FLASH (写真週刊誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フラッシュ
FLASH
ジャンル 写真週刊誌
読者対象 一般
刊行頻度 毎週火曜日
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 光文社
発行人 内野成札
編集人 田尾登志治(2021年1月現在)
刊行期間 1986年11月5日 -
ウェブサイト 公式サイト
テンプレートを表示

FLASH』(フラッシュ)は光文社発行の写真週刊誌。毎週火曜日発売(合併号を除く)。創刊は1986年11月5日

同ジャンルの写真週刊誌『FOCUS』(新潮社)、『FRIDAY』(講談社と共に「3F[要出典]、創刊当初は『Emma』(文藝春秋)、『TOUCH』(小学館と合わせて「3FET」と呼ばれていた[要出典][注 1]。当項目では、『FLASH』が主催する「ミスFLASH」についても扱う。

概要[編集]

1986年11月の創刊である。2000年春、電子書籍販売サイト「Bitway-books」でインターネットの事業展開を開始。2005年から表紙デザインを一新しイメージチェンジを図る。『FLASH』のロゴをポップなものに変え、担当の写真家を篠山紀信から松田忠雄へと変更した[1]

なお、同社が発行していた『週刊宝石』が2001年に廃刊となり、その役割を統合して現在に至る[要出典]

公式のマスコットキャラクターは「写写丸(しゃしゃまる)」。ちなみに2000年には、写写丸も登場するパズルゲーム「FLASH 恋人クン」がワンダースワン用ソフトとして発売されている[2]

記事・グラビアでは、30歳未満の女性タレントを「クン」(30歳以上は「サン」)付けする。

FLASH EXCITING[編集]

年6回不定期に発売された増刊号『FLASH EXCITING』(フラッシュ・エキサイティング)は、2000年代に入り、コラムや発掘写真など内容の濃さで人気を博した。しかし、他社がこぞって「EX系雑誌」と呼ばれる類似誌を発行するようになったことでシェア拡大が困難となり、2008年に休刊となった[3]

FLASH スペシャル[編集]

『FLASH EXCITING』の別系統の増刊号『FLASHスペシャル』も2008年1月から不定期に発売。 『FLASH増刊号』『FLASHスペシャル グラビアBEST』『FLASH+』などと誌名を変えることもある。 また、2011年以降の表紙または巻頭はAKB48グループのメンバーのみ(乃木坂46を含む)となっている。

写写丸[編集]

写写丸」(しゃしゃまる)は、創刊当初から2011年現在も紙面に登場する忍者装束に身を包んだマスコットキャラクター。『FLASH』の各記事の文末に写写丸のマークが入るなどの形が見られる[注 2]。巻末には「写写丸クイズ」があり、正解者の中から抽選でプレゼントを実施。また近年は、「写写丸世代」と銘打った記事もある[4]

『FLASH』の記者が「写写丸」の名義で体験取材や突撃取材を行うことがある[5]

ミスFLASH[編集]

ミスFLASH
Miss FLASH
受賞対象グラビアアイドル
日本の旗 日本
授与者光文社
『ミスFLASH』実行委員会
初回2006年
最新回2020年
最新受賞者藤田いろは(グランプリ)
崎川みずき(グランプリ)
白宮奈々(グランプリ)
日野アリス(審査員特別賞)
公式サイトhttps://miss-flash.jp/

『FLASH』が主催するミス・コンテスト。同誌の創刊20周年を記念して2006年に創設された。

受賞者[編集]

回数 グランプリ
(出身地)
その他の賞
第1回 2006年 稲生美紀東京都 準グランプリ:吉原夏紀ますきあこ
審査員特別賞:山本由貴
第2回 2007年 辰巳奈都子(東京都) 準グランプリ:谷麻紗美吉田もも
第3回 2008年 澤田友美北海道 準グランプリ:野田彩加
審査員特別賞:かの夏帆
第4回 2009年 柳本絵美(東京都) 準グランプリ:平有紀子村上友梨
第5回 2011年 仁藤みさき神奈川県
鈴木ふみ奈埼玉県
黒田有彩兵庫県
斎藤眞利奈(神奈川県)
第6回 2012年 遠野千夏(北海道)
小松美咲静岡県
葉加瀬マイ(静岡県)
第7回 2013年 池田裕子(神奈川県)
階戸瑠李石川県
永井里菜(埼玉県)
第8回 2014年 加藤智子愛知県
尾崎礼香大阪府
Kagami(東京都)
第9回 2015年 あべみほ(北海道)
為近あんな奈良県
星乃まおり群馬県
第10回 2016年 川崎あや(神奈川県)
豊田瀬里奈(愛知県)
中野杏広島県[6]
第11回 2017年 月城まゆ(兵庫県)
吉澤玲菜(群馬県)
池田ゆり(神奈川県)[7]
第12回 2018年 小島瑠那千葉県
保﨑麗(東京都)
麻亜子(大阪府)[8]
第13回 2019年 沙倉しずか(北海道)
山岸奈津美(大阪府)
阿南萌花(神奈川県)[9]
第14回 2020年 藤田いろは(千葉県)[注 3]
崎川みずき(愛知県)
白宮奈々(兵庫県)
審査員特別賞:日野アリス
第15回 2021年 霧島聖子(大阪府)
益田アンナ(大阪府)
名取くるみ(千葉県)
審査員特別賞:高槻実穂
マシェバラ敢闘賞:天野紗也加[10]

