FM西東京 (海賊放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FM西東京(エフエムにしとうきょう)は、1978年から1979年にかけて日本東京都八王子市から発信されていた主にポピュラー音楽を流す超短波(VHF)帯・周波数変調(FM)方式の海賊ラジオ放送である。無免許で高出力送信していたため、不法無線局として当局に摘発、閉鎖された。

概説[編集]

郵便局に私書箱を開設して葉書を受け付けていた

開設経緯[編集]

この「放送」は八王子市在住の大学生、KとFの2人が1978年(昭和53年)9月頃より同市中野上町アパート(鉄骨3階建ての賃貸アパート)で出力1W程度の無線機にて開始したものであった。KとFは1977年(昭和52年)に都内の大学に通いはじめた学生で、部屋が隣同士でともに音楽が趣味であったことから親しくなり、レコードを貸し借りするようになった。

レコードの持ち運びが手間となり、卒論で先輩が製作した無線機をKが持ち込んで、2人の部屋の間で「放送」を行うようになった。この「放送」は同じアパートに住む30人の学生や近隣の住人にも聞かれ、リクエストのはがきが届くなど、思わぬ反響を生んだ[1]

さらに増力[編集]

熱が入った2人は1978年(昭和53年)11月中旬、東京・秋葉原で部品を買い集めて[2]出力20Wの送信機を製作、「FM西東京」「JONT-FM」を自称し、週平均3回、午後11時から午前2時までの本格的な定期的「放送」を開始し、KがDJを、Fが楽曲が録音されたカセットテープレコードなどの音源を再生するミキサーを担当[3]キャンディーズビートルズABBAなどの曲を流していた[4]八王子郵便局には八王子放送研究会の名義で私書箱を開設し、リクエストを受け付けた[1]

この年の末頃から「放送」の存在は多摩地区、神奈川県西北部の中、高校生の間に広がっていった。摘発によって活動が終了する1979年(昭和54年)2月までの間に私書箱に届いた葉書は600通ほどで、バレンタインデーにはチョコレートまでもが送られてきたという。多摩地区はもとより、新宿、渋谷、神奈川県相模原市などからも投稿があった[1]

摘発[編集]

結局、この海賊放送局は関東電波監理局(現:関東総合通信局)や警察の知るところとなり摘発されて終了し、2人は4月10日に書類送検された[3]。書類送検の事実は大きく報道され、その後も日本における海賊放送の代表例としてしばしば言及されている[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「音楽から時事解説まで 海賊放送ひそかな流行 リクエスト六百通 やめられなくなっちゃった」『読売新聞』昭和54年(1979年)4月19日付夕刊2-3面。
  2. ^ 「ディスクジョッキー気どって 大学生二人が〝海賊放送〟 深夜のいたずら五ヵ月 八王子で送検」『毎日新聞』1979年(昭和54年)4月11日付。
  3. ^ a b 「こちらFM西東京???? 海賊放送、ヤングに大受け 深夜リクエスト殺到 2学生摘発」『朝日新聞』1979年4月11日付東京朝刊23面。
  4. ^ 「人気の『FM西東京』閉店です DJ大学生二人ご用」『東京新聞』昭和54年(1979年)4月11日付15面。
  5. ^ 言及例
    • 武井一巳 「すでに国家の規制が始まりつつある!?」『Hi!! こちらミニFM局』 廣済堂出版、1983年、48頁。
    • 粉川哲夫 「マス・メディアとミニ・メディアのあいだで」『日本にデモクラシーを――市民運動のための処方箋』 W・デビッド・クビアック、京都国際市民アクセスセンター(KOSAC)、1993年、127-128頁。ISBN 4-87699-096-4。

関連項目[編集]