FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

FNS27時間テレビ!!
みんな笑顔のひょうきん夢列島!!
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
放送時間 2008年7月26日19:00 - 翌日27日21:54(26時間54分)
放送期間 放送時間と同じ(FNSの日第22回)
放送国 Flag of Japan.svg 日本
制作局 フジテレビ / フジネットワーク27社
製作総指揮 豊田皓港浩一
演出 総合演出
三宅恵介
演出
渡辺琢
プロデューサー (総合プロデューサー)
加茂裕治、亀高美智子[1]
(本部プロデューサー)
片岡飛鳥小須田和彦清水宏泰神原孝宮道治朗石井浩二
出演者 総合司会
明石家さんま
進行
高島彩(フジテレビアナウンサー)
中野美奈子(同上)
音声 ステレオ放送
字幕 サザエさん』放送時のみ実施
(『サザエさん』以外は字幕なし)
データ放送 番組連動データ放送
オープニング 明石家さんまfeat.ひょうきんストリートBAND with 高島彩、中野美奈子「世界の国からナンデスカ '08」
ウィリアム・テル序曲(演奏者不詳)
エンディング BEGIN笑顔のまんま
ウィリアム・テル序曲
外部リンク フジテレビ

特記事項:
2007年に引き続き、クロスネット局テレビ大分は放送されなかった。番組名由来及びベース番組は『オレたちひょうきん族』。

FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』(エフエヌエスにじゅうななじかんテレビ みんなえがおのひょうきんゆめれっとう)は、2008年7月26日土曜日)19:00 - 7月27日日曜日)21:54にフジテレビフジネットワーク系列で27時間(正確には26時間54分)に亘って生放送された特別番組で、通算22回目の『FNSの日』となったバラエティ番組ハイビジョン制作

目次

番組概要

今回の番組テーマは「笑顔」。基本的にはBIG3の出演等、FNSの日の原点にかえった内容で、タイトルにも初期のFNSの日で用いられた「夢列島」を加えている。

明石家さんまの総合司会とビートたけしの12年ぶりの出演は、「オレたちひょうきん族」のディレクター、三宅恵介が定年退職前の記念にもう一度ひょうきん族をやりたいとさんま・たけしに出演をオファーしたのがきっかけである[2]

メインスタジオのV4スタジオからは、通し企画『FNS27時間テレビ向上委員会』が放送された[3]

  • 2008年7月25日21:55 - 23:22(JST)に事前番組「FNS27時間テレビもうはじまってるぞ!!前夜祭生放送スペシャル!!」は『FNS27時間テレビ向上委員会』のスタイルの生放送討論会(さんまは生電話で参加)が行われた。
  • V4スタジオは、向上委員会で委員が座る長方形テーブルが中央にあり、テーブルのそばに各コーナー[4] のセットと衣装部屋・化粧室があった。
  • 27日は「オレたちひょうきん族」の人気コーナー「ひょうきん懺悔室」が復活。番組中にネタがスベった芸人[5]や生放送中にミスを犯したスタッフらが懺悔したが、すべて×となり水を浴びた。

この記事は、下記のページに内容を分割しています。このテーマに関する情報については、それぞれのページをご参照ください。

1コーナーのみの出演者や、詳細は各コーナーの記事参照。

主要出演者

総合司会

進行

ゲスト

各番組出演

複数コーナーに出演

新人アナウンサー

向上委員会会員

向上委員会のコーナーでは素顔ではなく、各界の著名人やタレントなどに扮して参加していた。[6]宮迫の親友と山崎弘也は海人Tシャツを着用していた。2008年12月19日放送の金曜プレステージ「さんまの笑顔映像グランプリ」で一部メンバーが再集結した。

