FMフェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

FMフェスティバルは、Japan FM Network(JFN)の加盟全局で毎年同時ネットワークで実施される特別番組のイベントである。

概要[編集]

1972年5月5日から6月4日にかけてTOKYO FM@FMFM OH!FM FUKUOKAといったJFNの先発局4局により開催。以後、JFNの加盟局が毎年テーマを決め、パーソナリティーやアーティストと賛同するイベント番組。

毎年あるテーマに沿って歌手やリスナーから寄せられたメッセージを紹介したり、また歌手の楽曲を放送するものである。FMフェスティバルでは毎年、1つの企業とJFN各局が手を組んでいる。キャッチコピーは毎年1回のラジオの祭典である。

2005年から2009年までは11月3日15:00 - 18:00(日本標準時)の放送だったが、2010年度は2011年2月11日に移された。2011年は例年通り11月3日15:00 - 18:00に戻された。2018年は編成上の都合により11月3日ではなく、11月23日に放送されている。時間も15:00 - 18:00ではなく、16:00 - 19:00に放送される。

2010年度以降は毎回「未来授業」[1]をテーマにした特別講義主体の構成となっているため、「RADIO AWARD」としての大会ではなくなっている。 その理由については明らかになっていない。


脚注[編集]

  1. ^ TOKYOFMでは月曜から木曜の19:52-20:00まで放送中。一時期週末に1週間分の講義ダイジェストをまとめて放送していた時期あり。2018年10月現在は「クロノスWIZ」内にて先週分の講義を再放送している。