FISHBOY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フィッシュボーイ
FISHBOY
本名 中田 啓之(なかだ ひろゆき)
生年月日 (1985-12-19) 1985年12月19日(35歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府高槻市
身長 171 cm
血液型 A型
職業 ダンサー振付師
著名な家族 中田敦彦(兄)
福田萌(義姉)
事務所 ワタナベエンターテインメント
テンプレートを表示

FISHBOY(フィッシュボーイ、1985年12月19日 - )は、日本ストリートダンサー振付師。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。本名:中田 啓之(なかだ ひろゆき)。所属事務所はワタナベエンターテインメント

略歴[編集]

1985年(昭和60年)12月19日、大阪府高槻市で生まれる。実兄は中田敦彦、義姉は福田萌。幼稚園児の時まで大阪府で育ち、小学生時代は山口県山口市で過ごした。小学6年生の時に東京へ移住し、練馬区立石神井西小学校に転入。卒業後は青山学院中等部青山学院高等部青山学院大学経営学部を卒業した。小・中学生時代はサッカー部に所属していた。中学校1年生の頃、兄にお笑い界入りを誘われたが、断っている[1]

小学生2年生の時、父親が宴会芸で使っていたムーンウォークを教えてもらい、初めてダンスを経験[2]。中学生の時にストリートダンスを始め、高校1年生の時、ポップダンスチーム・BLACK D.O.G.Sを結成。2003年、高校生全国大会「DANCEATTACK」で優勝。2007年には、大学生全国大会「BIGBANG!!!」などでも優勝を果した。

2009年、フランスパリで開催された世界大会「Juste Debout」でフォーマーアクションのKITEとコンビを組み優勝。

2014年、兄・敦彦とその相方藤森慎吾らによる6人編成のダンス&ボーカルグループ、RADIO FISHを結成。

2020年8月、プロダンスリーグ・D.LEAGUECyberAgent Legitの監督に就任[2]

人物[編集]

DA PUMPKENZOの後輩であり高校生の頃から知り合い[3]

オリエンタルラジオのネタ「武勇伝」の動きは、“フレズノ”というダンスのステップをしているFISHBOYの姿を見ていた兄・敦彦が振りに取り入れたものである。

芸名の由来は、兄・中田敦彦が芸人になる前に書いた「ピコル君の小さな冒険記」という物語に登場する"フィッシュボーイ"というキャラクターの名前にある"FISH"も"BOY"もどちらも馴染みのある英単語なので、もし自分が海外に進出する時に覚えてもらいやすいと思いFISHBOYの名で活動している[4]

RADIO FISH[編集]

グループではSKILL-MASTER (スキルマスター) という肩書きでパフォーマンスや振付などを担当している。パフォーマンスでの立ち位置は基本的にShow-heyと対称となる。メンバーカラーは緑[5]

RADIO FISH結成時、NAKATAから要望された条件の下、他のSKILL-MASTERメンバーやサウンドプロデューサーらを集めていた[6]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

  • DANCE DRAGON(2012年4月7日 - 2013年2月8日、TOKYO FM
  • TOKYO DANCE PARK(2012年5月19日・2018年11月3日、インターFM
  • SHAREWASE(2013年9月19日、SORA×NIWA
  • DANCE DANCE PLANET ~"Hi" Of THE FISH~(2014年2月4日 - 2018年6月29日、SORA×NIWA)
  • BPM2022(2014年4月7日、FMヨコハマ
  • HINA&YURIA 有言実行! やらなきゃ何も始まらない(2014年5月22日、SORA×NIWA)
  • らじらー! サンデー(2015年8月2日、NHKラジオ第1放送
  • Beat Connection(2018年11月6日 - 2019年10月19日、BSCラジオ

インターネットテレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

WEB[編集]

  • 吉野家「吉野家×ストリートダンス」(2015年)
  • SONY “h.ear on Wireless NC” PRムービー「FISHBOY Wireless Dance」(2016年)

ミュージック・ビデオ[編集]

振付け[編集]

楽曲
CM

書籍[編集]

  • "なりたい自分"になる技術 ―「好きなこと」×「理想の姿」を両立できる人の考え方(2021年3月19日、きずな出版)ISBN 978-4866631387

脚注[編集]

[脚注の使い方]