7月26日のみ

7月27日のみ

番組内容

一・二 (イチニー) 事件

  • ネタ見せスナック若手芸人の集まる店」でペナルティワッキーは、ネタがスベった時、「1、2。1、2。」と行進して他の出演者に近づき、「ツッコんで!」と頭を差し叩かれるというネタを披露した。しかし何度か繰り返すうちに、ツッコんだ出演者[24]がスベった空気に包まれてしまうことが判明。挙げ句に自分のネタもスベったワッキーが、険しい表情で再び「1、2。1、2。」と行進すると、向上委員全員が悲鳴をあげながら逃げそのままCMに入った[25]。出演者はこの出来事を「一・二事件(イチニー事件)」と名付けた。
  • 翌朝9時頃の「27時間テレビ向上委員会」で、「30人の芸人をスベらせたワッキーは酷い」というFAXが視聴者から届いたため、ワッキーが懺悔室送りとなり、水を被った。このすぐ後もワッキーは「1、2。1、2。」と行進し始め、向上委員全員が逃げ惑う事態をまたも引き起こした。
  • さらに夜7時頃の「さんま裏のめちゃイケ」でも、ワッキーが「1、2。1、2。」と行進すると、やはりその場にいた出演者の多くが逃走。返す刀でワッキーは、本来このコーナーに出る予定がなかったという今田耕司の楽屋に突然乱入。今田はワッキーの「ツッコんで!」にその場は付き合ったものの、これで逆に引っ込みの付かなくなった今田は、ワッキーと共に「ツッコんで!」と矢部浩之に突っ込まれに行ったが、矢部は冷静に2人に突っ込み返した。さらにワッキーは、さんまの顔の被り物をした「笑いの神様」と呼んでいた人物(後述)にも、「1、2。1、2。」「ツッコんで!」と絡んでいったが、「笑いの神様」はワッキーを軽くあしらってしまった。そして、CM明けにカメラが捉えたのは、後悔と自信喪失の念にかられた今田が、体育座りをしながら「(芸人としての)23年間を返してください…」とつぶやいて落胆する姿だった。
  • これらの結果から、出演者のなかからは「ワッキーは凄い『法則』を発見したな」という声も漏れ、また、夜8時台に放送したコーナー「めちゃイケが選んだ記憶に残る名場面BEST5」[26]では、さんまがランキング1位発表の前に「(1位は)『一・二(ワンツー)事件』やろ?」と口走ったほどであった。
  • 番組から数ヶ月経った後の「アメトーーク!」でも、3度もまた同じ事件が起き(「ベッキー凄いぞ芸人」企画などで披露)、さらにその年の「明石家サンタ」でも「一・二事件」が話題に出た。

FNS企画

一瞬で笑顔になれる 爆笑!!列島カーペット

爆笑レッドカーペット』の一般参加者版で、日本全国各地の一芸を持った素人や面白動物(通称:スマイリーさん)が登場。各地の一般人の中には、セミプロも含まれる。紹介ナレーターは立木文彦

  1. 司会・進行は、さんま、今田耕司、中村仁美、高橋克実
  2. 「カムバック列島カーペット」の司会・進行は、さんま、今田、高島彩、中野美奈子[27]が務めた。
  • 爆笑レッドカーペット同様に中継先の一芸終了後に、列島カーペット会員(パネラー席に座る)がボタンを押し、笑ランプの合計により「満点大笑顔」(10席×3笑=30笑)、「大笑顔」(19笑〜29笑)、「中笑顔」(8笑〜18笑)、「小笑顔」(8笑未満=7笑以下)参加賞の「さんちゃんスマイリーバッジ」の大きさが決まる[28]
  • グランドフィナーレで、「列島カーペットで素人(動物)がネタを見せる前に(地方局の)女子アナがボケ過ぎだ」[29]とクレームがきたので、列島カーペットのコーナー司会の今田が「ひょうきん懺悔室」行きとなった。
  • 列島カーペット賞は関西テレビの面白人間『生タマネギを丸ごと早食いする少年』[30]が獲得。第二部で満点大笑顔を出したものの、高橋克実(第1部と第2部のみのコーナー司会)指名の水川あさみ北川景子の発表では選ばれず、さんまが気づき推薦枠で拾われた。

日本全国名人大発見!!

