FRIDAY TO SUNDAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FRIDAY TO SUNDAY
角松敏生シングル
初出アルバム『WEEKEND FLY TO THE SUN
B面 I'LL CALL YOU
リリース
規格 EP
ジャンル ロック
ポップス
時間
レーベル RCA ⁄ RVC
EP:RHS-535
作詞・作曲 角松敏生
角松敏生 シングル 年表
YOKOHAMA Twilight Time
1981年
FRIDAY TO SUNDAY
(1982年)
スカイ・ハイ (TAKE YOU TO THE SKY HIGH)
1983年
WEEKEND FLY TO THE SUN 収録曲
  1. OFFICE LADY
  2. RUSH HOUR
  3. BRUNCH
  4. SPACE SCRAPER
  5. FRIDAY TO SUNDAY~PRELUDE
  6. CRESCENT AVENTURE
  7. I'LL NEVER LET YOU GO
  8. 4 A.M.
テンプレートを表示

FRIDAY TO SUNDAY」(フライデー・トゥ・サンデー)は、1982年4月21日に発売された角松敏生通算2作目のシングル

解説[編集]

本作は、アルバム『WEEKEND FLY TO THE SUN[注 1]からのリカット・シングル。「FRIDAY TO SUNDAY」はアルバムで次曲「PRELUDE」と続けて収録されているが、シングル収録に際しエディットされている[注 2]。「I'LL CALL YOU」はアルバム未収録曲で、11年後の1993年に発売されたベスト・アルバム『1981-1987[注 3]に、オリジナル・トラックから女性コーラス、ホーンセクション、間奏部の語りのみを残して他のすべてが打ち込みに差し替えられたリテイク・ヴァージョンで収録された。セカンド・アルバム『WEEKEND FLY TO THE SUN』[注 1]ロサンゼルスでの著名ミュージシャンによるレコーディングだったが、TOM TOM 84による隙間を大切にした古いソウルのアレンジは角松自身、当時から好みではなかった[1]。「I'LL CALL YOU」の歌詞は1982年当時のファッション雑誌コスモポリタン』の記事にあった“男からのまた電話するよというセリフは、さよならという意味”といったタイトルだったと思うが、そこからヒントを得て作ったものだったと思うという[1]

ジャケット裏面には両曲の歌詞のほか、アルバム『WEEKEND FLY TO THE SUN』[注 1]の発売告知が記載されている。

収録曲[編集]

Side 1[編集]

  1. FRIDAY TO SUNDAY (4:41)
    角松敏生 作詞・作曲 / TOM TOM 84 編曲

Side 2[編集]

  1. I'LL CALL YOU (4:37)
    角松敏生 作詞・作曲 / TOM TOM 84 編曲

クレジット[編集]

  • 担当ディレクター:岡村右

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c WEEKEND FLY TO THE SUN1982年4月21日発売 RCA ⁄ RVC LP:RHL-8802, CT:RHT-8802
  2. ^ 「FRIDAY TO SUNDAY」は当初日本航空のキャンペーンに使われる予定だったが、同年2月に起きた日航羽田沖墜落事故の影響で取りやめとなった。
  3. ^ 1981-19871993年10月21日発売 OM ⁄ BMG VICTOR 2CD:BVCR-1903/4

出典[編集]

  1. ^ a b (1993年) 角松敏生『1981-1987』のアルバム・ノーツ [Booklet]. OM ⁄ BMG VICTOR (BVCR-1903/4).