FKトスノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FKトスノ
原語表記 Футбольный клуб Тосно
クラブカラー 白、黒
創設年 2013年
解散年 2018年
ホームタウン トスノ
ホームスタジアム ペトロフスキー・スタジアム
収容人数 20,985
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

FKトスノロシア語: Футбольный клуб "Тосно")は、ロシアレニングラード州トスノをホームタウンとしたサッカークラブである。

歴史[編集]

2003年、レニングラード州からプロサッカーリーグに参加していたFK SvetogoretsとFK Pikalyovoが撤退した[1]。2012年にレニングラードにプロクラブを創設する計画があったが、財政的な理由などにより実現しなかった[1]。翌年、FORT Groupの支援を受け、プロサッカークラブ「FKトスノ」創設が決定され、同年6月13日にセカンドディビジョン参入が承認された[1]

デビューシーズンとなった2013-14シーズンは、ロシア・カッププレミアリーグ所属のウラルスパルタク・モスクワを破り、準々決勝に進出した[1]。リーグ戦でも西地区で優勝し、ナショナルリーグ(実質2部)に昇格した[1]

2017年4月、チェルターノバと提携した[2]

同年5月6日、ナショナルリーグでFKネフテヒミクに勝利して2位以上を確定し、プレミアリーグ初昇格を果たした[3]

2017-18シーズンは、ロシア・カップではFKアヴァンガルト・クルスクを下して初優勝したものの、リーグ戦は15位に終わり、わずか1年でナショナルリーグ降格となった。また、UEFAライセンスの問題でUEFAヨーロッパリーグ 2018-19への出場権も喪失し、カップ戦で優勝しながらナショナルリーグに降格するのはロシアサッカー史上初の出来事となった[4]

クラブは財政問題を抱えており、2018年5月30日に2018-19シーズンのナショナルリーグのライセンスが発行されないことが決定された[5]。クラブはプロフェッショナル・フットボールリーグのライセンス取得に動いていたが[5]、同年6月9日に解散を発表した[6][7]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン ロシア・カップ
リーグ 順位
2013-14 セカンドディビジョン 1位 32 21 8 3 51 16 +35 71 準々決勝敗退
2014-15 ナショナル・フットボールリーグ 3位 34 20 5 9 50 36 +14 65 ベスト16
2015-16 ナショナル・フットボールリーグ 7位 38 17 4 17 57 53 +4 55 ベスト16
2016-17 ナショナル・フットボールリーグ 2位 38 21 12 5 63 30 +33 75 準々決勝敗退
2017-18 プレミアリーグ 15位 30 6 6 18 23 54 -31 24 優勝

歴代監督[編集]

  • ロシアの旗 Dmytro Parfenov 2015-

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e История”. Футбольный клуб "Тосно". 2017年5月11日閲覧。
  2. ^ «Тосно» будет сотрудничать с «Чертаново»”. Спорт день за днем (2017年4月20日). 2017年5月12日閲覧。
  3. ^ ФК «Тосно» впервые в истории вышел в РФПЛ”. NTV (2017年5月6日). 2017年5月12日閲覧。
  4. ^ W杯直前のロシアで史上初の悲劇…カップ戦優勝チームが、なんと2部降格”. Qoly.jp (2018年5月14日). 2018年5月14日閲覧。
  5. ^ a b Обладатель Кубка России «Тосно» не получил лицензию для участия в чемпионате ФНЛ”. イタルタス通信 (2018年5月30日). 2018年6月15日閲覧。
  6. ^ ФК "Тосно" прекратил свое существование”. インテルファクス通信 (2018年6月9日). 2018年6月15日閲覧。
  7. ^ Обладатель Кубка России по футболу 2018 года «Тосно» прекратил существование”. イタルタス通信 (2018年6月9日). 2018年6月15日閲覧。