スポーツ関連

さんまが「工場長」を務めていた『すぽると!』がタイムテーブルから外れた。タイムテーブルから外れたのは前身の『プロ野球ニュース』時代を含め初めて。ただし、「さんま・中居の今夜も眠れない」の中で平井理央本田朋子が番組特製Tシャツを着てスポーツニュースを読んだ(この際に右上に「FUJI NETWORK SPORT」のロゴマークが出ており、スポーツニュースのVTRフォーマットが『すぽると!』仕様だった)。オープニングでは『すぽると!』がビッグパネルで紹介されている。スポーツニュースは全て「スポーツ見てたら眠れない」というタイトルで構成された。

競馬中継「函館記念」(JpnIII) - 函館競馬場からのレースは「BSフジ競馬中継」にも送り出し。『爆笑!!列島カーペット』2部内(鹿児島テレビ放送中継後、テレビ宮崎中継前)で挿入。解説は井崎脩五郎、実況は北海道文化放送吉田雅英

イベントでもコラボ

  • 2008年7月27日にはフジテレビ周辺で行われる夏のイベント『お台場冒険王ファイナル』会場から生中継。
    1. 7月27日未明、通し企画中継「日本全国名人大発見」で、ビートたけし演じる花火師「火薬田ドン」が、冒険王会場某所の路上から花火を打ち上げに登場。
    2. 笑顔体操を7F屋上庭園「めざましストリート」からヤンカバ(ごくせんの山口久美子に扮したジャージ姿のKABAちゃん)の指導で、冒険王スタジアム客席スペースにいる「ネタ見せスナック 若手芸人が集まる店」の全出演者やFNS27時間テレビ向上委員会メンバーと、各地の中継(左右二画面の右画面[34])を交えつつ行なった[35]
    3. 笑顔体操後のFNNニュースにつづき、7F屋上庭園「めざましカフェ」(お台場冒険王期間外は、TVコネクションカフェ)で、「朝のティータイム」と称し、高島彩と中野美奈子が笑顔体操参加者の大移動をガラス越しに見つつ、FAX紹介。FAX紹介後に、めざましカフェ店員役の生野陽子[36]が「パインパイン」差し入れした。
    4. 「一瞬で笑顔になれる 爆笑!列島カーペット」2部終了後のエクストラステージ[37]を中継。「宮川家の女たち」[38]がパフォーマンスを、漫才コンビ「あやちゃんみなちゃん」が漫才を、それぞれ披露。
    5. 「さんまのお台場マラソン」マラソンコース通路が、「お台場冒険王ファイナル」一部会場を横断(見学コース)[39]
  • 通し企画中継「日本全国名人大発見」で、新潟県佐渡市宿根木から「白川丸まつり」で開催された五穀豊穣祈願伝統芸能舞踊「ちとちんとん」に、ビートたけしが「名人」として、馬頭琴を持つビニール製の女性裸体人形を背負う農民に扮装し乱入[40](中継協力:新潟総合テレビ)。
この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