特記[編集]

  • 2021年現在、グランプリ受賞者を輩出していない政令指定都市を有する府県は、宮城県新潟県京都府岡山県福岡県熊本県の1府5県である。
  • 第1回〜第4回大会は(ファイナリストの)10名がエントリーし、グランプリ1名、準グランプリ1〜2名が選ばれた。回によっては審査員特別賞もあった。
  • 第5回大会(2011年)は2年ぶりの開催(2010年は未開催)となり、「セミファイナリスト30名 → ファイナリスト10名 → 4名選出」という形式だったが、準グランプリ・審査員特別賞はなかった。グランプリの発表はニッポン放送イマジンスタジオで行われ、その模様は『サタデーキューティナイト アイドルスタジオNo.1』で録音放送された。また、上記4名とこの回のエントリー者のうちの5名(椎名歩美しづか、堀口アンナ、石原美優、大津琴子)がアイドルユニットG☆Girls」(ジー・ガールズ)を結成。2011年9月にデビューシングルをリリースし、メンバーを変更しながら活動を続けていたが、2018年9月16日をもって解散した[11]
  • 第6回大会(2012年)は「セミファイナリスト30名 → ファイナリスト12名[注 4] → 3名選出」という形式だったが、第5回大会同様、準グランプリ・審査員特別賞はなかった。グランプリの発表は同じくイマジンスタジオで行われた。また、遠野や小松と共にグランプリを受賞した葉加瀬マイはそれまで本名である「袴田真衣」で活動していたが、これを機に芸名「葉加瀬マイ」と改名した[12][13]
  • 第7回大会(2013年)以降も準グランプリや特別賞の位置付けが行われておらず、グランプリが3名という体制が続いているが、2020年は2008年以来となる審査員特別賞が追加された。但し最終結果の総合得票数については(誌面・WEB共に)非公表となっている。
  • 第5回から第9回まで毎年2月上旬にグランプリが発表されていたが、第10回大会(2016年)以降は1月上旬~中旬に前倒しされ現在に至る。
  • 近年は漫画週刊誌系のミス・コンテスト(ミスマガジン制コレ)に対して上位入賞者の年齢層が比較的高く、20歳未満のグランプリ受賞者は第12回(2018年)の保﨑麗[注 5]を最後に出ていない。また遠野千夏、あべみほ、川崎あや、沙倉しずか、霧島聖子、益田アンナといったレースクイーン経験者の受賞も目立つ。
  • 第13回(2019年)では、グランプリ受賞者が最終結果発表号の表紙を初めて飾り、以後第14回・第15回の発表号で表紙と巻頭グラビアを飾っている。
  • 2020年8月28日、第7回グランプリの一人だった階戸瑠李が31歳の若さで急逝。ミスFLASH上位入賞のタレントとしては初の物故者となった[14]

主な記録[編集]

ジャンル 受賞者
(年・回)
記録 備考
歴代最年長グランプリ 沙倉しずか
(2019年・第13回)
32歳
1986年9月20日生まれ)
2位:霧島聖子 - 29歳[注 6]
3位:あべみほ - 27歳[注 7]
歴代最年少グランプリ Kagami
(2014年・第8回)
16歳
1998年1月8日生まれ)
平成生まれ初のグランプリ 柳本絵美
(2009年・第4回)
1992年(平成4年)4月20日生まれ
昭和生まれ最後のグランプリ 沙倉しずか
(2019年・第13回)
1986年(昭和61年)9月20日生まれ
20代女性初のグランプリ 澤田友美
(2008年・第3回)
満24歳
1984年5月11日生まれ)
グランプリ発表号
(2008年4月8日発売・第1001号)時点では23歳。

誤報・不祥事・発売中止[編集]

