FMとよみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社FMとよみ
愛称 FMとよみ
コールサイン JOZZ0BG-FM
周波数/送信出力 83.2 MHz/20 W
本社・所在地
〒901-0241
沖縄県豊見城市沖縄県豊見城市字豊見城439-1
アメニティNAGAMINE 101
開局日 2008年3月2日
演奏所 本社と同じ
送信所 沖縄県豊見城市字平良585-2
中継局 なし
放送区域 豊見城市糸満市南城市南風原町八重瀬町那覇市(一部)
公式サイト FMとよみ 公式サイト (日本語)

株式会社FMとよみ(エフエムとよみ)は、沖縄県豊見城市を拠点に放送しているコミュニティ放送局である。沖縄県内で9番目のコミュニティ放送局として、2008年3月2日に開局した。開局日が8.3.2と周波数になっている。

開局当初は10Wで申請し免許証を受領するが、市内においても低地や高層ビルに影響され聞きづらいとの問合せが多く2009年に約半年かけて総務省に再申請し20Wの免許を取得。

沖縄のコミュニティ放送局には類をみない「機動性」を重視し、ラジオカー1台、その他テレビ放送中継車両(8ナンバー)を有しかなり幅広く番組で活用している。2010年には通信条件の悪い中、慶良間諸島座間味島から中継車を使用しての「ラフウォータースイミング大会」の生放送に成功している。パーソナリテーは約120名。FMとよみスタッフには2名の防災士。2名の第2級陸上無線技術士(内1名は社長が60才時にて取得)。

スタジオはA.Bの二部屋を有し台風や地震、その他の災害時には中継車両と直接、送信所を接続することで非常時の体制を整えている。

また、2008年開局当初より沖縄アウトレットモールあしびなーサテライトスタジオから毎週土曜日放送。2011年6月からは新たにサテライトスタジオ(豊見城市 豊見城団地前大通り)より民謡番組を担当者を変え2時間生放送。さらに、2019年5月から沖縄初となる豊見城市役所サテライトスタジオ「Tomigusuku CityHall Studio」を設けて午前8時台から3時間生放送を行っている。サテライトスタジオは4か所。 インターネットでの聴取が可能となる(リッスンラジオ)。

ユニークな取り組みとして、少年野球やハーリー大会、トライアスロンなど、生放送することができる(解説者つき)。SimulRadioがあるので、全国に試合を届けることができる。

主な番組[編集]

平日[編集]

  • 07:00 - 8:00 Vivaとよみパラダイス!生放送(FMとよみ本局から)
  • 08:00 - 10:00Vivaとよみパラダイス!(FMとよみ 豊見城市庁舎サテライトスタジオから生放送)
  • 11:00 - 12:00 FECやいびんど〜(豊崎道の駅オープンスタジオより生放送)
  • 12:00 - 14:00 島唄タイム(日替わり民用番組)(団地前さくらんぼスタジオより生放送)
  • 14:00 - 15:00 「みみかじ」毎週水曜日(生放送)
  • 15:00 - 16:00 「日本を支えた昭和の歌 ~お昼の昭和ラジオ~」(生放送)
  • 17:00 - 19:00 瀬長島ウミカジテラスサテライトスタジオから「夕焼けシャンシャン」(生放送)
  • 19:00 - 22:00 市民パーソナリティによる生放送(各60分)(本スタジオ)

土曜[編集]

  • 9:00 - 10:00 ゆんたくさびらモーニングタイム
  • 11:00 - 13:00 Viva!!あしびばパラダイス!!  沖縄アウトレットモールあしびなースタジオから生放送
  • 13:00 - 14:00 ミュージック ミートゥ ザ ワールド(DJ Matukawa)

日曜[編集]

  • 17:00 - 18:00 朗読へのいざない
  • 21:00 - 22:00 ちえのMusic a GoGo

関連項目[編集]