裏番組の対応

明石家さんま

  • 26日は『クイズ!ヘキサゴンIIスペシャル』の放送途中で、さんま司会の『恋のから騒ぎ』(日本テレビ)が始まったため、22:59.00で笑福亭鶴瓶大竹しのぶ(さんまの元妻)のトークコーナーに切り替わった。23:00.00までの1分間は、セットにあるテレビに『クイズ!ヘキサゴンIIスペシャル』が映し出されていた(から騒ぎ終了後(23:28.00)は、同番組の「さんま 愛の説教部屋」で着用した衣装のままのさんまも登場した[41])。この時は紳助が「時間が無いねんから早よせえ」などと急かしている所もあった。尚、裏番組である「恋のから騒ぎ」内でも(事前収録ではあるが)、オープニングにおいてさんま本人の口から「ヘキサゴンスペシャルいかがでしたか?」との言及があり、また、説教部屋直後の出演者募集告知の陰でさんま本人が「フジテレビに行かなきゃ!」という声を発しているなど、局間での演出のリンクが見られる。
  • 27日19:00 - 20:00も『さんまのSUPERからくりTV』(TBS)が放送されたため、さんまの出番はなかった(からくりTVのオープニングでさんまは「この裏で27時間テレビに出てるんですよ」と話していた)。その間はめちゃイケメンバー(裏番組の『大胆MAP』(テレビ朝日)に出ていた濱口優を除く)とネプチューン、若手芸人達が、『めちゃイケ』の1コーナー「やべっち寿司」を生で担当した。この間はさんまの顔の被り物をした人物が代わりを務めていた。開始当初から本人か代役が入っているのかわからない演出が随所にちりばめられていたが、19時53分56秒頃、岡村が発した時間「53分です」を「58分です」[42]だと聞き間違えたさんまが思わず被り物を取ってしまい、カメラに一瞬素顔が映ってしまう場面があった(スローで一瞬だけ確認出来る)。からくりTV終了後、いよいよマスクを取り素顔を明かす・・・と思いきや、脇からさんま本人が登場するという演出があった。

爆笑問題

27日11:53、笑っていいとも!増刊号生SPエンディングの「いいとも選手権」のみ乱入参加(『サンデージャポン』(TBS)に生出演していたため)。出演時間は27時間テレビになってから最短の約10分間だった。

ネプチューン原田泰造

27日20:00-20:45の間、NHK総合テレビ大河ドラマ篤姫』に出演しているが、こちらの「やべっち寿司」にも参加していた。泰造はほとんど映らず、また「篤姫」も大奥の場面中心だったので、泰造の出番はほとんどなかった。

ガレッジセール

27日20:00 - 20:54の間、『どうぶつ奇想天外!』(TBS)に出演したため、終了後20:54頃の「爆笑カムバック列島カーペット」の途中から参加。

「誰かヤツを止めなさい!」が16年ぶりに復活

  • めちゃイケのコーナー中、過去の27時間テレビを振り返るコーナー『めちゃイケが選んだ記憶に残る名場面BEST5』のなかで、「第1位」として、1991年1992年の放送でたけしがさんまの愛車(レンジローバー)を乗っ取り傷だらけにした事件が、『さんま無念の車庫入れ伝説』として紹介された(その際、暴走するたけしを止めるべく、さんまが発したセリフが「誰かヤツを止めなさい!」)。因みにたけしによるさんまの愛車破壊は、実際には1994年にも行われており、同年が最も悲惨な壊され方(ゴルフボールをタモリやたけしにぶつけられたうえ、車のキーを折られた)をしている。
  • その直後のタレントクロークでのトーク中に、たけし演じる鬼瓦権造による「名人中継」が差し込まれ、たけしが2段に積まれたさんまの車(メルセデス・ベンツ Gクラス)と岡村隆史の車(アルファロメオ・147)にペンキで落書き(鬼瓦曰く“ペイントアート”)する様子が飛び込んだ。
  • 驚いたさんまが頭を抱えつつも「誰かヤツを止めなさい!」と叫ぶと、往年のセリフの復活に拍手喝采を浴びた。
  • たけしの元へ駆けつけたさんまら出演者とペンキのかけ合いになり[43]、さらに悪乗りしたたけしは(上に岡村の車が積まれているにも関わらず)さんまの車に乗り込み何度も発進・後退を繰り返した。そして、たけしは車を発進させたが車の前にいた今田めがけて発進させ、軽く接触させた[44]
  • 結局騒ぎに巻き込まれた出演者たちは全員ペンキまみれになり、さんま・岡村・今田・宮迫はそのままの姿で次のコーナーにも出演した[45]
  • スタジオの端にはコンクリートブロックでつくられた車庫が用意されていたが、たけしはエンジンを止め、車のキーを車外へ放り出した為、使用されなかった[46]
  • 岡村はフジテレビに車を置いて帰ったが、さんまは当日その車を運転して自宅へ帰った[47][48]