  • 2013年7月30日、8月13日号「テレビ“真夏の暗闘”日テレ24時間テレビvs.フジ27時間テレビCM料金、タレントのギャラ…マル秘原価をスクープ入手!!」と題する記事を掲載した[15]。24時間テレビは、メインパーソナリティのが5000万円で、特別ドラマに主演する大野智は+500万円。チャリティマラソンランナーである森三中大島美幸は1000万円。チャリティパーソナリティの上戸彩が500万円、総合司会の羽鳥慎一アナが500万円。さらにカラオケメンバーは、加山雄三谷村新司クラスの大御所が200万円で、そのほかは10~100万円としたが、8月16日、日本テレビは毎夏恒例の日本テレビ系『24時間テレビ36 愛は地球を救う』(8月24日、25日放送)で2年連続メインパーソナリティーを務める嵐に対し、一部写真誌で「5000万円」のギャラが支払われていると報じられたことを受け、コメントを発表。「今年もボランティアで務めて頂いております」と全面否定した。同社は「一部報道とは違い、嵐のメンバーにはチャリTシャツのデザインを含め、24時間テレビのメインパーソナリティーを今年もボランティアで務めて頂いております」と説明した[16]
  • 2014年9月8日、9月23日号(この号で通巻1300号を達成するはずだった)が、発売予定前日の8日、一部記事に不備があり発売を中止することにしたと公式サイトで発表した[17][18]
  • 誤報および不祥事の定義に当てはまるかは判断が分かれるが(どちらかといえば飛ばし記事に近い)、批判が殺到した一例として、2020年4月14日号にて「宮迫博之、1kg700円の「セレブ米」こっそり買い溜め」と題した記事[19] がある。記事内容としては「宮迫氏が米8キロ相当を買い占めした」とし、居合わせた客によるコメントとして「お米屋さんで、高級寿司店でも利用される1kg700円ほどの高級米を、8kg以上も買っていました(原文)」であると紹介し、「闇米ならぬセレブ米の買い溜めはさすがに笑えないよ(原文)」と編集者がコメントして記事はまとめられている。
だが、2020年4月1日、宮迫氏のユーチューブチャンネルにてユーチューバーヒカルとともにこれを見た宮迫側は反論。自身が購入した品種は魚沼コシヒカリ[注 8] などの高級米に分類されるものではなく、一般的な品種とされるあきたこまち[注 9] を購入したと明言し、購入量も家族構成から考えれば不自然ではないと主張。その過程で週刊FALSH編集部へ電話し、記事の事実確認と編集部の見解などの質問を行った。その動画内におけるFLASH編集部の見解にて白い字幕(テロップ)で表示された主なコメントは以下の通りである。
「家族3人で米8Kgは買い占めに当たる」「宮迫氏を中傷する意図はまったくない」「お国のためにFLASH誌を発行しているわけではない」
ただ、両者平行線をたどり、宮迫側は編集部の見解を確認したうえで「記事内容に問題があったとして謝罪してほしい」と主張したが、動画内でのFLASH側は「記事に問題ない」の一点張りであり、編集部による謝罪はなく、議論は平行線のまま通話を終えた。そのため、動画のまとめとして「このような記事を書いている雑誌を信用しないでほしい」とし今回の週刊誌の言動を批判するコメントで終わっている。
動画公開後、SNS上ではFLASHの記事および言動に批判が殺到した[20][21]。8キロという量は同氏の家族構成から考えると一般的な購入量であり、量を考えれば金額も不自然ではないとSNS上でも指摘された。また、買い占めについても、不要不急の外出を控える状況なため、結果的に購入量が増えることも考慮すべきと擁護されたり、1kg700円という紹介も何を基準にして算出したかは不明なことから、高級米と分類するには無理があると批判された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「3F」、「3FET」の読み方は、英語読みの他、「さんえふ」、「さんふぇっと」など、諸説ある[要出典]
  2. ^ 定型記事の場合、タイトル側のデジタル時計の上にも写写丸のマークが入っている。写写丸のポーズは100種類以上あり、記事の内容によって使い分けられる。
  3. ^ 第10回の川崎あやは所属事務所の先輩にあたる。
  4. ^ ファイナリスト10名と、セミファイナリスト20名の中の敗者復活枠としての2名を合わせた計12名。
  5. ^ 1998年10月19日生まれ。当時19歳。
  6. ^ 1991年12月8日生。
  7. ^ 1988年1月10日生。
  8. ^ 魚沼コシヒカリの仮渡金価格は、新潟県産の一般コシヒカリに比べて1俵(60 kg)あたり5000 - 6000円程度高い値が付くことが多い。
  9. ^ 一般的に見れば、作付面積では常時上位を維持し、流通量が多いため、魚沼コシヒカリなどの特別なブランドと比べれば安価なことが多い。一応、あきたこまちでも一商品としての金額の差異や購入量が多いがゆえの高額化なども考えられるが、それは別の問題なため、ここでは省略する。

