inoue
    3.「Superstar」(Music Video)  須永秀明
    4.「B.U.T (BE-AU-TY)」(Music Video)  須永秀明
    5.「Duet」(Music Video)  井上哲央
    6.Winter Rose(Music Video)  須永秀明
    7.「STILL」(Music Video)  川村ケンスケ
    8.「ANDROID」(Music Video)  Won Ki Hong
    9.「Catch Me -If you wanna-」(Music Video)  Jae Hyuk Jang
    10.「I Know」(Music Video)  須永秀明
    11.「Humanoids」(Music Video)  Won Ki Hong
    12.「In Our Time」(Music Video)  多田卓也
    13.「OCEAN」(Music Video)  Tsuyoshi Inoue
    14.「SCREAM」(Music Video)   
    15.Very Merry Xmas(Music Video)  須永秀明
    16.「White」(Music Video)  大久保拓朗
    17.「Something」(Music Video)   
    18.「TREE OF LIFE」(Music Video)  大久保拓朗
    19.「Sweat」(Music Video)  Tsuyoshi Inoue
    20.「Time Works Wonders」(Music Video)  大久保拓朗
    21.「Spinning」(Music Video)  須永秀明
    22.「Chandelier」(Music Video)  須永秀明
    23.「サクラミチ」(Music Video)  大久保拓朗
    24.「ALBUMジャケット撮影 Off Shot Movie」(Making Clip)   
    DVD(Bigeast盤) : TOHOSHINKI FILM CONCERT 〜FINE COLLECTION〜
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「B.U.T (BE-AU-TY)」(Live Clip)  
    2.「Humanoids」(Live Clip)  
    3.Choosey Lover(Live Clip)  
    4.「シアワセ色の花」(Live Clip)  
    5.時ヲ止メテ(Live Clip)  
    6.Before U Go(Live Clip)  
    7.Honey Funny Bunny(Live Clip)  
    8.「Rock with U」(Live Clip)  
    9.「Medley(SHINEウィーアー!Summer Dream〜OCEAN)」(Live Clip)  
    10.「Catch Me -If You Wanna-」(Live Clip)  
    11.Good-bye for Now(Live Clip)  
    12.「END ROLL 〜TILL2〜」(Live Clip)  
    13.「MC [TOHOSHINKI FILM CONCERT 2016 〜TILL〜]」(Bonus MC)  
    14.「MC [TOHOSHINKI FILM CONCERT 2017 〜TILL2〜]」(Bonus MC)  

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ ただし、「Winter Rose」(33rdシングル)、「Very Merry Xmas」(39thシングル)、「Hide & Seek」(40thシングル『Hide & Seek/Something』の1曲目)、「Answer」(41stシングル『Sweat/Answer』の2曲目)の4曲は未収録となっている。このうち「Winter Rose」と「Very Merry Xmas」は、初回限定盤に付属のDVDにミュージック・ビデオが収録されている。なお、33rdシングルに「Duet -winter ver.-」という別バージョンで収録されていた「Duet」は、『TONE』に収録のオリジナル・バージョンで収録されている。

    出典[編集]

    1. ^ FINE COLLECTION 〜Begin Again〜<初回生産限定盤>【ジャケットA】 | 東方神起”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年3月29日閲覧。
    2. ^ Billboard Japan Top Albums Sales | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年11月6日). 2020年1月5日閲覧。
    3. ^ Billboard Japan Hot Albums | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年11月6日). 2020年1月14日閲覧。
    4. ^ Billboard Japan Top Albums Sales Year End | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年). 2020年1月5日閲覧。
    5. ^ a b “【第50回 オリコン年間ランキング 2017】嵐が総合売上5年連続首位、AKB48がシングル年間V8達成!”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年12月23日). https://www.oricon.co.jp/special/50550/ 2020年1月5日閲覧。 
    6. ^ Billboard Japan Top Albums Sales Year End | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年). 2020年1月14日閲覧。
    7. ^ GOLD DISC 2017年10月度」『The Record』第697巻、日本レコード協会、2017年12月10日、 14頁。
    8. ^ a b c “東方神起、再始動宣言。10月に再録入り復帰記念アルバム&11月から約65万人動員ツアー”. rockinon.com (ロッキング・オン). (2017年8月23日). https://rockinon.com/news/detail/166044 2018年10月26日閲覧。 
    9. ^ a b 「“30代の東方神起”に生まれる大人の余裕」『CREA』vol.339、文藝春秋、2018年1月、 109頁。
    10. ^ “東方神起、2年半ぶりに『Mステ』出演”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2017年10月6日). https://www.barks.jp/news/?id=1000147634 2018年10月26日閲覧。 
    11. ^ “東方神起、山手線をジャック”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2017年10月14日). https://www.barks.jp/news/?id=1000147880 2019年3月22日閲覧。 
    12. ^ “東方神起、1日限定 全17本のリバイバルCMをオンエア”. Musicman-net (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2017年10月25日). https://www.musicman.co.jp/artist/230161 2020年3月29日閲覧。 
    13. ^ “東方神起、日本コレクションアルバム「FINE COLLECTION~Begin Again~」がオリコンデイリーランキング1位に!newspaper=Kstyle”. LINE. (2017年10月26日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2080908 2018年10月26日閲覧。 
    14. ^ “11/6付週間アルバムランキング1位は東方神起の『FINE COLLECTION 〜Begin Again〜』”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年11月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2099932/full/ 2020年3月29日閲覧。 
    15. ^ “東方神起、復帰記念アルバム1位に感激! 歴代記録を更新「本当に感謝」”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年10月31日). https://news.mynavi.jp/article/20171031-a002/ 2018年10月26日閲覧。 
    16. ^ “【ビルボード】東方神起『FINE COLLECTION ~Begin Again~』が134,440枚を売り上げアルバム・セールス・チャート1位 嵐『「untitled」』は累計70万枚を余裕で突破”. Billboard Japan (阪神コンテンツリンク). (2017年10月30日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/56945 2019年3月22日閲覧。