フジテレビ新人アナ披露

グランドフィナーレ

  • 毎年恒例の新人アナによる提供読み上げの後、「さんま・中居の今夜は眠れない」での約束どおりBEGINが現れ、この番組のために即興で書き下ろした曲、『笑顔のまんま[50]を熱唱した。
  • その直後、たけしがタケちゃんマンとして自前の穀類膨張機を持参して登場し、出演者にポン菓子を振る舞った[51]
  • 最後には、さんまがたけしを懺悔室に引きずり出し(BGMウィリアム・テル序曲)、二人一緒に懺悔室で大量の水や粉をかけられた。収拾のつかない状況にスタジオから「どういうこと?」の声が沸き起こるなか、さんまは、番組中に度々使用した村上ショージのネタ……キッコーマンの卓上醤油瓶を持って、「『しょーゆー』(そーゆー)『こと!』」[52]のひと言を、満面の笑みでカメラに語りかけ、番組を締めた。

主要スタッフ

主要スタッフは、オレたちひょうきん族#スタッフの放送作家、お台場明石城#スタッフあっぱれ!!さんま新教授#スタッフが中心。

備考

  • CM前後のサウンドステッカー(以下の楽曲のサビ部分の1フレーズの最後の部分にリバーブをかけたものを使用)
    1. 事前番組、番組開始から午後11時にかけて、7月27日午後7時からグランドフィナーレまで(プライムタイム)は岡本真夜の『Smile』。
    2. 7月26日午後11時から7月27日午前6時までは大塚愛の『SMILY』。
    3. 7月27日未明から朝6時にかけての「ネタみせスナック若手芸人の集まる店」は槇みちる若いってすばらしい」。
    4. 午前6時から生さんタクまでの間はDREAMS COME TRUEの『eyes to me』。
    5. さんタクからサザエさんまでの間はTUBEの『Smile 〜For Tomorrow's Friends〜』。
  • 提供CGは、さんまの往年のキャラクター数種またはマラソン姿のコンピュータ・グラフィックスのうち、いずれか1種が画面下から登場、提供クレジットの右または左側に移動しアクションする度に提供クレジットが替わり、表示終了後に再び画面中央下へ消えるものだった。なおコンピュータ・グラフィックスのさんまの登場キャラクターは、主にその時間前後に登場するはずのキャラクター。
  • 番組全体の平均視聴率は関東地区で13.8%、関西地区で17.0%だった。時間別最高視聴率は26日土曜23:00から24:30(さんま・鶴瓶・しのぶのトークコーナーから「今夜は眠れない」途中)までの19.6%で歴代10位。瞬間最高視聴率は、「クイズ!ヘキサゴンII今夜は生クイズパレード」でジミー大西が戸惑っている場面、7月26日22:56の26.7%だった[53]
  • 翌週、2008年8月3日の「あっぱれ!!さんま新教授」の枠で、この番組のダイジェスト版(CM中や裏側を含む)が放送された。