出典[編集]

  1. ^ “写真週刊誌「FLASH」イメチェンで脚光のワケ”. ZAKZAK (産業経済新聞社). (2006年3月31日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_03/g2006033115.html 2013年9月5日閲覧。 
  2. ^ FLASH 恋人クン”. バンダイナムコエンターテインメント. 2014年2月5日閲覧。
  3. ^ 「フラッシュEX」休刊決定! 写真週刊誌一掃の前触れか!?”. excite.ニュース. 日刊サイゾー (2008年9月29日). 2013年9月5日閲覧。 “全2頁構成。当該記事の提供元『日刊サイゾー』本体に於ける掲載分は 全1頁完結
  4. ^ 「写写丸世代なつかしのボクらの『ロボダッチ』大全153」、『FLASH EXCITING』、2007年9月10日増刊号 / 「写写丸世代必見! 憧れのヒロイン23人に会ってきた!」、2010年8月17日・24日合併号 / 「写写丸世代34〜47歳に聞いた、仕事、住い、家族…被災者108人『俺の本音』PART1」、2011年5月17日号 など。
  5. ^ 「写写丸探検隊 地球の裏側 ガラパゴスに行ってみた!」、『FLASH』1134号、2011年 など。
  6. ^ ミスFLASH2016発表会WWSチャンネル、2016年1月14日
  7. ^ ミスFLASH2017グランプリに、月城まゆ・吉澤玲菜・池田ゆり 白水着でお披露目会(総数75枚掲載)WWSチャンネル、2017年1月21日
  8. ^ 『ミスFLASH2018』グランプリ保崎麗はオスカー所属の19歳<写真20枚>WWSチャンネル、2018年1月19日
  9. ^ “元NMB山岸らミスFLASH「さや姉ライバルに」”. 日刊スポーツ. (2019年1月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901070000793.html 2019年1月7日閲覧。 
  10. ^ “ミスFLASH2021グランプリ・益田アンナ、霧島聖子、名取くるみ 審査員特別賞・高槻実穂” (プレスリリース), 株式会社マシェバラ, (2021年1月18日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000401.000020395.html 2021年1月19日閲覧。 
  11. ^ “歌って踊るグラドルユニット・G☆Girls、解散ライブで涙”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年9月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2119580/full/ 2019年1月9日閲覧。 
  12. ^ “ミスFLASHに個性派美女3人…利きワインに一発芸も”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年2月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/06/kiji/K20120206002582500.html 2012年2月6日閲覧。 
  13. ^ “元「あいのり」ミスFLASHに「葉加瀬」へ改名したのは…”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年2月6日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/2hy6g 2021年2月13日閲覧。 
  14. ^ “女優の階戸瑠李さん死去「半沢直樹」にも出演”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2020年8月31日). https://www.sankei.com/life/news/200831/lif2008310030-n1.html 2021年1月20日閲覧。 
  15. ^ テレビ“真夏の暗闘”日テレ24時間テレビvs.フジ27時間テレビCM料金、タレントのギャラ…マル秘原価をスクープ入手!!”. FLASH. 光文社. 2013年7月30日閲覧。
  16. ^ “日テレ、『24時間テレビ』メイン司会・嵐のギャラ支払い報道否定”. ORICON NEWS (オリコン). https://www.oricon.co.jp/news/2027649/full/ 2013年8月16日閲覧。 
  17. ^ “「FLASH」最新号、発売中止”. ANN NEWS (テレビ朝日). http://www.tv-asahi.co.jp/smt/f/geinou_tokuho/hot/?id=hot_20140908_220 2014年9月8日閲覧。 
  18. ^ “写真誌「FLASH」が突然発売中止はなぜ? 米女優の流出ヌード掲載のためか、それとも・・”. J-CASTニュース (J-CAST). https://www.j-cast.com/2014/09/09215449.html?p=all 2014年9月9日閲覧。 
  19. ^ 宮迫博之、1kg700円の「セレブ米」こっそり買い溜め smart-flash.jp 2020年3月31日電子版掲載
  20. ^ 「家飯食べないか家計に興味ない人だな?」 宮迫博之さんを中傷する『FLASH』記事に批判集まる getnews.jp 2020年3月31日電子版掲載
  21. ^ 宮迫さん“盗撮”騒動:FLASHという「いじめ雑誌」は必要か? agora-web.jp 2020年4月3日電子版掲載

関連項目[編集]