関連番組

脚注

  1. ^ a b あっぱれ!!さんま新教授プロデュース、SMAP×SMAP元ディレクター
  2. ^ しかし、三宅恵介が定年延長で更に2年フジテレビに残ることが明らかになった(たけしのエンディング中の発言)。
  3. ^ 視聴者の意見をFAXで公募。視聴者参加型番組として、視聴者の意見を参考に進める目的で、コーナーの合間ごとに挿む形で放送。
  4. ^ 列島カーペット、ソファーセット(鶴瓶のさんまの穴を埋めるのコーナー用)、ネタ見せスナック若手芸人の集まる店、懺悔室
  5. ^ 世界のナベアツ髭男爵・ひぐち君、狩野英孝クールポコ、アンタッチャブル・山崎弘也ガレッジセール・ゴリ、ペナルティワッキー島崎俊郎アダモステ) ほか
  6. ^ 列島カーペット第1部終了直後の5回目のみ参加の本人役で参加した東国原英夫宮崎県知事)を除く。
  7. ^ ラサール石井は両津勘吉に扮したまま、クイズ!ヘキサゴンII今夜は生クイズパレードスペシャルに参加。
  8. ^ プロデューサーあ・うん 日やけのジョー
  9. ^ 特定の競泳選手がモデルではない。
  10. ^ “中島美嘉が熱唱!メンバー森三中は欠席”. スポーツニッポン. (2008-07-28). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/07/28/02.html 
  11. ^ その後スタジオへ向かう道中、フジテレビの豊田皓社長からナンデスカマン名義の入構証を受け取るシーンがあった。
  12. ^ コーナー趣旨に囚われずハイテンションでボケまくるさんまに、進行役のキングコング西野が狼狽する場面があった。
  13. ^ ジミー大西村上ショージ間寛平浅田美代子中村玉緒
  14. ^ ラサール石井渡辺正行ほんこんアンガールズ波田陽区Pabo木下優樹菜スザンヌ里田まい)、羞恥心つるの剛士上地雄輔野久保直樹
  15. ^ この時村上ショージが小道具としてキッコーマンの卓上醤油瓶(特選丸大豆しょうゆ)[1]を自ら持ち込んで披露した「『しょーゆー』(そーゆー)『事!』」というギャグが受け、後に色々なコーナーで使用される。
  16. ^ 久々にジミー大西がテレビに登場。さんまと一緒にギャグを披露したり、ボケまくるジミーに島田紳助は終始呆れていた。そして制限時間(さんまが出演する裏番組の始まる23:00まで)までにジミーが「行列早抜け!リレークイズ」に正解することが出来ず、時間切れでコーナー打ち切りとなってしまっている。
  17. ^ 「いいとも」へのさんまの出演は、1997年12月11日のテレフォンショッキング以来11年ぶり。
  18. ^ 片岡鶴太郎はマイ爺さん(ひょうきん族のコントキャラ)、山田邦子欧陽菲菲大平サブロー浜村淳島崎俊郎アダモちゃんにそれぞれ扮していた。
  19. ^ ネプチューンにしおかすみこ山本高広
  20. ^ “初心に戻り 全部お笑い”. 読売新聞. (2008-7-14). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20080714et06.htm 
  21. ^ 他にBEGIN谷村奈南綾瀬はるか(ビデオ出演)がゲスト出演した。終盤にFUJIWARA藤本敏史も急遽出演している。なお電話出演は穂花聖心女子大学大学院生。さんまは「明石家さんちゃんねる」(TBS)の企画で作った「THAT WAS THAT」と書かれたTシャツを着用。「あの時は あの時や!」という意味のフレーズで、エンディング曲「笑顔のまんま」の歌詞にも使われた。
  22. ^ 27時間テレビ未ネットのテレビ大分には裏送りされ(予告後のジャンケンには登場していない)、他のFNS局よりも2分17秒先行放送となった(字幕放送はない)。これはテレビ大分が通常の18:30放送開始であるのに対して、FNS局では18:32:17から「サザエさん」が始まったことによる。
  23. ^ 生放送翌日2008年7月28日の「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」番組冒頭でもその様子が「舞台裏」としてCM中を含み再放送された(きくちPの音楽収録日記2008年7月27日、HEY!SAKIGAKE!JET!blog2008年7月28日)。
  24. ^ アップダウンの1人、エド・はるみ、ラーメンマンに扮したタカアンドトシのトシなど複数名。
  25. ^ そのCM明けにいきなり映し出されたのは、落胆して店のカウンターに突っ伏してしまったワッキーのアップだった。相方のヒデや、FUJIWARAはワッキーを慰めたが、ショックが癒えないワッキーは「さんまさん、せんません」と噛んでいた。
  26. ^ 「名場面BEST5」と銘打ってはいるが、紹介されたのは過去を通じての「無念の名場面」。5位~3位は2004年の「めちゃオキ」の際に起きた事件、2位はめちゃイケのカメラ班が引き起こした鶴瓶の失態を紹介。第1位は、この項を参照。
  27. ^ コーナーのもうひとつのネタ元・「一攫千金!日本ルー列島」の進行役でもある。
  28. ^ 「さんちゃんスマイリーバッジ」は、FNS27時間テレビ向上委員会へのチクリFAX採用者ももらうことができた。
  29. ^ 今田らはグランドオープニングFNSリレーでのNBS平松奈々、水川あさみは列島カーペット第二部でのBBT三都井美衣、TNC新垣泉子が気になった。
  30. ^ 最新コモードNEWS コモード56商店街 - 全国たまねぎ早食い選手権実行委員会認定「第3回たまねぎ王決定戦」(2007年8月17日、兵庫県洲本市本町コモード56商店街)優勝者。
  31. ^ 奇しくも「七変化」となったが、たけしによると、実際は12キャラクター用意していたという(「さんま・中居の今夜は眠れない」で、たけしは「あと9キャラあるんだけど…」と自白。たけしは「今夜は眠れない」までの時点で3キャラに扮した)。
  32. ^ a b c d この時、沖縄・北海道の名人は、目標に向かう途中でタイミングよく海や土の中に体ごと突っ込んだり、東京の名人(花火師)は花火の暴発で酷い目にあうなど、既視感のある光景を繰り広げた(さらに名人は、本題に入る前に「○○についての注意事項」を述べるなど、これまた昔を彷彿とさせる光景を展開した)。この点について後日たけしは「あれやってウケるためには、(地位を得て)偉くなんないといけないわけ。若手が池落ちても面白くないわけだから。(偉くなった人間がこんな事やっちゃって、というからこそウケるのであって、あれと同じ事をやって)いちばん面白いのは総理大臣だからね」などと語っている(スポーツ報知 (2009-03-03)[2]。それ以前には、東京スポーツ紙上でも同様の発言をしている)。また、2008年7月31日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)のなかでは、ナインティナインから「あの中継のカット割りは、たけしさんが仕切っていたらしい」という旨の発言があった。
  33. ^ 岩手めんこいテレビ代表・牛としゃべれる外国人に、今田耕司が「ダメですよ!牛田モウさん出る前に、そんな事しちゃ!!」と指摘し、出現前にバラされていた。
  34. ^ uhbmitTHKNSTBBTKTVKSSTNCTKUOTV
  35. ^ 笑顔体操に入る前に、見本VTRとして、「体操の時間。」前々日(2008年7月25日)放送分・お台場冒険王ファイナル会場での高島彩と中野美奈子のバージョンが再放送された(笑顔体操については明石家さんまも参照)。
  36. ^ 冠番組「ショーパン」生放送(7月21日深夜)にて三宅恵介に逆オファーした。
  37. ^ 本家爆笑レッドカーペットに出演希望者用公開予選として開催。27日16:20ごろ、冒険スタジアムから。中野美奈子が中継を担当。
  38. ^ BABA(宮川花子)、MAMA(宮川紗弓)、KODOMO(宮川たま子)
  39. ^ お台場冒険王ファイナルイメージキャラクター・アイドリング!!!のメンバーが、途中の給水所で給水係を担当。
  40. ^ 27日14:20過ぎ乱入。次の中継14:33ごろは上空からのカメラアングルで、「白川丸まつり」の船「白川丸」船頭で、先程背負っていた女性裸体人形を抱き締めタイタニックごっこ(BGMセリーヌ・ディオンマイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」)。この間「名人」は一切トークを行わなかった。さんまによれば、今回より10数年前の当番組で「ちとちんとん」が中継されたことがあり、たけしはそれをちょうど見ていて「俺も出てみたい」と参加を熱望、今回その夢が叶ったのだという。
  41. ^ スタッフロールに、“衣装協力・日本テレビ「恋のから騒ぎ」”と表示された。
  42. ^ 19:58は、『からくりTV』のCM中。19:53はからくりTVはVTR中。
  43. ^ 鬼瓦に扮した岡村はもちろん、今田、宮迫博之、堀内健、小島よしおも参戦。
  44. ^ もちろんこれは気心の知っている者同士の命賭けのギャグであるが、後にネット上では批判も散見(27時間TVの企画に抗議殺到「モンペア予備軍」の声も)、BPOにも抗議・苦情が寄せられていた(2008年7月に視聴者から寄せられた意見)。因みに番組内で今田は「こんなに死を感じた仕事はなかった」と冗談交じりに語っている。一方たけしは後日この件について「あのへん、バランス難しいの。だってさ、今田が誘ってるわけ。『来てもいいから』って。 だいたい、目で誘うから」などと語っている(『ほぼ日刊イトイ新聞』での糸井重里との対談「たけし、コノヤロー」より)
  45. ^ この時さんまは主に赤いペンキをかけられ、今田は主に青いペンキをかけられている。いずれもその後、放送時間内に極力ペンキを落としたと思われるが、さすがに跡はしっかり残っていた(実際に今田は、次のコーナーで懺悔室に入ることとなったが、×となったため降りかかってきた水で、ペンキを落としていた)。グランドフィナーレに登場したタケちゃんマン(たけし)は、そんなさんまに対して「さんまちゃん、(番組がもうすぐ最後だからって)眼がウルウルきちゃって、真っ赤になっちゃって…」と突っ込んだが、さんまはキョトンとした表情で「これは、アンタが付けた絵の具や」と返している。
  46. ^ 本来は、伝説の車庫入れ事件を“復活”させる予定で、「車庫」は壁に隠されていた。
  47. ^ 2008年7月31日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で岡村隆史が語った、ネプチューンの堀内健から聞いた証言による。
  48. ^ 前述の脚注やBPOの「第94回放送と青少年に関する委員会」(『FNS27時間テレビ』の「車のペンキ塗り」のコーナー)の件と照らし合わせると、ベンツはさんまの私物であり、もう1台のアルファロメオは岡村所有の車と同じモデルを番組側が用意したものであることが分かった。
  49. ^ 榎並は、2007年の中村光宏に続き、男性アナとしては2年連続史上6人目、そして18年ぶり2回目の2年連続男性アナによる、アンカーマン担当という形になった。
  50. ^ この曲は、2009年1月5日から放送している缶コーヒージョージア』(さんま出演)のCMソングとしても使われている。
  51. ^ たけしは大勢の出演者の前で「このポン菓子機は俺が自腹で購入したんだ。38万円もしたんだぞ!」と叫んでいた。
  52. ^ このギャグはもともと村上ショージの持ちネタで、「クイズ!ヘキサゴンIIスペシャル」のなかで村上本人が使ったのが、番組内での初出だったが、それ以降、さんまが番組終了まで度々使用した。通し企画ではないが、タモリ木村拓哉ウエンツ瑛士なども、さんまの卓上醤油瓶を手にしてこのギャグを使用した。27時間の放送中に、このギャグは23回使用された。なお、27時間テレビが終わった後も、さんまが出演する各局バラエティ番組ではこのギャグをやることが多い。岡村隆史やウエンツ瑛士などの一部芸能人も色々な番組でこのギャグをやることが多く、次長課長河本準一などはさんまとの共演の際、このギャグが来るのを予想して卓上醤油瓶を懐にしのばせている。
  53. ^ “今年も熱い!27時間テレビが13.8%”. サンケイスポーツ. (2008-07-29). http://www.sanspo.com/geino/news/080729/gnj0807290433008-n1.htm 
  • フジテレビ
    トップページ→ご意見→番組に意見→FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!
    トップページ上部のプルダウンメニューからFNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!
フジテレビ系列 FNSの日
前番組 番組名 次番組
FNS27時間テレビ!!
みんな笑顔のひょうきん夢列島!!

今日は何の日(4月22日

もっと見る

「FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」のQ&A